« パスタ3種 | トップページ | 鰯の辛煮 »

2007年7月12日 (木)

京懐石を楽しんで

曇り空ですが朝から京都へお食事に出かけました。幸いにも帰るまで雨に降られませんでした。

土曜日から祇園祭ですのでお床の軸も祇園祭の鉾でした。京都ならでわの風情です。

先付けも鉾の器で蓋の部分を取るとずいき、鱧、ジュンサイ、穂しそのジュレ掛け

椀物・・・牡丹鱧、賀茂茄子、ずいき

お造り・・・車海老、鯛、いか

八寸・・・枝豆、ごぼう味噌漬け、穴子八幡巻き、鯛のちまき寿司、鯵棒寿司、甘酢生姜、野菜と車海老炊き合わせ、ほうずきの中にほうれん草と新蓮根の白和え

鮎の笹焼き

2匹目は炭焼で出てきます。

冷やし鉢・・・たたきオクラの上に黄色パプリカのすり流し、ウニです。下の葉は名前は忘れましたが昔は七夕のおりに短冊として願い事を墨で書いたそうです。毛ばだっていて墨で書けるらしいです。葉の切り込みが独特で面白い形です。

鯖?大根のみぞれ掛け、みょうが

土鍋で炊いた、とうもろこし、ニガウリ、みょうがの炊き込みご飯、もずくの赤だし、水茄子、きゅうり、沢庵

水菓子・・・巨峰、すいか、桃

黒豆の水ようかん

お抹茶

冷酒を頂きました。美味しかったです。

←祇園祭りを見た経験の有る方、テレビで観ただけの方もポチリとどうぞお願いいたします。

|

« パスタ3種 | トップページ | 鰯の辛煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パスタ3種 | トップページ | 鰯の辛煮 »