« 京懐石を楽しんで | トップページ | 夏野菜の揚げ浸し »

2007年7月12日 (木)

鰯の辛煮

昨日は家人が会食で私は久しぶりに夕食の用意をしなくて良かったのでのんびりと過ごしました。彼は私が起きていて意識のある12時30分迄には帰ってきませんでした。朝起きてみるとリビングですやすやとお休みでした。ダイニングテーブルにはお土産の明石焼きが置いてありました。朝3個チンしていただきました。彼に「何処へいっていたの?」と聞くと「たこ焼き屋」とつまらない返事が返ってきました。

出掛けるときにお見送りに玄関まで行きもう一度「何処へいっていたの?」と聞いたら又「たこ焼き屋」と言いました、笑ってしまいます。

お昼に懐石を頂いた私ですが家人に夕食を作りました、前日から用意した物も有ります。

鰯の辛煮、ほうれん草の胡麻和え、めかぶ、枝豆、茄子の煮物

焼き鳥・・・阿波雄鶏、白ネギ

鰯の辛煮

<材料>

鰯      10匹

実山椒佃煮 鰯の1/20位

梅干し

酒       300cc

薄口醤油   小匙2

濃い口醤油  大匙2弱

<作り方>

①鰯は頭と腹ワタを取りしっぽを落として2~3つに切ります

②鍋に鰯を並べ上に実山椒をふり熱湯を掛けて蓋をして湯を捨てます

③梅干しを1~2個入れて鰯がかぶる程度の酒、醤油を加えて強火で沸騰させ、後弱火で汁気が無くなる迄炊きます。

一時鰯が捕れなくて困っているなんて言われていましたが最近は良く捕れているようです。小魚は体に良いので取るようにしましょう。

←鰯を調理したことがない方、鰯好きの方、鰯を食べたことが無い方皆様ポチリと御願いいたします。

|

« 京懐石を楽しんで | トップページ | 夏野菜の揚げ浸し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京懐石を楽しんで | トップページ | 夏野菜の揚げ浸し »