« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

合鴨ロース

今夜は鶏肉にしようと思い買い物に行ったところ合鴨が有ったので合鴨ロースにしました。

Dsc06184_edited

少し火が入りすぎました、私はもっとレアが好きなのです。

茶豆

Dsc06180_edited

青瓜とみょうがの胡麻酢和え

Dsc06178_edited

しつこく又もゴーヤチャンプル

Dsc06189_edited

今夜は炒めすぎたのかゴーヤが柔らかく失敗だと思っていたら家人は「これならいくらでも食べられる!」とお気に入りでした、あら?好みが違うのね。

茄子とピーマンの味噌煮

Dsc06175_edited

見た目は悪いですがご飯に良く合うのです。

合鴨ロースの作り方

<材料>

合鴨ロース  1枚、

白ネギ     適宜

<作り方>

①合鴨は余分な油や筋を取りきれいにし、皮に1センチ幅で切り込みを入れる

②熱したフライパンに皮を下にしてこんがりきつね色になるまで余分な油を捨てながら焼く

③最後に身の方をさっとあぶる程度に焼く

④別の鍋に酒1/2カップ、みりん大匙1,砂糖大匙1,濃い口醤油大匙21/2を入れて沸騰させる

⑤合鴨の皮を下にして④に入れ落としぶたをして途中かえしながら5~6分弱火で煮て取り出しホイルを掛けて落ち着かせる

⑥白ネギは白髪ネギにして水に取り少しもみ洗いをする

⑦⑤が冷めたら薄切りにする、煮汁を煮詰め片栗の水溶でとろみを付ける

三宮にマックカフェが出来たと新聞に載っていたので今日英語の帰りに見に行っってみました。

今までマックが有った場所に併設で、ゆっくり出来そうも無いくらい混でたので止めました。ドリンクの種類が沢山有りましたがスタバよりは少ないようです。

←夏休みも終わりですね、町には子供が沢山います。学校が始まるのが待ち遠しいママ達はポチリとお願いいたします。朝の出勤時、電車が混む様になるからイヤだなと思う方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (6)

博多なんこつ天

Dsc06157_edited

Dsc06167_edited

鶏1羽から1個のなんこつしか取れないものを魚のすり身と混ぜて揚げて有ります。

真空パックになっているのを湯せんしてキャベツを添えていただきます。コリコリとした歯触りとすり身の甘さがビールにぴったりです。

豊島蒲鉾 福岡市博多区吉塚3-5-42

 TEL092(622)1611

←ビールのおつまみに鶏の唐揚げ等揚げ物がお好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月30日 (木)

蓮根の梅肉和え

新蓮根と茶豆を梅肉で和えました。おまけにきんぴらも作りました。

Dsc06145_edited

アスパラガスのおしたし

Dsc06169_edited

平目とカンパチのお造り、平目はスダチを搾りわさびと松の葉こんぶを巻いて頂きます。

Dsc06151_edited

鶏なんこつ天、お土産に頂きました。私は大好きです!

Dsc06157_edited

肉じゃが

Dsc06164_edited

無農薬の自家菜園で採れた男爵いもを頂いたので肉じゃがにしました、おいも系が余り得意ではない私でも美味しい!と思いました。やはり新鮮な物は美味しいのですね。こんな贅沢を体験できて嬉しいです。

今日はワイドショーなんか見だしたら止まらなくなり何時間もロスしてしまいした。まるでミーハーおばあさんの1日でした。

←朝青龍の行方やさくらパパのスキャンダル、小池栄子の婚約、政治家姫の不倫騒動などを見てしまった方、何の事?と思う方もポチリとお願い致します。

| | コメント (0)

セロリの冷製スープの作り方

Dsc06138_edited

蒸し暑い日の夕食によく冷えた器に入った冷製スープが出させたら嬉しく疲れも吹っ飛びませんか?時間が有れば大切な家族のために、愛する人の為に作ってみて下さい。

<材料>

玉葱     薄切り  1/2個

セロリ    薄切り  1本

じゃがいも 薄切り  1個

バター

チキンコンソメ( 水500cc+チキンブイヨン2個)

牛乳

生クリーム

塩、胡椒

<作り方>

①鍋にバターを入れて溶かし玉葱を入れて中火で炒めてセロリ、じゃがいもを加えて色が付かないように炒めるます。

②全てにバターがからまったらチキンコンソメを加えて煮くずれるまで炊きます。

③ミキサーに移して撹拌して濾します。

④ボールに移して氷水で冷やし牛乳で伸ばしていきます、味をみて足らなければ塩、胡椒をします、時間が有れば器と共に冷蔵庫で充分に冷やします。

器に注いで生クリームをたらします。セロリの小さい葉を飾ればおしゃれになりますね。

←今日は凄い雷が鳴っていました、近くで雨が降ったり、雷が鳴った方はポチリをお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

鶏ひき肉のズッキーニ巻き

お友達がズッキーニとズッキーニを使った料理のレシピを下さいました、FAXで送られてきた雑誌の切り抜き写真は印刷が黒くなって見えないので、どの様な御料理でどの様な盛り付けがされているのか分からないまま想像で作ってみました。

Dsc06122_edited

出来上がりを見るとズッキーニは何重にも巻いた方がお味的にもビジュアル的にも良かったみたいです。鶏ミンチを使ったサラダ仕立てなので優しいお味の前菜で夏向きです。

ズッキーニと言えばオイルで焼く以外調理方を知りませんでしたが蒸すと言う方法を学びました。残りのズッキーニははマリネにしたので明日の朝食に出します。

セロリの冷たいスープ、昨夜のうちに作っておきました。

Dsc06138_edited

茄子とベーコンのトマトソースパスタ

Dsc06136_edited

お昼にお友達6人と京都で懐石料理をしっかりと頂いてきたので、今夜私はワイン1/2本と食事を少しだけお相伴しました。

皆既月食を見損ないましたが今夜の我が家から見えたお月様です。

Dsc06129

←昨夜皆既月食を見ようと夜空を見上げた方、忘れていて今日気づいた方もポチリと御願いいたします。次回は3年後だそうですよ。

| | コメント (2)

茄子と三度豆の胡麻和え

Dsc06090

ご質問が有りました茄子と三度豆の胡麻和えの作り方をUPします。

<材料>

茄子    1人1個

三度豆   適宜

胡麻

醤油

砂糖

<作り方>

①茄子は両端を落として縦半分に切って切り口を下にして蒸します、お箸で挟んで柔らかくなっていれば出来上がりです(直ぐ蒸せます)冷ましておきます

②半分の茄子を縦、横4つに切ります、大きな茄子ならもう少し小さく切って下さい

③三度豆は塩湯がきして冷水に取り長さを半分に切ります

④煎りごまをすり鉢に入れて良くすり醤油、と砂糖を入れて又擂ります、茄子と三度豆を加えて和えます

水分が出るので頂く直前に和えて出すようにします。

1人1個の茄子が軽く頂けてしまいます、夏には必ず我が家の食卓に登場します。

私が子供の頃は実家ではお砂糖の量が多くしてあったように記憶しています、中学時代これをおかずにご飯のお代わりを何度もして家族が驚いていたのを覚えています。子供にも好まれる料理だと言えますね。

←作ってみようと思って下さったらポチリをお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月28日 (火)

お寿司を断り・・・

夕方家人から「夕飯はお寿司屋さんへ行こうか?」と嬉しい誘いが有ったのにその時は蛸を切っていました、残念ながら食事の用意が進んでいたので涙をのんでお断りしました。

その蛸酢です、みょうが、新生姜、胡麻を入れました。

Dsc06081_edited

茄子と三度豆の胡麻和え

Dsc06087_edited

筑前煮

Dsc06077_edited

小松菜とお揚げさんの炊いたん

Dsc06084_edited

またもや私の好きなゴーヤチャンプル

Dsc06094_edited

先日炊いた新生姜の有馬煮を食べてしまったので今日又炊きました、ジャムの瓶に入れて保存しますがまたすぐに食べてしまいそうです。

Dsc06085_edited

今回は1度だけ湯がいてみましたがぴりぴり感が強いですね、やはり2度湯がいた方が良さそうです。

今夜も野菜中心の献立でした、お寿司屋さんへ行くと殆どお野菜が出てこないので今夜は残念でしたが健康のためには我が家ご飯が良かったと納得しておきましょう。

←努めてお野菜を取ろうとなさってる方はポチリを、今日は不足気味だと言う方もポチリをお願いいたします。

| | コメント (4)

2007年8月27日 (月)

イカのトマト風味煮込み

今日は又暑かったです、お買い物に行ったらどっと疲れました。でもお友達に教えていただいたお店でとても新鮮な剣先いかを安く買うことが出来たので今夜は頑張ってご馳走を作りました。

塩焼き豚(扇矢精肉店製)とサラダ、ベビーリーフ、ルッコラ、そば菜。そばのスプラウトはアンチエイジングには良いそうです。

Dsc06069_edited

イカのトマト風味煮込み

Dsc06071

新鮮なイカで作るとプリッとしていてとても美味しくできました。

コーンサラダ

Dsc06065_edited

イカのトマト風味煮込み

<材料>

イカ          3杯

玉葱みじん切り   1個

ニンニクみじん切り 2片

トマト水煮       400g

オリーブオイル

トマトピュレー    200cc

白ワイン       300cc~400cc

塩、胡椒、ローリエ1枚

アイヨリソース

   マヨネーズ   200cc

   ニンニクみじん切り 2片

   パセリみじん切り   大匙1

<作り方>

①イカは足を外して皮を剥き輪切りにします、足は使いません

②オイルで玉葱とニンニクを炒めトマト水煮は濾して種を取ってから加えピュレー、ローリエも入れます

③沸騰したらイカを入れて軽く火が通ったらイカを引き上げてソースを煮詰めます

④塩、胡椒で味を調えてイカを戻しアイヨリソースを加えたら直ぐに火を止めます

付け合わせはバターライスです。

バターライスはお米を洗ってザルに取り水気を切っておきます、鍋にバターを入れて溶けたらお米を炒めます。

お米の1割り増しの熱湯を加えて蓋をして炊きあげます。チキンブイヨンキューブを少し入れるとおいしくなります。

難しそうですが少ない材料でとても簡単に一見ご馳走な御料理が出来上がります。パーティーのメニューにも最適です。

←今日もお立ち寄り下さいまして有り難うございます、暑い毎日ですが秋が待ち遠しい方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

穴子の天ぷら

新物の鳴門金時をお土産で頂いたので淡路の穴子を買い求めて天ぷらにしました。その他は新蓮根、ピーマン、みょうが、茄子、エリンギ、ズッキーニ。スダチと塩、天つゆを用意しました、旬のスダチが良い香りです。

Dsc06059_edited

水菜、赤キャベツのスプラウト、カリカリおじゃこ、自家製温泉卵にシークワーサー醤油を掛けます。

Dsc06054_edited

岩もずく

Dsc06061_edited

穴子の下処理の仕方

①まな板に穴子の身を下、皮を上にして並べます。

②熱湯を用意してまな板を流しに持ってきて頭の方を上にしてまな板を斜めにもちます。

③頭から熱湯を掛け白く色が変わったら、まな板を戻して包丁の背で穴子の頭から皮目をこそげてぬめりを取ります。

④水気を拭き取り好みに切ります。

⑤小麦粉を付けてから天ぷら衣を付けて油で揚げます。

今日も関西は暑い1日でした、私久しぶりに携帯を新しくしたのでマニュアルを読むのに時間を費やしております。色んな機能が付いていて全てマスターすることは不可能だと気づきました。あ~疲れました!

←新しい携帯が出たらつい買い換えたくなる方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

レストラン「UZU」

お気に入りの「扇矢精肉店」へ買い物に行ったときコック服に黒いエプロンを身につけたすらりとした美人が入ってこられました。店主からご夫妻でレストランをしていらっしゃると紹介していただきました。その夜丁度近くで会食だったので帰りにお店を覗いたら奥様が出てきてくださいました。予約をして帰りそして今夜期待に胸躍らせて行ってきました。

Dsc06010_edited

Dsc06012

Dsc06028

ご夫妻だけでなさっている12席のお店ですがメニューが豊富です、悩んだ末初めてのお店なので私は5000円、家人は7000円のコースにしました。

先ずスパークリングワインで乾杯

私の1品目、鯵と水茄子のサラダ

Dsc06021_edited

家人の1品目は鯛とサザエのタルタル

Dsc06020_edited

魚介類が新鮮です、鯛の身が透き通っていました。

自家製パン

Dsc06022_edited

お勧めの白ワイン、奥様がソムリエの資格をお持ちです。お話を伺っているとかなり繊細な味覚の持ち主だと感心いたしました。

Dsc06024_edited

家人の2品目、手打ち麺、鮎のペースト、きゅうり、自家製ドライトマト

Dsc06025

鮎のペーストが良いお味です。

私の2品目、手打ち平麺のたことオクラのジェノベーゼソース

Dsc06030

家人の3品目、生ウニのリソット

Dsc06034_edited

赤ワインに替えて、これもお勧めの物です。

Dsc06031_edited

まんべんなく良いお味になるようにグラスをワインで洗ってから注いでいました。

Dsc06037

私の3品目、まながつおと貝柱のアクアパッツア

Dsc06038_edited

自家製ドライトマトが良いお味を出していました。

私のメインは皮付き豚のロースト

Dsc06040_edited

熊本産の豚の皮がパリパリで油も美味しかったです。

家人のメインは乳飲み仔羊のロースト

Dsc06043_edited

2年待ってオーストラリアから入ってきたという仔羊です。

家人のデザート

Dsc06044

私のデザート

Dsc06047

Dsc06048_edited

全て残さず頂いたので満足いたしました、是非又来たいので「私は減塩しているので次回は少しだけ塩分を控えて下さい」とひと言 注文を付けさせていただきました。

頂いてみたい御料理が沢山有ったので次回が楽しみです。

←今夜もお越し下さいまして有り難うございました、ついでにポチリをして下されば嬉しいです。

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

10種の野菜と豚冷しゃぶサラダ

本当はしゃぶしゃぶ鍋をしたかったのですが、お昼に英語のレッスンに出掛けて夕方帰るとき西陽がとても暑く感じました。やはり冷しゃぶサラダにしました。

Dsc06003_edited

デパ地下に入っているRF1に30品目の野菜サラダというのがあります、1度買って数えようとしたところ途中で疲れて止めましたが本当に沢山の種類の野菜とナッツが入っていました。それを真似て作りましたが水菜、貝割れ、レタス、セロリ、玉葱、みょうが、大葉、きゅうり、パプリカ、人参の10品目にしかなりませんでした。胡麻ドレッシングとポン酢を合わせて掛けました。

松茸とアスパラガスの炒め物、オリーブオイルとニンニクで炒めています。香りの無い松茸はこの様な調理法が良いように思います。

Dsc06005_edited

新蓮根、絹厚揚げ、ごぼう、オクラの炊き合わせ。各々別々に炊いています、少しばかり時間が掛かります。

Dsc05996_edited

釜揚げちりめんと大根おろしスダチと出し醤油又はシークワーサー醤油でいただきます。

Dsc05999_edited

釜揚げちりめんとはふわっとしていて「雪のよう」という宣伝文句が良くありますが硬い物とは全く違います。日持ちがしないので食べきらないといけないところが難点です。

ご飯に合うので我が家では良く朝食に出ます。

←明日から2連チャンでお休みの方、我が家と同じように明日は仕事の方皆様週末のポチリをお願いいたします。

| | コメント (2)

鯛の向付け

向付け(むこうずけ)とは懐石料理の時に用いる言葉です。調べてみると・・・

膳(折敷)の向こう側につけるので、向付といい、略して、お向うなどともいう。主として、造り身を用いるが、野菜や、なます仕立ての酢の物も用いることもある。と有りました。

Dsc05987

折敷きの手前左にご飯右にお椀を置きます。

<作り方>

①鯛は3枚におろして皮を挽いて身を3~4センチ長さに切ります。

②厚みを均等に切って細作りにします。(薄造りにする場合も有ります)。

③バットに薄く塩を振りその上に切り身を並べて上からも薄塩をして30分冷蔵庫に入れます。

④取りだしたら混ぜて器に盛ります。わさび、紅たで、岩茸、等を添えます、今回はみょうがです。

⑤酢7:薄口醤油3に好みで味醂を少々混ぜて大匙1程横から掛けます、食べ終わったときに器に酢が残らない程度が良しとされています。

柑橘系の絞り汁を加えても美味しくできます。

頂くときは全て混ぜてから頂きます。

これだけでご馳走感が出ます、お酒にも大変良く合います。

←美味しそう!と鯛が好きな方、又はいえいえ青魚が好き!又はマグロに限ると言う方は皆様ポチリと御願い致します。

| | コメント (0)

鯛茶漬け

家人の朝食は鯛茶漬けと我が家のぬか漬けです。

Dsc05991_edited

Dsc05992_edited

鯛を薄切りにして醤油、酒、味醂の中に入れてすり胡麻を掛けて10分程漬けます。

炊きたてご飯に鯛を並べて漬け汁を掛けわさびを添えます。

もみ海苔とお茶を掛けてサラサラとどうぞ。

←食欲が沸いた方はポチリとお願い致します。

アラ!お茶碗が欠けていた事が判明!

| | コメント (4)

2007年8月23日 (木)

松茸とほうれん草のおしたし

今朝用事で2駅先まで出掛け帰りに大きな商店街に寄りました。朝と言うこともあり飲食店の方々が仕入れに来ていました、全体的にお安いようで私も刺激されて沢山仕入れてきました。

松茸とほうれん草のおしたし

Dsc05981_edited

天然明石鯛の向こう付け

Dsc05986_edited

向こう付けとはなんぞや?と思われている方が多いと思います明日詳しくUPいたしますのでお待ち下さい。

新蓮根の白和え、一見ご飯を盛っているように見えます?が美味しい1品です。

Dsc05974

初物の秋刀魚を塩焼きで、身がプックリとしてとても美味しく頂きました。

Dsc05985_edited

友人作の秋刀魚用のお皿です、薄くて繊細ででとても気に入っています。

松茸ご飯

Dsc05988_edited

松茸とほうれん草のおしたしの作り方

☆ 松茸の軸を拍子木切りかマッチ棒状に切ります

☆ 鰹と昆布出しに吸い物出しより濃い味にして松茸を炊き、ひやします

☆ ほうれん草は塩湯がきして水に取り3センチに切って水気を絞り松茸とあえます

☆ 出す前にスダチを搾って掛けます

これには日本酒ですね。

今日電車で見た広告です。

Dsc05966_edited

高血圧気味の私は密かに口角を上げました、これを写真に納めている私の姿も可笑しいですね。

←秋が近づくと秋刀魚が恋しくなる方はポチリとどうぞ、松茸が恋しくなる方もポチリをどうぞ宜しくお願いいたします。

| | コメント (8)

2007年8月22日 (水)

ミラノ風ピッツァ

今夜はイタリアンが食べたくて午前中にレストランに予約の電話をしたら満席で×でした、このお店は今日で2回断られています、それならばとピッッア窯がある「Civett」に予約をして友人夫妻と4人で行ってきました。

先ずはプレミアムモルツで乾杯

Dsc05923

前菜・・・日向牧場のモッツァレラチーズと生ハム

Dsc05924

トロサーモンのカルパッチオ、スダチ

Dsc05927

鴨のスモークのサラダ

Dsc05929

ナポリ風ピッツァのマルゲリータ

Dsc05931

4種類のチーズのピッツァ

Dsc05933

天使の海老と貝柱のアリオオリオ

Dsc05935

生ハムと野菜の冷製パスタ

Dsc05938

仔牛の煮込み

Dsc05940

まだ入りそうなのでパスタジェノベーゼを注文しました。

Dsc05942

飲み物は生ビールの後白ワイン、その後赤ワインをデキャンタで4本飲みました。

私はまだ食べられると言ったのですが全員に止められました。

帰りは雷と豪雨にあい雨宿りをしました、友人が車でお迎えに来て下さいましたが既に雨は止んで居ました。上手く濡れずにすみました。

午前中に渋谷では41度を記録したそうです、とても尋常ではないですね。

←今日雨が降った地方のかたは涼しくなることを期待してポチリとお願い致します。一雨来れば良いのにと期待している方もポチリをお願い致します。

これは稲妻の明かりです。

Dsc05949

| | コメント (6)

2007年8月21日 (火)

ビーフカツレツ

久しぶりの我が家でのカツです、焼き肉用の牛肉を頂いたので家人が好物のカツにしました。他のどんな料理より先にお箸を付けることは決まりです。

Dsc05916_edited

火の通り具合が絶妙です!(自画自賛ですみません)

息子宅がお取り寄せした、だだ茶豆を湯がいてから頂きました、手が掛からず嬉しいです。実がプックリとして香りが良く美味しいです。

Dsc05906_edited

息子宅から来たと言ったら私の予想に反して家人は豆から手を付けました(あれ?ハズレました)。

焼き茄子入りお野菜のゼリー寄せ、本当はテリーヌを作ろうとしたのですが暑くて固まらず失敗に終わりました。仕方なくゼリー寄せとしました。

Dsc05905_edited

スタッフドトマト

Dsc05911_edited

じゃがいも、人参、アボガト、セロリ、玉葱、ドレッシング、マヨネーズを混ぜて詰めました。

Dsc05912_edited

我が家の糠漬け・・・キャベツ、きゅうり、水茄子

Dsc05922

家人の帰りが遅くなったのときゅうりが細かったので少し漬かりすぎています。

←ビフカツにソースと来ればどうしてもご飯が欲しくなります、同感のかたはポチリをお願い致します。勿論ビールも合うと言う方もどうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (2)

2007年8月20日 (月)

あこうの薄造り

今日のお魚屋さんのお薦めは「あこう」でした、他の地方では何て呼ぶのでしょうか?

身は薄造りにしてポン酢とわさび醤油でアラはお味噌汁にしました。皮の湯引きもあります、プリッとしてコラーゲンがありそうです。

Dsc05898_edited

わかめ、エノキ、三つ葉を入れました。

Dsc05902_edited_2

ゴーヤともやしのナムル

Dsc05882

茄子と甘長唐辛子の炊き合わせ、みょうがを天盛りにしています。

Dsc05886_edited

目板カレイの煮付け、新生姜

Dsc05900

2匹煮たのですが2人で1匹でも持て余しました、大きな目板カレイでした。

トンチリチン・・・我が家特製、トマトとちりめんじゃこにウスターソースを掛けます。シンプルなこの料理にはトマトの善し悪しで美味しさが倍増します。ご飯のおかずには全くならない1品ですが冷やしトマトに飽きたらやってみて下さい。

Dsc05893

きゅうりの箸休め

Dsc05891_edited

短い旅から帰ってきても沢山の洗濯や片付けで結構忙しい主婦です。今日は腰や肩が痛くなっていたので早朝から片付けをして8時半にマッサージに行ってきました。1番乗りだったので若き男性2人が4ハンズで全身をマッサージして下さいました。筋肉が張っているので時間が有れば通って下さいと言われました。ハイ、明日も伺います!

←お盆休みで遊び疲れた方、熱くて自宅に引きこもりながらもだるい方もポチリと御願い致します。

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

サフランライスとカレー

Dsc05876_edited

買い物をして帰ると6時になっていました、先日作っておいたカレーが役立ちました。

サフランライスを炊いて牛肉やお野菜を焼いてのせます、キーマカレーを掛けて頂きます。お野菜は茄子、ズッキーニ、パプリカ、ピーマン、エリンギ。

Dsc05873

サザエのエスカルゴ風

Dsc05869_edited

エスカルゴバターをもっと入れたら良かったです、コクに欠けました。

サラダ

Dsc05872_edited

帰る途中雷と夕立が激しかったです、私達が帰った後で道は通行止めになっていたようです、いっきに気温は下がって良かったです。

←明日から気温が少し下がるようです。熱い週末でバテ気味の方、暑さに負けず元気一杯の方皆様ポチリをお願いいたします。

| | コメント (4)

お素麺の朝食

海での朝食はお素麺、ヨーグルト、鯖の塩焼き、卵焼きです。

Dsc05864_edited

ズームで撮った海にいる家人です。

Dsc05867

上がってきたところでノンアルコールビールと地元の○○お母さんが作ったというお総菜です。

Dsc05866_edited

雑誌を読んでると風が気持ちよくてウトウトしてしまいます。起きては食べ、食べてはウトウトです。12時に海を後にしました。

3時に神鍋高原を出発して帰路に着きました。

←今年の夏にお素麺を召し上がった方はポチリとお願いいたします、関東では冷や麦を召し上がった方もポチリをお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

道の駅マロニエで夕食

神鍋高原では車で移動する以外は徒歩しかありません、お酒を飲む私達が外食をしようと思えば歩かねばならないのです。今夜行くお店を決めたら先ず車で距離を測りました、1.5km位なので歩くことにしました。

Dsc05849

先週に比べると稲の穂が少し黄色みを帯びていました。都会と違い田舎では皆さん車を使われるので歩いているのは私達のみです。

道の駅で全て手作りが売りのレストランです。先ず生ビール、結局2人で5杯飲みました。

Dsc05851

海老ときのこのクリーム、醤油味と書いてある特製スパゲッティーというのを頼んでみました、初めてのお味で意外と美味しく完食です。

Dsc05853_edited

お野菜が食べたくてサラダですが、沢山の種類のお野菜とエンダイブも入っています。

Dsc05854_edited

但馬地鶏のから揚げ、この量で700円ですって。どの御料理もお安くて悪くないお味です。

Dsc05857_edited

家人好みのトンカツです、よいお米の産地だけ有りご飯がとても美味しかったです。

Dsc05859_edited

7時過ぎに外へ出ると夕暮れで涼しく、草木の香りがしてとても気分が良く三日月を見ながら歩きました。

Dsc05861_edited

この先道の両脇は田んぼが延々と続きます、田んぼに注ぐ水の音と虫の音が聞こえてきます。その静けさを破る車がたまに通ります、都会では全く気にしない車の音がこんなに大きな音だとは驚きです。車に乗らず歩けば自然を感じることが出来ました。

←都会の方も地方の方も郷土愛を込めてポチリと御願いいたします。

| | コメント (0)

秋の海でベラの塩焼き

今はも~う秋♪誰も~いない~海♪(byトワ エ モア)

Dsc05831_edited_4

Dsc05833

朝7時の海です、私達だけの海です。

昨日夜10時前に自宅を出て12時過ぎに神鍋高原に着きました、その時外の気温は22度でした。

朝ご飯の用意ですが昨日準備してきたおかずは夜中に2人で酒盛りをして食べてしまいました、佃煮とたくわんしか残っていません。

初めてコンビニで買ったサンドイッチですが開け方が分からず底から開けて家人に笑われてしまいました。

Dsc05836_edited

自給自足で家人がベラを取ってきて塩焼きにしてくれました。携帯バーナーは役立ちます。

Dsc05841_edited

思わず「お代わり!」と言いましたが1匹限りでした。

毎年この辺で見かける気になるのぼりです。

Dsc05842_edited

地元の中学で開催されます、どんな物か覗いてみたい衝動に駆られてしょうがありません。

確実に秋が近づいて来ています。

Dsc05847

←今日も暑い1日だった方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (4)

2007年8月17日 (金)

青椒牛肉絲

無農薬のピーマンを頂いたので丁寧に切りそろえようとしましたが、ピーマンは切りにくくて苦手です。シャッキリもやしも入れました。

Dsc05824_edited

牛肉    200g、

ピーマン  1袋~

赤パプリカ 1/2個

ニンニクみじん切り 大匙1

生姜、ネギ各  小匙1

調味料・・・・オイスターソース、醤油、、砂糖、酒、各大匙1/2、塩、胡椒少々、水大匙4,片栗粉大匙1/2

調味料は全て合わせておきます。

<作り方>

①牛肉は千切りにして醤油、酒、水、片栗粉、各大匙1を加えて揉み込みます

②ピーマン、パプリカは両端を切り落とし開いて種と白いところを取り太さを揃えて縦の千切りにします

③フライパンにごま油入れて①を炒め色が変わればニンニク、生姜、ネギを加え香りを出します

④②を加えて炒めていき調味料を入れて絡める火を通しすぎないように、余熱を考えて少し早めにお皿に取るように。

トマトの甘酢漬け

Dsc05818

蒸し鶏と万能ネギのサラダ

Dsc05814_edited

蒸し鶏と万能葱のサラダ
<材料>
鶏もも肉    1枚
 白ワイン    大匙1
 塩        小匙1
 胡椒       少々
ザーサイ(瓶詰め)80g
万能葱      1束
ドレッシング
 胡麻油     1/2カップ
 オリーブ油   1/2カップ
 白ワインビネガー1/3カップ
 生姜みじん切り 1片
 煎りごま     10g
 塩        小匙1
 胡椒       少々
<作り方>
①バットに鶏肉を載せと白ワイン、塩、胡椒を掛けて蒸し器に入れて強火で1分半中火にして10分蒸します、そのまま冷ましておきます
②ザーサイは千切りに、万能葱は4センチに切っておきます
③蒸し鶏は縦半分に切りそれを薄く削ぎきりにします
④ボールに葱、ザーサイ、蒸し鶏を入れてザックリ混ぜてドレッシングを加えて和えます
ドレッシングの分量は多いので割合を計算して調節して下さい。私はオイルを控えめにしました。ザーサイのお味が有るので塩は控えめにした方が無難です。

中華風冷や奴・・・ザーサイ、ネギ、カリカリちりめんじゃこ。出し醤油をかけていただきます。

Dsc05827_edited

家人は明日と明後日が休みなので2泊3日で出掛けることに急遽お昼に決まりました。夕方英語のレッスンから帰ってきて夕食の用意と出掛ける用意に大忙しです。

夕食後かたづけて出掛けます。

←今日は昨日に比べて少し暑さがましだと思った方はポチリとお願いいたします。体が慣れてきたこともあるのでしょうか。

| | コメント (2)

2007年8月16日 (木)

鰻と香味野菜のお寿司

ハーブはアンチエイジングに効果が有ると最近本で読みました。日本にも良いハーブが沢山あります、今夜はそれらの香味野菜を使ったお寿司を作りました。

Dsc05799_edited

寿司米に鰻の蒲焼き、きゅうり、大葉、新生姜、木の芽、みょうが、新蓮根、煎りごま、色紙卵です、お友達のお庭にある木の芽をいただきましたが今の時期は新芽ではないので刻んで混ぜ込みました。色んな香りがしてとても涼しげなお寿司が出来上がりました。お野菜がたっぷりなのでヘルシーなご飯です。

新生姜の有馬煮と新蓮根のきんぴら

Dsc05795_edited

新生姜の有馬煮はお昼に出来たてを摘んでみたら丁度良いお味だと思いましたが時間が経って食べてみたら少し辛いので醤油を控えた方が我が家向きのようです。

寄せ豆腐・・・ネギ、みょうが、生姜、大葉をトッピング

Dsc05805

揚げ出し茄子、甘長唐辛子、舞茸、大根おろし、天つゆ

Dsc05803_edited

吸い物・・・胡麻豆腐、軸三つ葉、みょうが、えのきだけ、柚子

Dsc05810

最近カップラーメンが良く売れているそうです、なぜならこの暑さで主婦が台所で火を使うのがイヤだからだそうです。

私は外出を極力控えて、用事があればメモをとって1日にまとめて済ませるようにしてます。

昨日は仕方なく出掛けて色んな用事を済ませておきましたので、今日は家にこもっていられました、すると時間があるので料理がしたくなり佃煮を作ったり、いつ食べるという予定もないのにカレーのルーを作っていました。

←暑いときにカレーが食べたくなる方はポチリとお願いいたします。暑くてお素麺かお茶漬けが良いわと言う方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

新生姜の有馬煮

Dsc05792

昨日テレビで有馬温泉の料理人のかたが紹介していた物です。観ていて美味しそうだったので、早速新生姜を買ってきてこの異常な暑さの中佃煮を作りました。これはお酒にもご飯にも合います、これから新生姜の時期には甘酢漬けだけでなくこれも定番で作る事にします。

新生姜     250g

山椒の実佃煮 小匙2~

鰹と昆布のだし 200cc

酒        50cc

味醂      50cc

醤油      50cc

砂糖      5g

<作り方>

①生姜を綺麗に洗って皮のまま繊維を切るようにスライスします

②熱湯に入れてザルに取りもう一度繰り返し、2回湯がきます

③鍋に調味料と共に入れて水分が無くなるまで炊いていきます

Dsc05784

Dsc05789_2

1パック(300g)買ってきて下の方の繊維が多いところはおろし生姜に使うので取り置きしました。

出来上がりは体積が減ってしまったので2パック作れば良かったですね。それほど美味しいです。

←食べてみたいなと思った方又は作ってみようかなと思った方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

2007年8月15日 (水)

辛子明太子スパゲッティー

辛子明太子を崩してスパゲッティーを作るときはなぜだか「贅沢をしているな」と思う瞬間です。

Dsc05768_edited

鯛のサラダ仕立て・・・柚子を頂いたので皮を刻んでのせて絞り汁はドレッシングにしました。

Dsc05761_edited

デリカテッセンのポークソーセージが冷蔵庫に残っていました。少し賞味期限が切れていますが真空パックなので大丈夫と自分に言い聞かせて、友人宅のお庭から摘んで頂いたローズマリーとタイムを一緒に炒めました。

Dsc05766_edited

家人の好物なのですが8本の中7本も食べました、全く問題なかったようです。横で見ていた私はもう充分で「ごちそうさま」の気分で1本も頂けませんでした。

私が食べたいゴーヤチャンプル

Dsc05757_edited

好きなだけあって極めてきました、おいしいです!(自画自賛?)彼も「苦くない」と言って食べていました。

辛子明太子スパゲッティーの作り方

<材料>  2人前

辛子明太子   1/2腹(1本)

バター       大匙2~

昆布茶      小匙 1/2

大葉        4枚

スパゲッティー  160g

<作り方>

①ボールにバターを入れて常温にしておきます

②明太子の皮を切り中身を取りだして①に入れて昆布茶と混ぜておきます

③大葉は千切りにして一度水を掛けてペーパータオルで水分を取っておきます

④パスタを湯がき水気を切ってボールに移し混ぜて器に盛り大葉を天盛りにします

明太子の塩分によってお味が変わりますので調節して下さい。

もみ海苔を掛けてもおいしいです。

炭水化物を取りすぎると体重が増加する私です。今朝体重計に乗ると1.5kgも増えていたので今日はお水だけで過ごしました、昨夜から絶食でこれが本日最初で最後の食事となりました。

←3食しっかり食べないとぶっ倒れると言う方、1日に2食でも大丈夫という方はポチリと御願い致します。

最近我が家では家人は朝はフルーツと本当に軽い食事、お昼はおかずだけそれも野菜中心で、私は朝、昼兼用で1食です。

その分夕食に全力投球しています、お酒を楽しむ為の食事なのですがなるべく沢山の食材を使って偏らない食事を心掛けています。

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

天ざるで一献

家人が信州のお土産というお蕎麦を頂いて帰りました、厳選された粉を使ったこだわりのお蕎麦なので今夜はお蕎麦やさんで冷酒を頂いて最後はザルで締めると言うイメージで夕食の献立を考えました。結局はお酒を飲む口実みたいですね。

突き出し色々として・・・

きゅうり、わかめ、みょうが、ちりめんじゃこの酢の物

Dsc05742_edited

叩きごぼう

Dsc05736_edited

長いもと辛子明太子

Dsc05737_edited

天ぷら・・・海老、玉葱、三つ葉のかき揚げ、南京、茄子、ししとう、舞茸、新蓮根、大葉

Dsc05745

蕎麦

Dsc05749

蕎麦だしと天つゆは別物だと思うので蕎麦についていたお出汁とは別に天つゆは作りました。

蕎麦だしは期待をしていなかったので別に買ってきていましたが付いていた蕎麦だしも美味しかったです。

天つゆの作り方

<材料>

薄口醤油  25cc

濃口醤油  25cc

味醂     50cc

水      250cc

鰹節     10g

出し昆布   10g

<作り方>

鍋に全ての材料を入れて中火にかけ一煮立ちしたら濾します。 

道はUターンラッシュで混んでたそうで家人の帰りも遅くなりました。出来たての天ぷらはパリパリ、サクサクで美味しかったです。日清の「コツのいらない天ぷら粉」を使っていますがこれは優れものです、失敗が有りません。写真の大葉を見ていただくとお解りだと思いますがパリとしていそうでしょう、時間が経ってもサクッとしています。

←揚げ物をしたら食欲が無くなるという経験がお有りの方、私のように全く関係なくモリモリいただける方皆さんポチリをお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

ステーキ

土曜日の夜、神鍋高原に居た私達の元に息子からの電話で日曜日に夕食の招待がありました。初めて梅田での外食の招待でした、嬉しくて行きたいのは山々でしたがどう考えても時間的に無理で断らねばなりませんでした。

家人と同じ職業の息子も又お盆休みが有りません。夕食を誘って頂いたお返しに我が家に頂き物のステーキ肉があるので今夜の都合を聞くと「仕事からマッハで帰ってきてご馳走になります。」と言う返事でした。

そこで今夜の献立は・・・

ステーキ・・・塩、胡椒。辛子醤油。おろしポン酢の3種類で頂きました。

Dsc05733_edited

ちゃまめ

Dsc05724_edited

麦のサラダ、以前のレシピに今日はノンオイルのツナを入れました。

Dsc05720_edited

ポテトサラダ

Dsc05723

焼き野菜・・・パプリカ、ズッキーニ、茄子、南京

Dsc05729_edited

フルーツトマトとアボカドのサラダたまねぎドレッシング

Dsc05726

お肉と共にお野菜も沢山用意しました。ポテトサラダは余りましたがその他は完売でした。

←お盆休みでご家族とお食事をなさった方、その予定が有る方又はお友達との食事会の予定が有る方、その他仕事で全く出掛けられない方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (6)

みんな大好きポテトサラダ

私達が馴染みのあるポテトサラダは外国では無いようです、以前カナダの方達にお出しして喜ばれた物は日本のカレーとポテトサラダでした。作り方を教えて欲しいと言われて目の前で作ったことがあります。

Dsc05723

<材料>

じゃがいも

玉葱

きゅうり

人参

サラダオイル

塩、胡椒

砂糖

マヨネーズ

ディジョンマスタード

<作り方>

作り方は皆様と殆ど同じと思うのですがあえてここがポイントと思われる所を羅列してみます

☆ じゃがいもは洗って皮付きで切らずに湯がきます

☆ 熱いうちに(竹串を使うと剥きやすい)皮を剥きボールに入れて適当に潰して塩、胡椒、酢、で下味を付ける、オイルを少しかける

☆ 玉葱をスライスしてボールに入れて塩、砂糖、酢を入れて揉んでおきます、しなっとしたらザルに取ってサッと水を流して絞りポテトのボールに入れます

☆ きゅうりは揉み瓜にして、人参は湯がいてポテトのボールに入れます

☆ マヨネーズとマスタードを加えて混ぜます

これだけです。家人の好物なのですがマヨネーズが入るのでなかなか我が家の食卓には上がりません。自家栽培で無農薬のじゃがいもを家人が頂いてきたので久しぶりに作りました。

←ポテトサラダをたまに食べたくなる方、又は大好きという方もポチリをお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月12日 (日)

焼き餃子

日本海から帰ってくる間中今夜は何を食べるかと協議が続きます、時間の経過に従い食べたい物が変わってきます。六甲山を下る頃には2人で餃子でビールと言う意見で一致しました。途中に「珉珉」へ寄って5人前の餃子を買いました、それだけでは寂しいのでゴーヤと豚肉を買ってキムチと炒めます。家人は練り物を買っていました。

Dsc05709

Dsc05710

Dsc05715

3人前を焼いたのですが少しもの足りず第2ラウンドは家人が焼きましたが私よりパリッと上手に焼き上げました。これからは彼に焼いてもらいましょう!

Dsc05713

これも私の監督のもと家人が炒めたゴーヤです。シャキッとして美味しく出来上がりました。

道の駅「まほろば」で買った朝取りトマトにお塩を付けて頂きましたがとても甘かったです。

Dsc05706

水茄子の淺漬けでウイスキーを飲み続けている2人です。

太陽を浴びた後はビタミンを摂取しないといけませんね。海へ行く前にビタミンを取るより後の方が良いそうですよ。

←些細な物でも二人が同じ物を美味しいと感じあえる喜びが幸せだと思います。共感して下さる方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

神鍋高原と日本海

日本中で1つの県で北と南が海に面している所は珍しいと思います。私の住んでいるところは兵庫県の南側で海が見える所です、そこから車で3時間で北の日本海まで行くことが出来るのです。

途中の神鍋高原でお泊まりします、町中より6度は涼しいです。いつもは12時過ぎにベッドに入りますが昨夜は「はだしのゲン」後編を見ながらベッドでうつらうつらしていました。

朝は6時に起床、早朝の外の景色です。自然の色が美しく空気が美味しいです、深呼吸を沢山しておきます。

Dsc05695_edited

ここから車で30分走ると日本海に到着します、今朝7時前の海です。

Dsc05699

空と海の青さが素晴らしく綺麗です。キャンピングカーや車の中で夜を明かしている若者達が先客です。

Dsc05700

ターフを張りました

Dsc05701

水も澄んできれいです。誰も入っていない海です。デッキチェアーとテーブルをセットして朝ご飯の用意です。おにぎりと野菜、ハム、ポテトサラダ、チーズをお好みで挟むサンドイッチを用意します。飲み物は麦茶、アイスティー、ビール、家人のためのノンアルコールビールなど。

海で頂くと何でも飛び切りのご馳走に変身して美味しくなります。12時には撤収して帰路に着きます。神鍋高原に帰り温泉で塩を洗い流して少しお昼寝してから神戸に向かいました。

←最近水着を着た方、もう何年も着てない方、皆さんポチリをお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月11日 (土)

しのだうどん

富美家の「しのだうどん」

Dsc05676

関西では甘く炊いたお揚げが入ったうどんはきつねうどんと言い、おそばバージョンはたぬきと言います。

私はこのおうどんが好きなのですがスーパーには無くてデパートにあります。京都のお店なのにしのだうどんと書いてあります、神戸、大阪はきつねで京都はしのだと言うのでしょうか?

名古屋ではしのだうどんは一般的に使われているそうですが定かでは有りません。

我が家から阪神高速と湾岸線が見えるのですが昨日から渋滞しています。

私達には田舎と言う物やお盆休みも無いのですが今日から神鍋高原へ行きます、明日は朝から日本海です。渋滞に飲み込まれて何時間掛かるか分かりませんが先を急がない2人ですから、のんびり行こうと思っています。

←「お盆休みの有る方、夏休みの有る方はポチリとした後楽しんで下さいね。日焼けにご注意を。

| | コメント (4)

2007年8月10日 (金)

母娘でワインを嗜んで

今夜家人は会食で居ません、久しぶりに娘と我が家で2人きりの夕食です。

今日は手抜きをしたい私が、外食がちな彼女のために時間を掛けない野菜料理を作ってオーガニックワインを飲むことにします。

Dsc05691

豆腐とトマトのカプレーゼ風

Dsc05677

大井牛肉店のローストビーフ(の切り落とし)入りサラダ、ベビーリーフ、ブロッコリー、アスパラ、キュウリ、ゆで卵

Dsc05685

娘曰く「高級なお味がすると思ったらローストビーフが入ってる!」英語のレッスン帰りに買ってきたものです。

ジャーマンポテト

Dsc05683

今夜私のベストはこのジャーマンポテトでした。

マッシュルームのオリーブオイル焼き・・・鍋に潰したニンニクとオリーブオイルを入れ香りが出たらマッシュルームを加えて焼き、塩、胡椒するだけですが簡単で美味しいです。

Dsc05680

100円均一で見つけたお鍋が役立ちました、これは値打ちが有りました。

用意万端整ったにもかかわらず仕事が長引いたらしく8時過ぎに帰るメール、結局8時半からの夕食になりました。

若い女性にはこの様なメニューが良いようですね、お野菜は15種類以上(ベビーリーフに5種類以上入っていますから)使っています。

今夜はテレビで「はだしのゲン」をやっています、子供が小学生の時クラスの先生のお薦めでマンガ本を家族で回し読みし感動の余り涙したものです。

←「はだしのゲン」に感動した経験のある方はポチリと御願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

冷やし茶碗蒸し

今宵は2日酔い気味の家人のために冷やし茶碗蒸しで食欲増進を図ります。シンプル食材ですがしっかり冷やすのに時間が掛かります。

Dsc05674_edited

卵:出しは1:4の硬さで茶碗蒸しを作って冷やし、上からそーっとこれも良く冷やしたお出汁を掛けます。すり柚子を振りかけて出来上がりです。

今夜はお酒は要らないでしようがご飯が要りそうなので「お袋の味」というような献立です。

蛸ときゅうりとみょうがの酢の物

Dsc05666_edited

ひじきの煮物

Dsc05659_edited

きんぴらごぼう・・・こんにゃくは湯がいて水洗いして、から煎りした後油で炒めると美味しく味が乗ります。

Dsc05656_edited

辛子明太子と大葉入り大根おろし、スダチ

Dsc05669_edited

頂き物のふくや「味の明太子 復刻」という58年前に作られた、国内で捕れたスケソウダラの卵と当時の風味と辛さに調合した唐辛子を調合して漬けてあります。

プチプチとした舌触りに現代の物より強い辛味で美味しいです。貴重な物を頂くことができて嬉しいです。

焼きししとう、金串に刺してガスの直火で焼くと簡単です。

Dsc05662_edited

トマトサラダ・・・オニオンスライス、バジル、塩、胡椒、オリーブオイル、ワインビネガー

Dsc05671_edited

意に反して家人はダイエットビールを2缶飲みました、その後ご飯を1膳です。

新しい携帯を手に入れたようで必死でマニュアルと携帯をにらめっこしています、今話しかけても何も返事は帰ってこないでしょう。

今日「徹子の部屋」を見ましたが女性と男性の脳の作りが違うので男性は同時にいくつもの事が出来ないそうです。女性は同時に2つや3つのことが出来ますものね、例えば電話をしながら廻りの拭き掃除をしてついでに窓を開けて等ごく自然に出来ますよ。

家人はコードレスにもかかわらず電話機の前でたたずんで話しているだけです。

彼だけが出来ないのかと思いガッカリすることが有りましたから、これを聞いて安心しました。

←納得!と思われた方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月 8日 (水)

野菜中心の洋食メニュー

昨夜ラタトィイユを作って冷やして有ります。沢山出来たので急遽友人を招いて食事会になりました。招いた内の1人は1泊でマージャンの旅に出るそうで来れません、何故か頼もしいなとおもいました、ご主人はお留守番だそうです。

サラダほうれん草とカリカリベーコン、半熟卵のサラダ・・・サラダほうれん草をお皿に盛りカリカリに焼いたベーコンと半熟卵を乗せて塩、胡椒、オリーブオイル、粉チーズを掛けています。

Dsc05645

ラタトィイユ

Dsc05638

ブロシュートとメロンのサラダ←(ここをクリックすると特大写真とレシピが出ます)

Dsc05639_edited

サーモンのたたき・・・白髪ネギ、大葉、ドレッシングはレモン汁、醤油、オリーブオイル、塩、胡椒です。

Dsc05632_edited

お米のサラダ・・・レシピ以外に大葉とミントを刻んで入れました、爽やかな香りがして良い感じです。

Dsc05636_edited

タン塩・・・塩、胡椒をして片面だけ焼きました。

Dsc05650_edited

パプリカマリネ、甘くて美味しいです。

Dsc05630

最後は我が家のぬかずけと村上重の柴漬けでご飯を一口

Dsc05654_edited

朝から美容院へ行き帰りに大丸で買い物して帰りましたが大変あつ~い思いをしました。

今日は赤ワインも少しの間冷蔵庫に入れた方が良いだろうとほりこみました。

遅くまで友人達と食べて、飲んで、おしゃべりして最後は家人がへろへろになりました。最近このパターンが多いようです、ストレスが有るのかも知れませんね。大事にしてあげましょう。

←お友達とワイワイ楽しい食事会がお好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (8)

2007年8月 7日 (火)

野菜を牛肉で巻いて美味しく健康に

日曜日にお肉屋さんで沢山仕入れてきたので肉類が続きますがお野菜もっぷり頂ける献立にしました。今日は友人と電話で話したり、メールをしたり、旅行の為のパンフレットを見たり、ネットでホテルを探したりしていて1歩も外に出ていません。

冷蔵庫に有る物で出来た献立は・・・

白銀の蒲鉾に梅、大葉、花鰹、を和えてきゅうりと挟みました。

Dsc05606_edited

栗マロンカボチャのサラダ・・・紫玉葱、ピクルス、とうもろこし、パセリを刻んで入れました。

Dsc05609_edited

長いもとオクラの2杯酢

Dsc05613_edited

イチジクとアスパラのゴマクリーム和え

Dsc05617_edited

やっとお肉の出番です、三度豆、じゃがいも、人参を湯がいて巻いています。焼いてから酒、味醂、濃い口醤油、砂糖少々で絡めました。

Dsc05623_edited

またお野菜で、夏大根と松山揚げを炊いてすり柚子を振って良い香りです。

Dsc05627

←野菜の多い食事でしたが体に良さそうと思って下さった方はポチリと御願いいたします。男性には不評でしょうね。

| | コメント (6)

2007年8月 6日 (月)

わかめスープ

こう暑くては汗と共に体内のミネラルが出ていきます、これが夏バテの要因となるので今夜は韓国のわかめスープでミネラル補給です。

Dsc05603_edited

レタス巻き

Dsc05591_edited

鰆の中華蒸し

Dsc05599_edited

冷麺・・・錦糸卵、塩焼き豚、甘酢生姜、もやし、きゅうり、蒸し鶏、白髪ネギ、香菜をトッピングとしてタレはゴマだれを用意しました。

Dsc05596_edited

わかめスープ

<材料>

わかめ       適宜

牛肉        少し

ニンニクみじん切り   少々

青ネギ 小口切り 適宜

煎りごま     適宜

かつおと昆布出し汁

<作り方>

①わかめはザク切りにします

②牛肉少しは千切りにします

③鍋に胡麻油を少し入れて①と②を炒めます

④出し汁を加えます、(無ければ顆粒だしでもOK)沸騰すればニンニクと塩を加えて少し煮ます。

⑤器に入れて青ネギと煎りごまをのせます

いい加減なレシピですがこれでも簡単に体に良いスープが出来ます

←私は夏バテをしたことがないのですが食欲減退等の経験のある方はポチリと御願いいたします。私と同じくどんな時でもモリモリという方もお願いいたします。

| | コメント (2)

柔らか豚の冷しゃぶ

昨夜(8月5日)の献立はビールと・・・

イチジクのマヨネーズ和え

Dsc05584_edited

お肉屋さんで豚の肩ロースをしゃぶしゃぶ用に切っていただきました。これで500g強です。

Dsc05574_edited_2

豚は沸騰させない80度~90度のお湯でゆっくり湯がきます、その後は氷水に取らずに丘揚げか水に離します、そうすればトロリと柔らかな豚しゃぶが出来上がります、冷蔵庫にも入れない方が脂が硬くならずにいいです。私はロースより肩ロースの方がおいしいと思います。

玉葱のスライスを氷水にさらして良く水切りした物を敷いています、トッピングはみょうがと大葉を若奥が丁寧に刻んでくれました。

ポン酢と胡麻ドレッシングを友人作の片口に入れました、とても気に入って頂いてきた物です。

お好みですが最終的にはポン酢と胡麻ドレッシングを共に掛けたらとても良かったです。

小松菜の煮浸し・・・松山揚げと煮ています。

Dsc05572_edited

扇矢精肉店お勧めの生タントロ

Dsc05581_edited

初めて頂いた生タンです、見た感じはトロッとしていますが噛むとしっかり歯ごたえが有ります。

やっと巡り会えた塩焼き豚です、息子夫妻がこれのファンで1度食べてみてと言われていましたが万が悪くいつも売り切れ状態、でも今回はラッキーでした。

Dsc05569_edited

とても柔らかくてしっとりとしていて和風、洋風、中華風と何にでも合う品でした。

大根の間引き菜とちりめんじゃこ

Dsc05580_edited

地場の野菜で浅漬けにしました、ちりめんじゃこと一緒にご飯に乗せて海苔で巻いたらいくらでも頂けます。

デザートは糖度13%というスイカ、清水白桃、マスクメロン

Dsc05589_edited

大勢で食事をするとドンドン頂いてしまいます、昨夜も満腹になってしまいました。

←いつも腹八分目を心掛けている方、或いは昨夜も誘惑に負けてしまったと言う方もポチリとお願いいたします。

お肉を沢山頂いたのに今朝の体重は500g以上減っていました、昨日の炎天下でのお墓の掃除で体力を消耗していたのでしょうか?

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

ナガノトマトに遭遇

お盆で家族親戚がお墓参りをする前にお掃除に出掛けました。先月にお掃除をお願いしていたのですが雨が降ったので雑草が勢いよく伸びていました。家人と2人で頑張って草抜きをしましたが暑くて下を向いて仕事をしているとサングラスに汗が溜まりました。

バケツ1杯の草です。

Dsc05559_edited

洋服がグッショリになったので近くのスーパーで体を冷やすことにしました、十年ほど前に行ったことが有る巨大スーパーです。

フードコートで一休み

Dsc05562_edited

ほっとしたところでお買い物を始めると家人がナガノトマトを見つけました、嬉しくて記念撮影して多目に買いました。

Dsc05564_edited

今夜は息子達が食事に来るというのでお肉屋さんに立ち寄りました。

神戸牛が並んでいますが皆さんの予想以上にお安いと思います。

Dsc05565_edited

この脂に押してあるスタンプが神戸牛の証です。

Dsc05566_edited

←お肉が食べたくなった方はポチリとどうぞ御願いいたします。

| | コメント (0)

寿司「市松」で夕食

8月4日の夕食は神戸市東灘区の「市松」へ友人に連れて行って頂きました。神戸中央市場内でお父様とお兄様がお寿司屋さんをなさっています、その次男さんが1年程前にオープンなさったお店です。店構えはおしゃれで敷居が高そうですが気さくで人なつっこい30代半ばのご主人と奥様がテキパキとお仕事なさっています。

カウンターで頂いた物達は・・・・

これはカウンターの隅に置いてあるツマ達です。

Dsc05538

油目、笛吹鯛、生鳥貝

Dsc05540

藁焼きのかつおたたき、鱧

Dsc05541_edited

さんまを炙って浅葱とドレッシングを掛けています、初めての頂き方ですが良かったです。

Dsc05542

白ずいきとミツバの胡麻クリーム和え、歯ごたえが良い。

Dsc05544

御料理ばかりではお腹が入らなくなるのでこの辺で握って頂くことにしました、最初に中トロが出てきましたが嬉しくて口にほりこみ写真は有りません。

2つ目は赤身です。

Dsc05546

イカに柚子をふっています、塩とスダチで頂きます。

Dsc05547

氷見の白海老、おいしい。

Dsc05549

戸塚鯵、淡路の沼島に居る小さい鯵ですが身が厚くて良いです。

Dsc05550

蒸し鮑と肝

Dsc05552

コチ

Dsc05553

穴子を2種類の頂き方で・・

Dsc05555

Dsc05556

淡路のウニがでました、勿論海苔なしでふわっと握ってありましたが好物なのでまたもや素早く頂いてしまいました。

ネギトロと花丸きゅうりを1本使ったカッパの手巻きです。

Dsc05557

この辺にしておきましたがもうお腹がはち切れんばかりになってしまいました、美味しかったです。3種類をブレンドしたご飯の堅さが丁度良く私の好みでした。

台風の影響でお魚が少ないので揃えるのに朝5時から中央市場へ出掛けて集めて来られたそうです、こだわりのあるご主人のようです。

お醤油の出方が具合の良いお醤油注しです、私も欲しいなと思った品です。しかし作家さんは体調を崩してもう作っていらっしゃらないと聞き余計欲しくなりました。

Dsc05548

初めてのお寿司屋さんでカウンターに座るのは不安な物ですがその店のお得意さんに連れて行って頂くと安心して頂くことが出来ました。ごちそうさまでした!

←お寿司がお好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (2)

2007年8月 4日 (土)

グリル「しき浪」で昼食

大阪歴史博物館で「ペルシャ文明展」をやっているので見に行きました。

紀元前何千年と言うときににガラス食器、金製品やコイン等出来てたんですよ、日本では飛鳥時代や、縄文、弥生時代で、土の時代です。それらが中国から日本へ1000年を経て来ました、奈良の正倉院にはそれらと同じ物が有るそうです。綺麗な物が沢山でていました。

遅いお昼になり大阪中央区の「しき浪」で取ることにしました。

家人のハンバーグ

Dsc05535_edited

柔らかくて美味しいのです、ハンバーグが先に来たので私も横取りして1口頂いている所に私の料理が来たのです、撮影を忘れてパクッと行ってしまいました。

私のお得なメニューです、揚げ物好きの彼に半分差し上げました。

Dsc05537_edited

久しぶりに美味しかったです。隣の席の若いお嬢さんはビフカツダブルと注文していましたが御料理が運ばれてくる前に私達は出てしまったので見ることが出来ませんでした。どんな量なのか見たかったです。

ここのお店は表のショウケースの見本より実際の方が量が断然多いのですから。

←洋食が好きな方はポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

茄子の挟み揚げ

生命保険や入院給付金、個人年金など色々かけていた保険の見直しをしていただきに雨が土砂降りの中行ってきました。生活状態や子供の成長に伴い見直していかねばならないと思っていました、今までは良く判らないままに縮小をしてきましたが専門家がご指導して下さるところがあると教えていただきました。これが老後に向けての最後の見直しになると思います。家族の分も含めて検討を重ねて午前と午後の計3時間掛かりました。

遅くなったので急いで買い物をして帰り、料理した物は・・・

新潟産黒崎ちゃ豆

Dsc05512_edited

砂ズリ塩焼き

Dsc05520_edited

アサリ炒め・・・今の時期しか無いという地元須磨の沖で捕れたアサリだそうで身がプックリとしていました。

Dsc05522_edited

茄子の挟み揚げ

Dsc05515

豚角煮と煮卵、ほうれん草・・・卵に味を含ませるためにこれは朝から用意していました。

Dsc05517_edited

茄子の挟み揚げ

<材料>  5人前

茄子(短いもの) 5個

豚ミンチ      180g

ネギ、人参みじん切り  各大匙3

生姜みじん切り   小匙1

片栗粉        大匙1

溶き卵        大匙1

塩           小匙1/2

胡椒

衣・・・卵1/2個と片栗粉大匙4~

もやし

トマト

<作り方>

①ボールにミンチ、みじん切り野菜、片栗粉、溶き卵、塩、胡椒を入れて手でよく混ぜて10等分する

②茄子は上下切り落とし縦に4カ所縞模様に剥き縦半分にきる、更に半分に切り込みを入れる

③茄子の切り込みの中に片栗粉を付けミンチを挟む

④衣を混ぜて刷毛でミンチの部分にだけ塗って油で揚げる

⑤もやしは塩湯がきして氷りに取る

⑥茄子を1口大に切り盛りつけます、辛子、酢、醤油を添えます 

頭を使いすぎたのか食欲減退で茄子の挟み揚げは頂けませんでした、退化していっている脳みそにたまには刺激を与えねばなりませんね。

←枝豆はビールに良く合いますね、お好きな方はポチリをお願いいたします。もっと脂っこい物の方が良いわと仰る方もポチリをどうぞ。

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

鶏肉きのこソース

九州地方は台風で大変な様子です、飛行機が飛ばなくて大分県へ旅行中の英語の先生は帰れないので明日のレッスンはお休みとなってしまいました。

今日の私は何年かぶりの2日酔いです、昨夜はシャンパン、赤ワイン、ウイスキーを沢山飲んだようです、覚えていないのです。一緒に飲んでいた友人から朝メールが届いていました、私が話した事についてでしたが話していたことは覚えているのですが、内容を思い出さないのです。最悪ですね。

お昼ににゅうめんを作ったらとても美味しかったです、脱水状態だったのでしょう。反省です。

今夜は食欲がわくかなと思いながら作った物は・・・・

冷製パンプキンスープ

Dsc05501_edited

鶏肉きのこソース、ニンニクと大葉のパスタ

Dsc05506_edited

緑のサラダ

Dsc05499_edited

サニーレタスとレタスをお皿に載せてブロッコリー、セロリ、きゅうり、アボカドをドレッシングと少しのマヨネーズで和えて上に盛りました。

鶏肉きのこソースの作り方

<材料>

もも肉 2枚

玉葱  1/4個 スライス又は粗みじんきり

きのこ 適宜

ニンニク 1/2片 みじん切り

白ワイン

塩、胡椒

固形チキンブイヨン  1/2個

<作り方>

①鶏肉は皮目に包丁でぷすぷすとさしておきます、身は厚みを均等になるように切り込みを入れて塩、胡椒をします

②玉葱ときのこをオリーブオイルで炒めて取りだしておきます

③テフロンのフライパンに油を引かずに鶏の皮を下にして焼きます、油が出てくるのでペーパーで拭き取ります

④裏返し焦げ目がついたらニンニクを加えて香りが出たら白ワインを振りかけます。

⑤きのこを戻し水50ccと固形ブイヨンを入れて鶏肉に火が通るまで煮ます。

ガーリックと大葉のパスタにきのこソースを絡めて頂くと2日酔いが嘘のように美味しく頂きました。

←今夜は休肝日とします、同じく今夜ノンアルコールの方、晩酌をなさる方もポチリとお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

暑いのにキッシュを焼いて

キッシュを食べたくなり作ることにしました、オーブンを暖めて用意をすると室温がドンドン上がりその中でパイ生地をのばすことの難しさに気づいても遅すぎました。ベタ付く生地をなだめるように伸ばし、型に乗せたら直ぐ冷蔵庫で休ませて冷えてから焼きました。

フルーツトマトのカッペリーニ風は素麺で作りました。

Dsc05495_edited

茄子のマリネ

Dsc05482_edited

子蛸、スモークサーモンのサラダ、バジルドレッシング

Dsc05484_edited

少量のドレッシングを作るのにフードプロセッサーを出すのも面倒なので小さいすり鉢でバジルをすってワインビネガーとオリーブオイル、塩、胡椒で作りました。

きのこ、ほうれん草、ベーコンのキッシュ

Dsc05492

2~3人分で直径22.5センチのパイレックス1つの分量です。

<材料>

ベーコン    1~2枚 1センチ幅に切る

玉葱       1/4個 スライス

しめじ      1/2パック 長さを半分にきってばらしておく

椎茸       1個 スライス

ほうれん草    1/3束 湯がいて2センチに切り水気を絞っておく

パイシート(バターを仕様している物)1枚

牛乳       75cc

生クリーム    75cc

卵         1個

パルミジャーノ  大匙1/2

<作り方>

①フライパンにオリーブオイルを入れてベーコンを炒めて玉葱、きのこを順次加えて炒めていきます

②湯がいたほうれん草を加えて塩、胡椒をしてバットに取り冷やします

③ボールに卵を割り入れてとき牛乳、生クリーム、パルミジャーノを混ぜて冷えた②を加えて混ぜます

④パイ生地をのばしてパイレックスに乗せてはみ出た廻りは包丁で切り落とします。

⑤④に③を全て注ぎ入れます230~240度のオーブンに入れて15分したら焦げ目が付くのでホイルを乗せて180度にして35分で出来上がりでした、ご家庭のオーブンによって変わると思いまので調節して下さい。

他は冷たい御料理です、先月の父の日に貰ったシャンパンが冷蔵庫で出番を待っていたので開けました。朝シャン、昼シャンなんて言える身分では無いので言いませんがシャンパンが好きです。

←夏にオーブンを使うなんてイヤだと言う方、食べたい物のためなら使うと言う方もポチリをお願いいたします。

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »