« 秋の海でベラの塩焼き | トップページ | お素麺の朝食 »

2007年8月18日 (土)

道の駅マロニエで夕食

神鍋高原では車で移動する以外は徒歩しかありません、お酒を飲む私達が外食をしようと思えば歩かねばならないのです。今夜行くお店を決めたら先ず車で距離を測りました、1.5km位なので歩くことにしました。

Dsc05849

先週に比べると稲の穂が少し黄色みを帯びていました。都会と違い田舎では皆さん車を使われるので歩いているのは私達のみです。

道の駅で全て手作りが売りのレストランです。先ず生ビール、結局2人で5杯飲みました。

Dsc05851

海老ときのこのクリーム、醤油味と書いてある特製スパゲッティーというのを頼んでみました、初めてのお味で意外と美味しく完食です。

Dsc05853_edited

お野菜が食べたくてサラダですが、沢山の種類のお野菜とエンダイブも入っています。

Dsc05854_edited

但馬地鶏のから揚げ、この量で700円ですって。どの御料理もお安くて悪くないお味です。

Dsc05857_edited

家人好みのトンカツです、よいお米の産地だけ有りご飯がとても美味しかったです。

Dsc05859_edited

7時過ぎに外へ出ると夕暮れで涼しく、草木の香りがしてとても気分が良く三日月を見ながら歩きました。

Dsc05861_edited

この先道の両脇は田んぼが延々と続きます、田んぼに注ぐ水の音と虫の音が聞こえてきます。その静けさを破る車がたまに通ります、都会では全く気にしない車の音がこんなに大きな音だとは驚きです。車に乗らず歩けば自然を感じることが出来ました。

←都会の方も地方の方も郷土愛を込めてポチリと御願いいたします。

|

« 秋の海でベラの塩焼き | トップページ | お素麺の朝食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の海でベラの塩焼き | トップページ | お素麺の朝食 »