« 茄子のトマトソースグラタンのレシピ | トップページ | お昼は別館牡丹園 »

2007年10月29日 (月)

Figaroで夕食

今夜は家人が居ないのでどうしようかと思っていたら、娘から今日は仕事が早く終わりそうなので三宮で待ち合わせようとのお誘いがありました。

和食、インド、イタリアンの何が良い?とお昼にメールが入ったのでイタリアンでお願いいたしました。若い人達の行く知らないお店は楽しみです。

Dsc07652

学生時代行っていた、ピッツァのお店ピノキオの系列店が北野坂に出来ていたそうです。

Dsc07655

生ビールの後はアボカドと野菜のサラダ、バルサミコ酢。

Dsc07656

椎茸にアンチョビー、チーズ、、香草パン粉を詰めて焼いた物。

Dsc07658

開業以来これは何枚目のピッツァかと言うナンバーが記してある名物の品です。

懐かしい!という気分で1枚目はペロリ、2枚目を頂いたら重たいと言う気分でギブアップでした。

Dsc07660

ポルチーニ茸のリソットを注文したけれども、しめじ、舞茸、エリンギ等も入ったリゾットでした。

ハーフボトルのワインを飲んだらこの御料理で2人で10000円足らずでした、これは若い人達には厳しいかも知れませんね。同伴出勤前のカップルがいました。

今夜の食事で1番はリゾットでした、赤ワインととても良く合いお代わりしたいくらいでした。

←学生時代行っていたお店に久しぶりに行って懐かしい思いをした経験の有る方ポチリと御願いいたします。

|

« 茄子のトマトソースグラタンのレシピ | トップページ | お昼は別館牡丹園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茄子のトマトソースグラタンのレシピ | トップページ | お昼は別館牡丹園 »