« 鴨鍋 | トップページ | 京都「桜田」 »

2007年10月18日 (木)

サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア

サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都へ娘が行ってきたとお土産を貰いました。ここのコロンやソープは映画に登場してから一般の人達にも知られるようになったそうです。修道僧達が作っていた世界最古の薬局の1つです。

Dsc07332

Dsc07335

イタリア産の肉、魚、野菜用のハーブが入っていました。

レストランではハーブを使ったお食事が頂けます。

銀座、丸の内、大阪、名古屋、京都にお店があります。

彼女はシチリアというコロンを買ったそうです。

←コロンやトリプルエキス、石けん等を使ってみたことの有る方、使ってみたい方はポチリとお願いいたします。

|

« 鴨鍋 | トップページ | 京都「桜田」 »

コメント

とても懐かしいです。
京都にはレストランもあるのですね。
未だ日本にSHOPが無かった時にフィレンツェで行った事があります。
お店というより、建物のエントランスを入ると、
奥に大きなマホガニー色のテーブルがあり、女性が一人で親切に応対してくださいました。
今、日本にあるお店とは全く趣が違います。その時はアルメニア紙と、サンタ・マリア・ノヴェッラのオーデコロンを購入しました。とても思い出深いお店の一つです。

投稿: 柿渋家です。 | 2007年10月19日 (金) 12時47分

柿渋家さま
良い思い出をお持ちですね。娘にレストランの感想は聞いていませんでしたが「桜田」にシェフがよく見えて、女将さんも食事に何度もいらしたそうです。
ショップにはコロンの種類が沢山あるのですね。私にはハーブだけのお土産でした。

投稿: mikage マダム | 2007年10月19日 (金) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鴨鍋 | トップページ | 京都「桜田」 »