« 松茸のフライ | トップページ | チキンとごぼうのサラダ »

2007年10月 3日 (水)

牛肉と松茸の旨煮

昨日買ったアメリカ産の松茸ですが昨夜は傘の部分を半分使っただけです。今夜は残りを牛肉と煮ました。

Dsc07010_edited

牛肉200gですが松茸の方が多いみたいになりました。醤油、砂糖、酒ですき焼きのように煮ました。

三種盛り

Dsc07007_edited

路地物のサヤインゲン(三度豆)は豆がプックリしています、胡麻和えにしてみました。

これも昨日の残り物の鶏胸肉はごぼうとパセリと共にマヨネーズで和えてサラダにしています。これは簡単で美味しいので明日レシピのUPします。

炙りタラコ・・・良いタラコに出会ったら表面だけ炙って中はレアにして頂きます、プチプチ感とねっより感がおいしいです。

焼き穴子ときゅうり、みょうがの酢の物。

Dsc07015_edited

焼き穴子は皮目のみ網で焼いて暖めると柔らかく、出来たてのようになります。

お取り寄せ淡路島の玉葱をオニオンスライスにして、レモン汁と出し醤油で血液サラサラにしましょう。

Dsc07018_edited

1個半スライスしたらこんなに山盛りてんこ盛りになってしまいました。

淡路の玉葱は甘みが強のが特徴です。淡路の鱧と鍋にすれば玉葱の甘みが出てとても美味しくなります。

淡路の友人が東京へ鱧を持って行き玉葱は東京で調達して何時もと同じように鱧鍋を作ったところ、お味が違ったそうです。やはり甘みが出なかったと言っていました。

きりたんぽ鍋も地元で比内地鶏と天然の舞茸を入れて作ると大変美味しいでしょうね~。

これはある時家人だけが旅先できりたんぽ鍋を頂いて、お土産として私にきりたんぽと天然舞茸だけ買ってきて比内地鶏が無かった事への恨み節です。きっと彼は忘れていることでしょうが忘れられずに覚えている私はイヤですね。

←食べ物の恨みは怖いですね、何時までも忘れない食にまつわる恨みを持っている方はポチリをどうぞお願いいたします。

|

« 松茸のフライ | トップページ | チキンとごぼうのサラダ »

コメント

いつもながら。美味しそうな(実際、美味しいと思いますが・・)バランスのとれたメニューで、盛り付けも本当に参考になります。
食べ物の、恨みは忘れませんよ!自分でも、あさましいかな?と・・悲しくなりますが、食い意地がはっているので、夢まで見てしまいます。でも、夢の中でも、食べる事が出来ないのですが・・・

投稿: ヒロコ | 2007年10月 3日 (水) 21時58分

ひろこさま
同じく悔しい思いをなさっているのですね(笑)。
食い意地が張っているのは私も同じです、最近は早朝夢の中で夕食の献立を考えています。文字通り寝ても覚めても食べることばかりです。

投稿: mikage マダム | 2007年10月 3日 (水) 23時10分

美味しそうですね。松茸はアメリカ産なのですね。こちらで手に入るのでしょうかね。日系マーケットチェックに行ってきます。
鱧のお鍋は淡路の玉葱じゃないと、とは、大阪の両親も言っていました。甘さが全然違いますよね。懐かしいです。
マダムのメニューが美味しそうなので、今晩はアレンジしたメニューでまねさせていただこうと思います。

投稿: Reiko | 2007年10月 4日 (木) 06時55分

Reikoさま
アメリカ産松茸は今年から出回りました。
八百屋さん曰くそろそろシーズンは終わりだそうですから急いで下さい。

投稿: mikage マダム | 2007年10月 4日 (木) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松茸のフライ | トップページ | チキンとごぼうのサラダ »