« 柿の白和え | トップページ | 法善寺で夕食 »

2007年12月 5日 (水)

海老芋の炊き方

寒くなると海老芋が美味しくなります。里芋とは又違った触感です、特に京都産の海老芋は美味しい物です。

Dsc08516_edited

<材料>

海老芋

菊菜

柚子

☆八方だし

  酒    140cc

  味醂   60cc

  だし汁  2カップ 

煮汁

八方だし  3カップ

砂糖    大さじ 1

塩      小さじ1/3

薄口醤油  大さじ 1~

<作り方>

①海老芋は上下を切り落とし皮を厚く剥きます、大きければ適当にきります

②米又はとぎ汁を入れて水から柔らかくなるまで湯がきます

③水でぬめりを取るように洗います、崩れやすいので気をつけてあらいます

④八方出汁とは酒、味醂をあわせた物に倍の出汁を混ぜた物です、これに調味料を加えて20~30分弱火で煮ます。さめるまで時間をおいた方が味がしみ込んで 美味しくなります。

⑤菊菜は塩湯がきして水にとり、3センチ長さにきります

⑥海老芋のだし汁に浸けて暖めます

⑦器に海老芋、菊菜を盛りつけて柚子の千切りを天盛りにします。

料亭のお味をご家庭でどうぞ!参考になりましたらポチリをお願いいたします。→

|

« 柿の白和え | トップページ | 法善寺で夕食 »

コメント

マダム素敵なレシピ有難うございます。肉じゃが等こってりした煮物はわりと失敗無く作ることが出来ますが、こういう繊細な煮物は今まで成功した例がありません。真っ黒で味も濃くなってしまいます。
是非作ってみます!我が家は娘が二人いますが、マダムのレシピでお勉強させて頂いて娘たちにお料理の味を伝えていきたいです^^


投稿: まゆ | 2007年12月 5日 (水) 13時20分

一週間ばかり、里帰りをしていて(大掃除をしてまいりました)帰って来て、ブログを拝見しましたら、美味しそうな、お料理の数々・・・ひれ酒が、あふれんばかりのひれで・・・主人が下関に単身赴任してから亡くなるまで、頼んでいたお店にまた、頼もうかと思いました・・・白子もすてがたいけれど、ひれ酒・・美味しいですよね~!ひれだけは、売っていますが、ふぐ(ふく?)とセットでないとつまらないかな?・・・ブログを拝見していたら、あれもこれも作りたい、食べたいと思ってしまった・・わたしでした。

投稿: ヒロコ | 2007年12月 5日 (水) 22時37分

まゆさま
関西の味付けで煮物を試してみてください。物足りないお味かもしれませんがなれてくればお出汁の香りと味に惹かれます。

投稿: Mikageマダム | 2007年12月 6日 (木) 07時40分

ヒロコさま
お帰りなさいませ、お疲れでしたでしょう。
ふぐの時はひれ酒が欠かせません、是非ご一緒にお召し上がりください。なんだかホッとして体も心も温まる気がします。

投稿: Mikageマダム | 2007年12月 6日 (木) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柿の白和え | トップページ | 法善寺で夕食 »