« わさび漬け | トップページ | 鶏腿ソテー »

2007年12月18日 (火)

スタッフド チキンの作り方

クリスマスパーテイ用に頼まれてスタッフド チキンを焼きました。鶏の中に詰め物をしてオーブンで焼くものです。出来上がりは皮が張ってピカッと綺麗なのですが、少し時間が経つとしわが出てきます、なんだか悲しいです。

Dsc08915_edited_2

鶏  2kgの物1羽

塩、胡椒

ドライベルモット  50cc

白ワイン   3/4カップ

チキンブイヨンキューブ  1/2個

溶かしバター  適宜



☆スタッフィング
(鶏の中に詰める物)

バター   大さじ2

ベーコン  2枚     細切り  

玉葱    1/2個   微塵切り

食パン   1㎝角切り  3カップ・・・切ってから広げて乾かします

パセリ    大さじ3   微塵切り

クルミ    20g     刻む

レーズン  40粒     ブランディーに漬けておく

セロリ    1本     5㎜角切り

卵      1個

牛乳     50cc

タイム    小さじ1/2

塩、黒胡椒 

<作り方>

①スタッフィングを作ります、フライパンにバター大匙1を入れてベーコンをカリッとするまで炒めて玉葱も加えて炒めてボールに取り出します。

②そのフライパンにバター大匙1を入れてパンを色づくまで炒めて①のボールに入れます。

③そのボールにパセリ、タイム、クルミ、レーズン、セロリ、塩、胡椒をして混ぜます。

④小さいボールに卵を割り入れてといて牛乳を混ぜます、これを③のボールに加えて混ぜます。

Dsc08899

⑤鶏の表と中を洗い良く拭いて表面と中に塩、胡椒して④を詰めていきます。

Dsc08906

⑥詰めたら楊枝で止めて糸を掛けます。

Dsc08910_edited

⑦天板に下記の玉葱と人参を敷いてチキンを乗せます

玉葱   1/2個  粗切り

人参   1/2個  粗切り

⑧チキンの表面に溶かしバターを刷毛で塗ってベルモット50ccを掛けて230度のオーブンで10分焼きます。

180度に下げて白ワイン3/4カップ掛けて1時間半~2時間焼きます。途中何回か溶かしバターを塗りきつね色に焼き上げます。

表面が焦げそうになればホイルを被せます、腿の下に串をさして透明な汁が出るようなら焼き上がりです。

⑨グレービーを作ります、鶏を取りだして鉄板をガスに掛け水を100cc~200cc程度入れて焦げをこそげて煮ていきます。

⑩沸騰すれば漉して脂を取り除きます、チキンブイヨンキューブを加えて溶けたら味をみて塩、胡椒で調えてください。

作っていたらとても食べたくなりましたがこれは家族が多くないと作ることが出来ない料理です、老夫婦にはチャンスが少ないというのが悲しいですね。

←作ってみようかな?と思われた方はポチリをして頂いた後で計画を建ててください。

|

« わさび漬け | トップページ | 鶏腿ソテー »

コメント

確かに、すばらしい。器といい、盛り付けのセンス。セレブと、認めざる得ません。はじめは、嫌いだったけど、実績が、すばらしすぎて、毎日、楽しみで、なんともはや、センスが素晴しい!感激です。

投稿: マユチャン | 2007年12月18日 (火) 20時22分

京都桜田に伺うおり、偶然で御影マダムのブログを拝見しました。それ以降毎日拝見しております。私たちも子供三人独立して、老夫婦二人なりましたが、マダムのように器にも気をつけ美味しく頂くようあらためて、気をつけております。が、なかなか、マダムのようにはまいりません。私も毎日、お酒、特にワインが大好きで、体重を気にしながらも、頂いております。やはり、この年になると、
美味しい物と、お酒につきるようです。

投稿: 鎌倉マダム | 2007年12月18日 (火) 20時30分

先程投稿しましたが何分にも初めてなので。

うまく投稿出来たが分かりませんが、マダムの毎日の暮らし、見習わないなとおもっております。
年を重ねたら,急がず、優雅に生きたいものです。器一つにとっても、今までしまっておりましたが、使ってこそ、器
も生きることでしょう。マダムのお料理、器これからも、お手本にさせて頂きます。


投稿: 鎌倉マダム | 2007年12月18日 (火) 20時49分

マユチャンさま
始めまして!初めは私のことがお嫌いだったそうですが認めてくださったようでありがとうございます。
自分が食べたい物、作った物をUPしているだけですが良い印象を与えることが出来なかったことは残念です。
これからも見守っていただければ幸いです。

投稿: Mikageマダム | 2007年12月18日 (火) 21時27分

鎌倉マダムさま
初めて投稿していただきまして有り難うございます。勇気を振り絞ってクリックしてくださったと感謝しております。
いつか桜田さんでお会いできることを楽しみに致しております。
器を出したりしまったりすことは面倒ですが受け継いだ物や自分たちが集めた物を偶には出して楽しむのも豊かな人生だと思います。
美味しい物と美味しいお酒を楽しんで人生を楽しみたいですね、体重を気にしながらですが。
私も日々努力して参ります。

投稿: Mikageマダム | 2007年12月18日 (火) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わさび漬け | トップページ | 鶏腿ソテー »