« イラン料理はいかが? | トップページ | 湯だめうどん »

2008年1月30日 (水)

かきの土手鍋

このところ「かきの土手鍋」が食べたくてうずうずしていたのですが家人があまり好まないので作るのをためらっていました。

Dsc09776_edited

今夜家人はお野菜とかきを3つ食べました、残りのかきは全部私が頂いちゃいました。満足です!鍋に入れる出汁はこの程度の量にしておかないと具を入れていくとあふれ出します。「少ない?」と思うくらいで丁度いい加減です。

<材料> 5人前

かき    500g

焼き豆腐  1丁

白菜     適宜

水菜又は菊菜 1束

白ネギ    1束

きのこ    適宜

糸こんにゃく 1袋(別名しらたき)

白味噌   300g (京都 山利)

赤味噌   50g  (名古屋 カクキュー)

味醂    大匙 5~6

煮出汁  4~5カップ

<作り方>

①かきはボールに入れて塩を振り、そっともみ洗いしたあと真水で洗い流します

②豆腐は16個に切ります

③糸こんにゃくは水から湯がいて水洗いし、7~8㎝に切ります

④野菜はそれぞれ切っておきます

⑤ボールに味噌を入れて良く練り合わせて、味醂と混ぜます、鍋に土手の様に塗ってだし汁を入れて火に掛けます

Dsc09772

かきは火を通しすぎると縮んで堅くなりますので、野菜を煮込んで最後に食べる分だけ入れます、ふくらんできたらだし汁と共に器に取りお好みで一味等を振りかけてどうぞ。

今朝出かけるときに彼が「もう少し体重を落としたいので今夜はお茶漬けくらいで良いから」と言いました。そらそうでしょう5日間にふぐをコースで2回も食べたのですから、体重も増えますよ。

だから今夜は心おきなく土手鍋にしたわけです。

家人のご飯のお供は塩鮭

Dsc09779_edited

高菜明太子とごま昆布(私の好きな「ふじっこ煮」です)

Dsc09778_edited

そうそう、お鍋の後の楽しみはご飯を入れて炊いたら卵でとじます。名古屋の味噌煮込みうどんにごはんがあうように、これも味噌とご飯で美味しいのです。

←寒いときにはお鍋が好きな方はポチリをどうぞお願いいたします。

|

« イラン料理はいかが? | トップページ | 湯だめうどん »

コメント

私もかきが食べたくてうずうずすることがありますが、やはり連れ合いが好まずあまり使えませんでした。(これって結構ストレス) でも別に彼用ご飯のお供を用意すれば良いんですね。良いアイディアをありがとうございます!
うちは今夜、マダムのアップされたうどんすきを参考にしてうどんすきを作りました。
そして社会人になって間もないころ、社用で東京京橋のみみ卯へ行き、生きた車海老の暴れ方に肝が潰れる思いがし、お味のほうは上の空だったことを懐かしく思い出したりしました。もっと良く味わっておけばよかった(:_;)

投稿: やまぴょん | 2008年1月30日 (水) 21時22分

恥ずかしながら「牡蠣の土手鍋」食べた事ありません。お味噌のブランドも教えて下さったのでマダムと同じブレンドで作ってみます。何事も基本が大事かと思いますので・・・いえいえ、単にミーハーなだけでございます(笑")
因みに、私は「ふじっこ煮」のしそ昆布が好きです^^

投稿: まゆ | 2008年1月30日 (水) 21時34分

やまぴょんさま
今夜は家人が土手鍋を好きになってくれるかな?と淡い期待をしていましたが無惨に崩れ去りました。駄目な物は駄目なようですガッカリ。でも好きな鮭を食べて大満足の様子でした。

投稿: Mikageマダム | 2008年1月30日 (水) 21時39分

まゆさま
かきがお好きなら土手鍋も大丈夫だと思いますが家人の様にかきが得意でない方は駄目だと思います。
お味噌は何でも良いと思いますよ、参考にと書いて置いただけですから。
後でお餅を炊いても美味しいですよ。
しそ昆布は未体験です!

投稿: Mikageマダム | 2008年1月30日 (水) 21時44分

お返事いただき感動でした。
有難うございます。
早速、雪鍋を作ってみました。大好評でした。次は土手鍋をしますね。
我が家は駅から自転車で15分ほどの距離にありまして、夕食は熱々のものが、好まれます。

投稿: りりあん | 2008年1月30日 (水) 23時00分

りりあんさま
こちらの方こそ早速にレシピをご利用頂きましてうれしいです。
寒い時期にはご家族に暖かい物をご用意して上げて下さい。ほ~っとしてそして元気が出ますよね。

投稿: Mikageマダム | 2008年1月30日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イラン料理はいかが? | トップページ | 湯だめうどん »