« 神戸サウナ | トップページ | だし巻きと大根おろし »

2008年2月12日 (火)

生わかめの酢の物

私があまり海草類が好きでは無いので食卓に上がる機会が少ないと思い、今日は生わかめを見つけて買いました。

明石の蛸と胡瓜で酢の物にしました。

Dsc08950_edited_2

鰤のくわ焼き

Dsc08951_edited_2

天気予報で雪だと言っていましたが外れました、このお皿は義母が「雪」と書いているものです。今の時期に丁度良いお皿です。

人口150万都市の神戸で毎年100本の大根を庭に干して、沢庵を漬けている友人が居ます。今朝彼女からお手製の沢庵がとどきました、鰤と共に頂くと美味しいのです。

高野豆腐とほうれん草の卵とじ

Dsc08946_edited_2

ごぼう、京人参、こんにゃくのきんぴら

Dsc08941_2

外食続きだったので今夜はカロリーを押さえた献立でダイエットビール1缶とご飯を軽く1膳にしました。

←これでも「食べ過ぎ」と思われた方はポチリをお願い致します。

|

« 神戸サウナ | トップページ | だし巻きと大根おろし »

コメント

鰤だけ食べるとだんだん口の中が甘くなります。その時、沢庵をかりっとすると口の中がすっきりするのです。その上、柔らかい鰤とかりっとした沢庵の口当たりの差が良いと思うのです。この頃は、鰤をひとつまみ口に入れ一緒に沢庵をかりっとしています。あまり甘くも、塩辛くもない、かりっとした沢庵が最高でっせ。こんな食べ方はほかの方はされないと思いますが、一度やってみてください。私はごはんを2杯も食べてしまいました。

投稿: 家人 | 2008年2月12日 (火) 23時06分

家人へ
確かに鰤と沢庵の相性は良いと思います。
ご飯を2膳は食べすぎでは?と思いましたが体重が増えていないようなので良いでしょう。
私は体重が1kg増えて、内臓脂肪レベルが4となりガッカリしています。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月12日 (火) 23時39分

鰤も沢庵も両方ご飯にぴったりですが、鰤と沢庵を意識したことはなかったです。神戸に住む祖母が毎年沢庵を漬けていたことを思い出しました。もちろん家族で食べる分だけですけれど。もうすぐ3回忌です。
私が住むアメリカでも、蛸も鰤も大概何でも手に入りますが、高いのでいつも躊躇してしまいます。でもマダムのブログを見て食べたくなったので、今日は鰤と沢庵を買いに行こうと思います。ご飯をおかわりして食べたいです。蛸は高いので、今日は胡瓜とわかめの酢の物にします。

投稿: Reiko | 2008年2月13日 (水) 07時31分

Reikoさま
おばあさまが逝かれてお寂しいですね。でも代わりに弟さまの新しい家族が増えて良かったですね。
鰤と沢庵で赤ちゃんの為に栄養を付けて下さい。体重増加にはくれぐれもお気を付けて!日本では厳しく言われているようです。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月13日 (水) 08時11分

お義母様のお手製のお皿、雪のような白地に雪という黒の文字が映えてとても素敵ですね。たしかに鰤はおいしいけれど歯ごたえがないと私も思っていました。ご家人様のアドバイス、今度実践してみます。
うちの連れ合いは山小屋で食べ過ぎたとかで、高野豆腐を食べたがりませんが(私は食べたいのにィ)、卵とほうれんそうは好きなので、卵とじなら食べてくれそうです。作り方をお教えいただけますか。

投稿: やまぴょん | 2008年2月13日 (水) 22時31分

やまぴょんさま
義母の器は私にはとても真似の出来ない素晴らしい物で大事に受け継ぎたいと思います。

実は家人も高野豆腐は給食の様だと言って好みませんでしたが年を経ると頂くようになりました。
作り方は出し汁を少し甘めに味付けして高野豆腐を20分ほど炊いて煮含めて、湯がいたほうれん草を入れて卵で綴じるだけです。
お試しください。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月13日 (水) 22時45分

鰤のくわ焼きとタクアンの食べ方を家人様の
お勧め通りにやってみました。不思議な感じで止められなくなりました。主人も最後までくわ焼きとタクアンを交互に食べていました。ユニークな食べ方を教えて頂き有難う御座いました。

投稿: よりちゃん | 2008年2月18日 (月) 00時23分

よりちゃん
鰤と沢庵の味を知ってしまえば忘れられませんよ(笑)これからは儀式のように鰤と沢庵が食卓に並ぶ様に成ることでしょう。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月18日 (月) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸サウナ | トップページ | だし巻きと大根おろし »