« 干し柿のなます | トップページ | ビーフストロガノフ »

2008年2月16日 (土)

七分粥

夜中に胃が痛んで目が覚め、薬をのみました。今まで胃腸が丈夫な事だけが自慢だったのですがどうしたのでしょう。思い当たることはチョコレートの食べ過ぎです。

今夜は家人が居ないので七分粥にして胃をいたわります、丁度ダイエットにも良いですし一石二鳥です。

Dsc09033_edited

沢庵・・・葉と刻みごまと生姜をまぜました

ごま昆布

梅干し・・・減塩の物

鰹節・・・隠し味に少しの砂糖と醤油で味を付けました

Dsc09031_edited

これらと共に美味しくいただきました。

七分粥とはお米の7倍のお水を入れて炊いた物のことです。私はこの堅さが一番好きです。

米100cc

水700cc

①米を洗ってざるに上げます

②土鍋に水と米を入れて30分置いてから火に掛けます、吹きこぼれるので蓋をしないで煮ます

③煮立つまでは強火その後は弱火で30分コトコトと煮ていきます

我が家の炊飯器でもお粥が炊けるのですがどうしても粘りが出てしまいす。手間が掛かっても土鍋で炊くとやはり美味しいのです。

体が弱っているときにこんな美味しいお粥を作っていただいたら嬉しいでしょうね、私は自分で作りましたが。。。

←最近お粥を召し上がっていない方はポチリをお願い致します。

|

« 干し柿のなます | トップページ | ビーフストロガノフ »

コメント

胃の調子はいかがでしょううか。

私も、昨日、主人が作ったパエリヤを食べ過ぎ、夜中に胃薬飲みました。これは内緒ですが。
私もご飯は土鍋で炊いております。おかゆもご飯も土鍋が宜しいようです。お大事に!

投稿: 鎌倉マダム | 2008年2月16日 (土) 20時12分

鎌倉マダムさま
お粥だけではただ今お腹が空いています。

ご主人様の手料理とは羨ましい!昨日のパエリヤは墨の問題もなく成功なさったようでね。
食べ過ぎが見つかってもご主人様は喜ばれることでしょう。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月16日 (土) 21時01分

墨は今回問題ありませんでしたが、何分にも、二人では、食べ切りません、あと、二日ぐらい、パエリアぜめでしょううね、(笑)

先日の、高野豆腐たまごとじ母が、よく作ってくれました。懐かしく、つくりました。

投稿: 鎌倉マダム | 2008年2月16日 (土) 21時44分

鎌倉マダム
美味しいお味にしようと思えば沢山の具材を入れてしまい、結局2人では余ってしまいますよね。翌日レンジでチンすれば貝類が爆ぜてしまいます。
たまに高野豆腐の卵とじを食べたくなりますが、家人は給食のようだと言います。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月16日 (土) 22時19分

こんにちは。4日前にこのブログを知り、今私はお料理の大切さを実感してます。
私は45歳で今まで何となく料理をしてきたように思います。出来ればしたくない・・との思いの方が強かったです。
でも、このブログに出会って目標ができました! あと10年、20年後、私もMikageマダムのように楽しく料理できる女性になりたい!。家族にも美味しいものを心を心を込めて作りたいと思います。
こんな気持ちになれて感謝しています。
ありがとうございます。
  まずは、料理教室に行って学びたいと思います。もしも大阪でお勧めの料理教室があれば教えて頂きたいのですが・・。

投稿: まなりん | 2008年2月17日 (日) 10時32分

まなりんさま
はじめまして!お会いできて良かったです、4日前の偶然に感謝致します。

食事は私達夫婦にはとても楽しい時間なのです。いつも真剣勝負で頂きます(危ない夫婦のようでしょ)。
残りの人生、いい加減な物は食べたくない、と言う思いが強くて1食1食を大切にしています。
お役に立てなくて残念なのですが大阪の料理教室は存じません。お店で教えている所が有りそうな感じですが。。。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月17日 (日) 11時34分

胃の具合は改善されましたか?
私も普段甘いものを食べないのでチョコは一個で充分、
胃にもたれますよね。養生なさってください。
小麦の値上がりが顕著なようですが、ホジュンという韓国のお医者様のドラマで「生まれた土地で出来たものを食べていれば病気にならない・・・」というようなお話しがありました。日本人は今こそ和食に目覚めるべき時と思うのですが。

投稿: くみょん | 2008年2月17日 (日) 13時29分

くみょんさま
胃酸過多に成っていたようで薬を飲んで良くなってきています。今は穴胡をほおばっています。
地産地消で地元の食材を使って和食を作れば体に良いと思いますが、残念なことにどうしても簡単なフライパン料理に走りがちなのでしょう。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月17日 (日) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 干し柿のなます | トップページ | ビーフストロガノフ »