« 春菜寿司 | トップページ | すずきの塩焼きと大葉酢 »

2008年2月18日 (月)

蛤潮汁

蛤潮汁・・・「はまぐりしおじる」ではなく「はまぐりうしおじる」といいます。

Dsc09068

5人前

蛤      10個

出汁昆布  5g

水       5カップ

酒       大匙 2

塩       適宜

薄口醤油   2~3滴

木の芽又はへぎ柚子、三つ葉等

<作り方>

①蛤はたわしで綺麗に洗い、2つを打ち鳴らして鈍い音がしないか調べる。澄んだ音がすれば大丈夫です

②鍋に昆布と蛤、水を入れて火に掛けます

③沸騰したら昆布を取りだし、アクを取りながら煮て、蛤の口が開いた物から取りだし器に取ります

④後の煮汁に塩、酒、薄口醤油を加えて味を調えます、お好みで旨味調味料を少々入れます、丁寧にアクを取ります

蛤に塩分が有るので味を見て塩を足します

出汁を器に注いで木の芽やへぎ柚子を吸い口に入れます。

おひな様の時には欠かせない蛤のお吸い物です、これで本格的なお味に仕上がると思います。

今は国産の蛤より韓国、済州島の物が良いそうです、今日お魚屋さんが教えて下さいました。

←3月3日のおひな様料理に作ってみようかな、と思われた方はポチリをお願いいたします。 

|

« 春菜寿司 | トップページ | すずきの塩焼きと大葉酢 »

コメント


本当に国産のはまぐりをみつけるのが難しくなってきました。

済州島のはまぐりがいいこと、意外でした。

なんでも国産がいちばんではなくなったのですね。

今の季節になると、毎年貝雛をつくりますので、済州島産を探してみます。

有難うございました。

投稿: ayu | 2008年2月18日 (月) 20時54分

ayuさま
素敵な趣味をお持ちですね。
済州島産は国産よりやや大粒ですがよろしいでしょうか。
お楽しみ下さい。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月18日 (月) 21時05分


大きな蛤は10人びな、Mサイズのは、三人官女もお揃いで5人、極小サイズのは2人びな、と大きさに合わせて仕上げます。

明日は春先取りのきれいな散らし寿司と蛤潮汁に決まりです。マダムのように美しく仕上がるでしょうか?

投稿: ayu | 2008年2月18日 (月) 23時12分

数年前ですが、お雛祭りの日に、スーパーで御年配のご夫婦が、蛤の前で、喧嘩をなさっていらっしゃいました。御主人さまは、国産の蛤を手に・・・奥様は韓国産をご覧になりながら・・見た目も、お値段もかなりの違いがありましたが・・・
国産の、立派な姿は関係なかったのですね・・・蛤の世界も韓流なのでしょうか・・
ヨン様蛤!なんて言ったら、ヨン様ファンに叱られますね(>_<)・・

投稿: ヒロコ | 2008年2月18日 (月) 23時22分

ayuさま
えっ~!!私には想像を絶する細かいお仕事の様ですね。

恥ずかしながら私はお裁縫が苦手なのです、昨日も家人にパンツのカギホックが取れかけていたのを直して貰いました(赤面ポッ)家人は編み物も得意としているほどです。

貝雛に比べればちらし寿司など簡単なことのように思いますよ。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月18日 (月) 23時25分

ひろこさま
楽しいコメント有り難うございました。
この時間に笑ってしまいました。
国産蛤って凄く高いですよね、でも実は韓流の方がお味は良いらしいですよ。参考までに。

投稿: Mikageマダム | 2008年2月18日 (月) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春菜寿司 | トップページ | すずきの塩焼きと大葉酢 »