« 牛肉とバジル炒め | トップページ | 家族との晩餐 »

2008年3月28日 (金)

若ごぼうのきんぴら

今が旬の「若ごぼう」は日本国中何処でも有るのでしょうか?売っているときは、一見蕗の様に見えますが根っこが突いているところが、見た目の大きな違いです。

若ごぼうのきんぴら

Dsc09916_edited_2

<材料>

若ごぼう   1束

酒       大匙3~

味醂      大匙3~

薄口醤油   大匙3~

砂糖      小匙1~

<作り方>

①若ごぼうの根を切り落とします、鍋の大きさに切って葉と茎を塩湯がきします。 

②太いところは筋が有れば取ります(蕗より筋が少ないです)、3~4センチ長さの斜め切りにします。

③葉は4~5㎝幅にきり水気を絞ります。

④油で炒めて調味料を加えて汁気が無くなるまで炒めます。

お店で若ごぼうを見かけたならチャレンジなさってみては如何でしょうか、春の香りが楽しめます。

←どんな味かな?と思われた方はポチリをどうぞお願いいたします。

|

« 牛肉とバジル炒め | トップページ | 家族との晩餐 »

コメント

こんばんは!

若ゴボウとは、初めて聞きます。
新ごぼうは、こちらではでますが、葉まではありません。初めて見ます。まさか、ゴボウの葉が食べれるなんて、、。驚きです。

投稿: 鎌倉マダム | 2008年3月28日 (金) 21時09分

鎌倉マダム
やはり関西限定なのでしょうか?調理する前の写真が有れば良かったですね。蕗に似ているのですよ、葉ごぼうとも言います。
もし見かけられたらお試しください。

投稿: Mikageマダム | 2008年3月28日 (金) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牛肉とバジル炒め | トップページ | 家族との晩餐 »