« 男雛と女雛の飾り方 | トップページ | 北新地チョコレート »

2008年3月 3日 (月)

蛤の椀、蕪すり流し

おひな様のお料理で蛤のお吸い物は定番ですが,今日は少し上等のお椀で蕪のすり流しです。

Dsc09387_edited

少し失敗しました、お魚屋さんに蛤を6つお願いするべき所を4つしか注文しなかったのです。お椀の中に蛤が寂しそうに入っています。

家人は「これ美味しい!」と言ってくれました、本日の1番だったようです。

お造り・・・本マグロとひらめ

Dsc09378_edited

水菜と豚の辛し和え

Dsc09376

豆腐の木の芽田楽

Dsc09384

蒸し寿司

Dsc09390_edited

蕪すり流し

<材料>   5人前

蛤      15個

蕪      小2個~

水       4カップ

昆布      10g

酒        大匙3

旨味調味料   少々

葛        大匙1~

水        大匙1~

木の芽     適宜

<作り方> 

①蛤はブラシで良く洗って鍋に昆布、水、酒と共に入れて火に掛けます

②蛤の口が開いた物から取りだし昆布も出します、出汁を漉します

③蛤は身を外しておきます

④蕪は厚く皮を剥いてすり下ろして少し水気を切っておきます

⑤出汁を火に掛け塩加減をしてお好みで旨味調味料を加えて、葛の水溶きで濃度を付けます、そこへ④の蕪を加えて一煮立ちさせます

⑥椀に蛤の身を入れて出汁をはって木の芽を乗せます

神戸は今年初めて黄砂が来ました。山と空の境目が判らないくらい靄っていましたがお昼から雨が降り、ましになりました。自然の力は凄い!と感心しました。

←今夜のおひな祭りにポチリをどうぞお願いいたします。

|

« 男雛と女雛の飾り方 | トップページ | 北新地チョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男雛と女雛の飾り方 | トップページ | 北新地チョコレート »