« 陶器の修復完成 | トップページ | 新築宅の夕食 »

2008年4月18日 (金)

絹さやの卵とじ

高野豆腐と絹さやの卵とじ

Dsc09806

絹さやが出回るこの時期は高野豆腐と絹さやの卵とじを作りますが今夜は新玉葱も入れてみました、甘くて美味しくできました。これも良いと思います。

焼き穴子と胡瓜の酢の物

Dsc09802

この器の為に少し奮発して良い焼き穴子を買い求めました。それに値する器だと私は思うのです。

鯨の刺身

Dsc09803

見た目が綺麗なので買いましたが、お味も良い宮城県で採れた鯨でした。

小松菜と絹厚揚げの煮物

Dsc09797

のどぐろの一夜干し

Dsc09809

今夜のメインです、気を付けて失敗しないように上手に焼くことが出来ました、ホッ。瀬戸内海では捕れないのどぐろはこちらでは高価なのです。

←干物の盛りつけは皮目が上だと思うのですが・・・同感の方はポチリをお願いいたします。

|

« 陶器の修復完成 | トップページ | 新築宅の夕食 »

コメント

すみませんマダム、我が家は干物の開きになっているものは身を上においています。
さんまや塩鯖は皮目がうえですが、我が家も今晩はつぼ鯛の開きを焼いたので身を上におきました。どうなんでしょう?

投稿: どど | 2008年4月18日 (金) 22時22分

どどさま
私の知る限りでは焼き物は頭が左で皮目が上だと思います。以前は海背川腹と言い腹身の置き方も厳しく言っていましたが最近は言わないようです。
関西で皮が下の物は鱧と鰻等の長いもののように思うのですがどうなんでしょうね。

投稿: Mikageマダム | 2008年4月18日 (金) 22時39分

マダムこんばんは

お魚をお皿に乗せるとき皮が上とずいぶん昔にお稽古で習いました
そのときの先生もオカシラは左です
なのでずっとオカシラ(目ダマ)は常に左にしてました
皮がパリっとしているところが食欲増進だったりして・・・

投稿: trintrin | 2008年4月18日 (金) 23時01分

trintrinさま
そうですよね~sign01良かった。これからも皮目を上にしていきます。

投稿: Mikageマダム | 2008年4月19日 (土) 07時52分

すみません、私も普通の焼き魚、煮魚はお頭が左で普通に盛り付けますが、干物の開きだけは(開いていないものは別)お頭が左ですが、身のほうを上におきます。旅館の朝ごはんなどでは開きはこのように置いてあるところがあって私も昔からしてました。一度調べてみますね。

投稿: どど | 2008年4月19日 (土) 15時35分

どどさま
開きでは地方色が有るのかもしれませんね。これからは気をつけてみます。

投稿: Mikage マダム | 2008年4月19日 (土) 21時22分

はじめまして。
毎日、楽しみに見せていただいております。

干物の盛り付け方ですが、焼き魚は皮目が上、というのが基本ではあると思います。
が、開きについては、開いた身の表面部分が、干されている工程で空気と光に触れることによりアミノ酸が増え、一番おいしい部分であることを以前テレビの情報で知りました。
盛り付けるときに、それが下になりますと、水分でべチャッとなりおいしさが落ちるような気がします。
正しいマナーはあるでしょうが、お家で頂く分には身が上のほうがおいしくいただけるのではないかしら?と思います。

ちなみに我が家でもおいしい部分を最初に食べれるように身を上にして盛り付けております。

マダムのお料理、いつも参考にさせていただいております。これからもおいしそうで美しいお料理のお披露目を楽しみにしております。

投稿: けろちゃん | 2008年4月20日 (日) 10時31分

けろちゃんさま
はじめまして!
美味しい身の方が下になるとべちゃっとするという意見は成る程!と納得しました。お聞きして良かったです。胸のつかえが取れたようです、有り難うございました。

投稿: Mikageマダム | 2008年4月20日 (日) 16時27分

けろちゃん様
おはようございます。
どどです!!投稿ありがとうございます。
私もなんだかすっきりとしました。
私も間違いではなかったのですね、でもけろちゃんさんがおっしゃっている内容は科学的でわかりやすく、身を上にする意味がよくわかり、本当にありがとうございました。
マダムもありがとうございました。

投稿: どど | 2008年4月22日 (火) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陶器の修復完成 | トップページ | 新築宅の夕食 »