« 長浜ラーメン | トップページ | 長府庭園 »

2008年6月 9日 (月)

海峡ビューしものせき

2泊目は友人が準備してくれた「景色がご馳走」と彼女が言う国民宿舎でした。私達は海の近くで育ったので一際海が好きなのです。

P1010128

部屋の前に関門海峡が広がります、いつまで見ていても飽きません。

P1010131

午前中は特に漁船と貨物船、タンカーなどが狭い海峡をラッシュのように沢山通ります、大きな船が汽笛を鳴らして漁船に危険を知らせて移動させます。事故が起きないことが不思議なくらいの数です。

友人は山口からここまで車で来ていたので荷物の整理をしたら車で門司港まで行き車の中から見物しました。

5時半から入った大浴場からの眺めも最高です、露天風呂もサウナも何処も貸し切り状態でご機嫌でした。

7時からの夕食タイムです。

特牛(こっとい)の活けイカ

P1010134

お勧めだけあり大きくて甘くて美味しいのです、博多より良かったですね。

ゲソの天ぷら

P1010136

ふぐや関鯵の姿造り等お魚は最高です、海を見ながらの美味しい食事は興奮状態で飲んで食べてしていたので写真を撮ること等忘れ去っていました。

翌朝は朝食を抜いて唐戸市場まで出かけて早目の昼食です。

←益々活けイカを食べてみたくなった方はポチリをどうぞお願いいたします。

|

« 長浜ラーメン | トップページ | 長府庭園 »

コメント

以前、特牛に泊まりました。魚の美味しい所です。地元のふぐは美味ですよ。マダムの好きなかまぼこの産地の近くです。こっといと読めなかったので覚えています。先日、唐戸市場に行きました。そこからの海峡の眺めも良いですよ。昼は、回転すしですか。お昼は大変混雑するので、少し遅めに行きました。海は良いですね。私は、フェリーに乗るのが好きで、フェリーを毎日、ベランダから双眼鏡で観ています。下関の明太子もうまいですよ。

投稿: 神戸のイルカ | 2008年6月 9日 (月) 21時18分

神戸のイルカさま
特牛でこっといとは読めませんね。
私の行動を読まれているようですね、その通り唐戸市場で回転寿司でしたhappy02
たこフェリーにも乗られましたか?

投稿: Mikageマダム | 2008年6月 9日 (月) 22時20分

たこフェリーには、乗っていません。以前は、道路公団の航路で公団フェリーと呼んでいました。たこフェリーとは、良い名前ですね。企業努力を感じます。橋が付いても、利用客は多いようです。淡路フェリーや甲子園フェリーにはよく乗っていました。九州航路には、かなり乗っています。

投稿: 神戸のイルカ | 2008年6月10日 (火) 16時45分

神戸のイルカさま
新門司~神戸、神戸~高松、たこフェリーで岩屋~明石などに乗りました。
フェリーに乗ると興奮して眠れないのですwobbly

投稿: Mikageマダム | 2008年6月10日 (火) 16時58分

船旅が好きです。瀬戸内海の航路は穏やかでいいですね。来島海峡の流れや、明石海峡や関門海峡のクルーズが好きです。以前は、フェリーの衝突や転覆の事故を復旧する仕事をしていました。大型フェリーを転覆から、生き返らせたりもしました。それほど好きです。私も、フェリーに乗ると興奮して眠れません。エンジン音と波の音が心地よいので、ウトウトはしますが。

投稿: 神戸のイルカ | 2008年6月11日 (水) 05時29分

神戸のイルカさま
フェリーがお好きなのはその様なお仕事をなさっていたからなのですね。
大きな船をどのようにして生き返らせるのか?想像が付きませんwobbly

投稿: Mikageマダム | 2008年6月11日 (水) 07時57分

潜水夫が海に潜って、穴の開いた船底を溶接で塞ぎます。そして水抜きをして、大型クレーン船で吊り上げて、ドッグに入れて修理します。オイルが海に漏れないようにするプロも神戸にはいます。船を生き返らせるのは、神戸に生まれた私の趣味です。飛行機の事故も処理したり、工場の事故を復旧したりしています。でも、料理と美味しいものを食べるのが大好きです。全国飛び回っています。でも、自宅の料理が一番です。マダムの料理と家内の料理が良く似ています。私の留守には、家内はマダムのブログを過去に遡って観ているようです。

投稿: 神戸のイルカ | 2008年6月11日 (水) 22時09分

神戸のイルカさま
海の中での溶接?不思議です。オイルを漏れなくする術が有るのですね!そういう技術者の後継者は育っているのでしょうか?心配です。
美味しい物を食べる喜びは格別ですね。
奥様!これからもどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: Mikageマダム | 2008年6月11日 (水) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長浜ラーメン | トップページ | 長府庭園 »