« 鱧ずくしの夕食 | トップページ | きじの卵で卵掛けご飯 »

2008年6月17日 (火)

海老しいたけのフライ

原木椎茸と活け川津海老が揃ったので海老椎茸のフライにしました、淡路の玉葱も揚げました。

P1010317_edited

デラウェアーのみぞれ和え

P1010320_edited

明石産焼き穴子、胡瓜甘酢和え・・・わさび醤油で頂きます。

P1010322_edited

小松菜お浸し

P1010308_edited

えのきの辛し明太子和え

P1010312_edited

海老しいたけのフライの作り方

<材料>

椎茸

海老

玉葱

片栗粉

玉子

小麦粉

パン粉

<作り方>

①海老は頭を取って皮を剥いて荒く刻みます

②玉葱少々をみじん切りにして海老と混ぜ、塩、胡椒、溶き卵(少量)、片栗粉を混ぜます

③全ての椎茸の軸を取りヒダの方に刷毛で片栗粉を付けて海老を乗せてもう1枚の椎茸で蓋をします

④小麦粉、溶き卵、パン粉の順に付けて油で揚げます。

ケッチャップとウスターソースを混ぜた物に辛子を加えてソースにします。

お昼間は友人が持ってきてくれた本を読んでいました。新聞の新刊紹介で今東光さんの件(くだり)を読んで面白そうだな!と思っていた本だったので嬉しかったです。

P1010326_edited

昨日はスパへ行って4時間居ましたそのうち岩盤浴のフロアーに2時間居たせいなのでしょうか今日は体重が減少してしまいました、昨日のお昼に頂いたきのこスンドゥブです。

P1010289

これを食べて入浴してから岩盤浴へ行くと体の中と外から暖めるのでみるみる間に発汗します。お肌も綺麗になり気分爽快です。

←スパ好きのかたはポチリをどうぞお願いいたします。

たぶん明日には体重が戻っていることでしょうが今夜は安心してフライを頂きました。

|

« 鱧ずくしの夕食 | トップページ | きじの卵で卵掛けご飯 »

コメント

今夜はまた、家庭の味という感じでいいですねーhappy01
えのきの辛し明太子和えは、湯がいたえのきを出し汁で延ばした辛子明太子で和えるのでしょうか?どちらも大抵冷蔵庫にあるので、もう一品欲しい時にピッタリですね。

投稿: やまぴょん | 2008年6月17日 (火) 21時54分

こんばんは。
手間のかかっている椎茸もさることながら、
その淡路の玉葱も食べてみたい!です。
みぞれ和え、レシピを拝見しました。
旨み調味料で酸味が穏やかになる感じでしょうか?
涼しげで魅力的です。早速作ってみようと思います。 
私も新聞を読んでその本を読みたいなあって思っていました。
今、『カラマーゾフの兄弟』(重いですぅ)を読んでいるので
その後のお楽しみです。
 

投稿: ami | 2008年6月17日 (火) 22時45分

やまぴょんさま
我が家の冷蔵庫にもえのきと明太子が有ったので、鍋に少しの出し汁、酒、薄口醤油とえのきを入れて煮てから明太子を加えて絡めました。簡単なのに家人は美味しいと申しましたgood

投稿: Mikageマダム | 2008年6月17日 (火) 22時55分

amiさま
みぞれ和えは涼しげで不思議なお味です。
「カラマーゾフの兄弟」とはギャップが有りすぎる本なので1ヶ月ほどしてからお読み下さいhappy01

投稿: Mikageマダム | 2008年6月17日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鱧ずくしの夕食 | トップページ | きじの卵で卵掛けご飯 »