« 冷やし茶碗蒸し | トップページ | 生春巻きのタレ »

2008年7月29日 (火)

鰻の白焼き

土用にうなぎを頂けなかったのが心残りで、今日はお魚屋さんにお願いして鰻を白焼きにして焼きたてを持ってきていただきました。

鰻の白焼き、わさび醤油

P1020383_edited

四万十川の天然鰻をお店で焼いて下さいますが家人が帰る頃には冷えてしまっているのでもう一度網で皮の方だけ焼きます、そうすると皮がパリパリになりとても美味しくてどうしても冷酒が進んでしまいます。

お酒を楽しんだ後家人は蒲焼きのタレを掛けてご飯と共に食べていました

お刺身で食べられるという新鮮な鶏の胸肉を買いましたがこの暑さですから湯がいてきゅうりと梅肉和えにしました。

P1020377_edited

鶏胸肉、きゅうり、茗荷、大葉を梅肉、煮きり酒、味醂、薄口醤油で和えました

鯵のカレーマリネ・・・小麦粉2:カレー粉1の割合に鯵をまぶして油で揚げます。

P1020379_edited

玉葱、カラーピーマンを炒めて鯵と共にマリネ液(オイル2:酢1、塩)に浸けます。

新蓮根を歯触り良く炊きました

P1020376_edited

我が家は新蓮根が好きでこの季節必ず頂きます。

湯がいたオクラが余ったので辛し和えも作りましたが写真は有りません。

家人の誕生日祝いのコメントを沢山頂きまして彼は大変な感動とそして感謝を致しております。皆様に有り難うと私から伝えて欲しいと申しております、彼に成り代わりましてshine皆様本当に有り難うございますshine

←今日もすっきりしないお天気だった地方の方はポチリをどうぞお願いいたします。

|

« 冷やし茶碗蒸し | トップページ | 生春巻きのタレ »

コメント

鰻の白焼きをわさび醤油って、美味しいですよね。
新蓮根、サクサクという音が聞こえてきます。
マダムが、大雨の被害が最小限で済みますように・・・とおっしゃっていらっしゃいましたが、悲しい情報がテレビから流れてまいりました・・・私の実家も湘南の海近くなので、夏になると水の事故がおこりまが・・・特に、子供達の事故には心が痛みます。
最近の、気象は今までの私達の知識の範囲を凌駕しているので、本当に怖いです。温暖化のせいなのですかね。
エコ・・協力しているつもりですが・・・今日も、あまりの暑さにエアコンつけてしまいました。熱中症とエコ・・難しいですね。

投稿: ヒロコ | 2008年7月29日 (火) 23時20分

おはようございます。
関西では、大雨と雷・・・ニュースで見て、とても心配しています。そちらは、大丈夫ですか??
福岡は、雨が降らないで、農家の方は困っているぐらいです。夕立でも来てくれたら、少しは涼しいだろうに・・・。

鰻の白焼き、とってもおいしそうですね!蒲焼もいいけど、これはさっぱりとそして鰻の脂のコクを味わえそうですね♪
日本酒も進むことでしょう(笑)!!!
蓮根を煮る時、いっつも味が染み込むまで・・・と思って、結局、とてもやわらかくて芋かな?と思うぐらい歯触りが消えてしまいます(涙)

投稿: c-co | 2008年7月30日 (水) 06時28分

ヒロコさま
昨夜もお酒を頂きすぎて朝まで目が覚めませんでした。
事故を予言していたようで自分が怖くなりました。地球温暖化の影響で想像できないことが起こりますね。
エコと快適な生活の兼ね合いが難しいですね。

投稿: Mikageマダム | 2008年7月30日 (水) 07時44分

c-coさま
我が家に被害は無かったのですが近くの避雷針に雷が落ちてとても怖かったです。
鰻の白焼きは大人の味です。
蓮根は中心の色が変わったら火を消して出し汁に浸けて味をしみ込ませました。芋?は辛いですね。

投稿: Mikageマダム | 2008年7月30日 (水) 07時49分

ウナギ大好きです。来週は博多・熊本へ行く機会があるので、柳川の若松屋の白焼きを食べてみようかなと、思いました。本吉屋本店のセイロ蒸しも好きですが、白焼きは、さっぱりして元気が出る食べ物です。我が家では、印旛沼の石橋のタレを送ってもらって、冷凍して、白焼きを買ってきて、そのたれで蒲焼やうな重にします。ウナギは、タレが命です。もちろん白焼きは、醤油でさっぱりと頂きます。

投稿: 神戸のイルカ | 2008年7月31日 (木) 05時52分

神戸のいるかさま
鰻は焼いている臭いに引きつけられます。
タレとご飯も良いし白焼きとお酒も良いしとまよってしまいます。今回私は白焼きとお酒でした。

投稿: Mikageマダム | 2008年7月31日 (木) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷やし茶碗蒸し | トップページ | 生春巻きのタレ »