« 25日のポインセチア | トップページ | 和風チャーハン »

2008年12月26日 (金)

残念なクリスマスディナー

クリスマスディナーは友人達夫妻と6人で一緒にイタリアンレストランです。

写真: p1050778

HPを見て写真が美味しそうだったので私が選びました、そして友人達がお付き合いしてくれることになりました。

家人が一度行ったことがあるのですがその時には最後のステーキの塩分が強くて食べれなかったと聞きました。

写真に惹かれてそれでも尚かつそのお店を選んだ私です。

メニューを見て少し不安ながらコースを頼みました、最初の料理のスモークサーモンが臭うのですdespair

次々出てくる料理の塩分がやはり強いです。

アンコウとあん肝の料理はお皿を出された途端生臭くて、直ぐにフォークを置きました。早くお皿を下げて欲しいと思うほどでした。

みんなが残していればサービスの人が気づいて何か聞くと思うのですが、何事も無かったように淡々と料理が残ったお皿を下げるのです。

自分たちの店の料理に自信を持って提供していればそんなに流して済む問題では無いと思います。

お店を出て不満を引きずりながらお口直しにお酒を飲みに行きました。

写真: p1050780

ハーレーがドンと置いて有るお店でソルティードッグ等飲みながらおしゃべりを楽しみました。

お店を出ると世間はクリスマスで浮かれていて不況とは関係無い様に思いました。

←期待はずれのお店に遭遇したことが有る方はポチリをどうぞお願いいたします。

|

« 25日のポインセチア | トップページ | 和風チャーハン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 25日のポインセチア | トップページ | 和風チャーハン »