« ぼたん鍋 | トップページ | 今日のお野菜 »

2009年1月31日 (土)

貝柱と海老のジュレ掛け

写真: p1060461_edited

<材料> 4人前

活け車エビ  4尾

貝柱(大)   2個

菜の花     1束

うど       12㎝

だし汁      300cc

粉ゼラチン   1袋(使うのは半分のみ)

味醂

<作り方>

①海老は頭と背わたを取りしっぽから竹串を刺します、塩熱湯に入れて軽くゆびきして(表面の色が変わって中は生の状態で)氷水に取ります。

②串を抜いて皮を剥きお腹から開いて横2つに切ります。

③貝柱は1つを4枚に切り5秒湯引きにして氷水にとり冷めたら取り出します。

④菜の花は花だけにして塩湯がきして氷水です、ザルに上げます。

⑤うどは厚く皮を剥き縦2~3ミリにスライスしたら酢水に取ります。

⑥粉ゼラチンは水を加えてふやかして置きます。

⑦出汁300cc・酢・塩・味醂を入れて良い味付けの加減酢に成れば一部(50cc位)をボールに取っておきます。

⑧残りの加減酢を鍋に入れて火に掛けゼラチンの半分程加えて溶ければ冷まして冷蔵庫で冷やします。

⑨貝柱・海老・を一度⑦の酢に通してから器に菜の花・うどと共に重ねて盛りつけます、ジュレを掛けて出します。

この料理はおひな様の時に役立ちます。

⑧まで下準備をしておけばお客様にお出しするときに時間が掛からず料亭の様な1皿が出来上がります。

←お役に立ちましたらポチリをどうぞお願い致します。

暖かいお部屋ならジュレが溶けやすいのでご注意を!

|

« ぼたん鍋 | トップページ | 今日のお野菜 »

コメント

丁寧なレシピありがとうございます。
こういうお料理大好きなんです。

甘い活け海老、貝柱、うどの白さ歯ざわり、菜の花の緑ほろ苦さ、まさしく彩りといいお味といい「春隣り」、やっぱり和食が一番です。
これは女性好みの品のいい一品なので、マダムがおっしゃるようにお雛様メニューにぴったりですね。

マダムのおかげで久しぶりに我家でお友達ランチをしたくなりました。漆のお弁当箱でも出して、染付けの桜の小鉢は早いかしら・・・

ちょっと元気がない時も、マダムのレシピに刺激されてまたお料理の意欲が出ます。
おかげでわくわく、早速次のお楽しみを考えるとしましょう。

投稿: ローズマリー | 2009年2月 1日 (日) 11時19分

ローズマリーさま
こう言った手間のかかるお料理を気に入って下さる方は少ないと思っていましたがコメントを頂き嬉しいです。
器を選んで手作り料理をお出しになさればお友達はお喜びでしょうね。
気付け薬のようなブログをこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: Mikageマダム | 2009年2月 1日 (日) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぼたん鍋 | トップページ | 今日のお野菜 »