« 木のこと海老のマリネ | トップページ | 野菜を沢山の夕食 »

2009年4月11日 (土)

豆腐の木の芽田楽

毎年義母と一緒にお花見をして柿ノ本神社の茶店で木の芽田楽を頂くのが恒例です。

日本標準時の日時計が有る明石天文科学館の北隣です、向こうには明石大橋と淡路が見えます。

写真: p1080203_edited

女性が腰掛けてるのが日時計です。

名物の木の芽田楽600円です。裏にまで木の芽味噌が塗ってあります、昔と変わらないお味が嬉しいです。

写真: p1080200_edited

定食は1300円です。今年はイカナゴが捕れなくてお値段が高騰したので献立に入っていませんでした。

写真: p1080201_edited

仕事帰りの息子が合流して一緒に食べました。孫はお絵かきのお稽古なので若奥は来れませんでした。

昨日の夕刊にここの木の芽田楽の写真が出ていました、その効果でしょうか?やはり人が並んでいました。幸い家人が予約をしていてくれたのでお席が準備されていて義母を待たさずにすみました。

89歳の義母はご飯以外は完食です。元気の源は食べる事でしょうね。食後魚の棚へ行って買い物をしたいと言うことで連れて行くとかまぼこや佃煮、お酒を買っていました、今夜晩酌を楽しむ事でしょう。

←美味しい木の芽田楽にポチリをどうぞお願い致します。

|

« 木のこと海老のマリネ | トップページ | 野菜を沢山の夕食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木のこと海老のマリネ | トップページ | 野菜を沢山の夕食 »