« スペイン バル「Sabasuke」 | トップページ | 筍の刺身と梅肉和え »

2009年4月 3日 (金)

筍の湯がき方

兵庫県では先月末から筍が採れだしたそうで早速お取り寄せしました。

太市(おおいち)筍組合から4kg送って頂きました、昨日の朝掘り出した物が6本入っています。

写真: p1070950_edited

外の皮を2~3枚剥いてたわしで洗って土を落とし穂先を斜めに切り落とします、火の通りが良いように縦に包丁目を入れます。

写真: p1070952

寸胴鍋に並べて入れてたっぷりの水を張りぬかと鷹の爪を加えて落としぶたをして強火に掛けます。

この状態では筍が浮いていますが落としぶたをしたら漬かります。

写真: p1070953

沸騰したら中火にして30~40分湯がいて火を止めてそのままさましておきます。

朝9時半に届いて準備して湯がき終わるのが11時前でしょう、夕方英語のレッスンから帰るのでそれまで放置しておきます。

←筍が好きな方はポチリをどうぞお願い致します。

|

« スペイン バル「Sabasuke」 | トップページ | 筍の刺身と梅肉和え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スペイン バル「Sabasuke」 | トップページ | 筍の刺身と梅肉和え »