« 干し柿と大根の胡麻酢和え | トップページ | オイルフォンデュ »

2010年2月26日 (金)

貝柱の中華風

お刺身用の大きな貝柱を軽く1~2分蒸して中華風に仕上げました。

生姜・ネギ・香菜に熱した胡麻油と醤油で味付けました。

P2266129_edited

蒸す事で帆立貝の甘みが際立ってとても美味しくなります。

せりの白和え、こんにゃくと金時人参も加えました。

P2266122_edited

サーモンの南蛮漬け

P2256109_edited

若布・きゅうり・ちりめんじゃこの酢の物

P2266120_edited

高野豆腐と芹の卵とじ

P2266128_edited

一日中シトシトと雨が降っていた神戸です。

英語のレッスンの帰り三宮の「いかり」へ買い物に行きました。今まで見たことの無いほど長い(30㎝以上)香川県産のアスパラガスが一本売りされていました。

折角の長さを生かすために切らずに湯がきたいな~そんな大きなお鍋は無いし~それにしても1本250円以上は高すぎる・・・等と思いながら見ていました。

横から手が伸びてその女性も長いアスパラガスを見てらっしゃいました、思わず私は「凄いですよね!」と声を掛けてしまいました、「本当に!」と答えて下さった方をふっと見ると母の後輩の方でした。

しばし立ち止まって母の思い出を懐かしそうにお話しして下さいました、思わぬ所で嬉しい出会いが有りました。

←野菜と魚介類の美味しい献立にポチリをどうぞ御願い致します。

|

« 干し柿と大根の胡麻酢和え | トップページ | オイルフォンデュ »

コメント

こんばんは!

嬉しい、出会いをなさったのですね(*^_^*)
そんな出会いの、お話を伺うだけでも心が暖かくなる心地が致します。殺伐とした時代になってしまいましたから・・・

投稿: ヒロコ | 2010年2月26日 (金) 22時11分

ヒロコさま
私が母にそっくりに成ってきたと言われました、今私は母が亡くなった時の年齢以上に生きていますthink
何か複雑な思いです。

若くて無くなった方は美しいイメージが残っていますね、残された家族は辛いですが・・・
ご主人様も同じくそうだと思います。

投稿: Mikageマダム | 2010年2月26日 (金) 22時36分

早くにお母様を亡くされたのですね?
私の母も私的には早く亡くなったと思うのですが、、、、やっぱり辛いですよね。
お母様に似てこられて、声をかけた方がきっと驚かれたでしょうね?そばでお母様がおられたかも、、、ですね
高野豆腐の卵とじ、、、興味深々です。。。
高野豆腐嫌いだったのですが、最近は作ってみようと言う気持ちになっております。。とても美味しそうです。rain

投稿: ボンちゃん♪ | 2010年2月26日 (金) 23時23分

マダム
お久ぶりです。 貝柱の中華風 とても美味しそうです。 お魚で こうした中華風のお料理は時々作りますが 貝柱は思い立ちませんでした。私は貝柱が大好きですので 早速作ってみますね。 高野豆腐もしばらく作っていませんが お野菜と一緒に煮るのも良いですね。 

投稿: じゅんこ | 2010年2月26日 (金) 23時44分

ボンちゃん♪さま
母は54歳で逝ってしまいました。社会に貢献していた人なので葬儀には600人以上の方がお見えになり、そこで初めて私は母の偉大さを知ったという悲しい出来事が有りました。
そんな母は出来の悪い私の傍に居てくれたのかも知れませんね。

私も高野豆腐が苦手だったのですが高野豆腐の箱に書いて有る通りに作ってみたら美味しく思えて、それから作るようになりました。
一度お試しに成ってはいかがでしょうか。

投稿: Mikageマダム | 2010年2月26日 (金) 23時48分

じゅんこさま
そちらはまだお寒いでしょうがお元気ですか?
お魚より貝柱は手軽で頂きやすいです。
蒸し時間は大きさにも依りますが強火で1分位を目安になさって下さい。
表面がやや白くなったところが食べ頃のようです。
家人は高野豆腐の料理は給食をイメージするらしくあまり好みませんcoldsweats01

投稿: Mikageマダム | 2010年2月26日 (金) 23時56分

昔、給食に高野豆腐の卵とじがありましたので、思い出してしまうので、何となく沢山食べられないだけです。絹さやととじるのも美味しいです。

投稿: 家人 | 2010年2月27日 (土) 17時28分

こんばんは。
家人さんの注釈的コメントに思わず笑って!しまいました。
給食をはじめ、食べ物とのファーストコンタクトって大事ですねえ。
わたしは青背のお魚に幼少時じんましんが一回でたせいで、いまだにドキドキと食します。
そうマダムおすすめの銀座のお鮨やさん、会社から近いので今度ぜひいってみたいです。
江戸前おまかせの「よ!真打ち」みたいなコハダに、実はどきどきしてるなんて・・・
人には言えない内緒であります。

投稿: 新米シェフ | 2010年2月27日 (土) 22時23分

新米シェフさま
家人も結婚当初は青背のお魚が苦手でしたが今では全く大丈夫です。
コハダの新子は江戸っ子必須だそうですね。
私は未経験ですがいつかデビューしたいと思っています。    

投稿: Mikageマダム | 2010年2月27日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 干し柿と大根の胡麻酢和え | トップページ | オイルフォンデュ »