« 今日の朝ご飯 | トップページ | 鶴橋「冷麺館」 »

2010年6月19日 (土)

お食い初め

生後100日目には少し早いのですが皆の都合上今日孫のお食い初めをしました。

P6198481_edited

Cid_e3722f8ac76a48de98371bf14a694_2

息子のお食い初め以来37年ぶりに倉庫から祝い膳を出してきました、これは大正14年に私の父が使った物で本日の孫で3回目のお披露目になります。祝い膳は男子は朱塗りで女子は黒と決まっています。女子は代々母親の紋を継ぐので食器に紋が付いていますが男子は使う子供によって紋が違うので食器に紋が付いていません。

男子は父方のおじいさまに抱かれてお赤飯・吸い物・お赤飯・煮物等と順次お箸を付けて口に運んで貰います。今回祝い鯛を準備出来ませんでしたがあれば豪華なお膳となります。

歯固めの石もお膳に置いています、これもお箸に触れて口に添えます。

お相伴する私達は・・・鱧ときゅうりの酢の物

P6198492_edited

鱧とじゅんさいの椀物・・・梅肉・軸三つ葉・へぎ柚子

P6198501_edited

お造りは鰹・おこぜ・いか

P6198484_edited

炊き合わせ・・・栗マロンかぼちゃ・鶏丸・茄子・三度豆

Cid_79d95b1f57744860b742a2ba6e1582e

お赤飯と香の物・・・きゅうり・お沢庵・奈良漬け

P6198488_edited

デザートは「ダニエル」のケーキ

P6198506_edited1

皆に祝って貰い幸せな孫です、若旦那のお父様が用意して下さったケーキに書いて有るように元気で育って欲しいと思います。

記念に手形を取りたいと娘が石膏を用意しましたが孫は手をグーrockにしたがるので上手くできませんでしたshock

一歳のお誕生日頃が時期的に良いかも知れません。私も子供達の1歳の時に手形と足形を陶板で作りましたが焼き上がると一割程小さく成るのでリアルさに欠けると思った記憶が有ります。

←日本の伝統を守って行きたいと思う我が家にポチリをどうぞ御願い致します。

|

« 今日の朝ご飯 | トップページ | 鶴橋「冷麺館」 »

コメント

無事にお食い初めをご家族さまでお迎えになりおめでとうございます。
元気にお育ちになる事と思います。

どこの料亭で?と思いました。
由緒のあるお膳で、、皆さんに囲まれてすくすくと育っていかれるんだろうなって思います。
古いものほど、塗りの色が今のとは全然違いますね。とってもきれいに保存されていますね。

投稿: ボンちゃん♪ | 2010年6月19日 (土) 22時16分

今晩は。
わあ!雅なお食い初めのお膳ですね。大正からとは…時を重ねたものはいっとう贅沢ですね。

投稿: 新米シェフ | 2010年6月19日 (土) 22時20分

ボンちゃん♪さま
料理の下準備をして娘宅で仕上げました。
このような物で有ればいつでも仕出しのご用命をお受け致しますhappy01

37年ぶりに見る祝い膳は新品同様に見えました。

投稿: Mikageマダム | 2010年6月19日 (土) 22時33分

新米シェフさま
今日祝い膳の包みを開けると37年前に祖母が綺麗に和紙にくるみ収納してくれていた姿のままでした。
今は亡き私の好きな人達がこの祝い膳に触れていたかと思うと何とも言えない感情がこみ上げてきました。
孫は皆の思いを汲んですくすくと育っていってくれれば嬉しいです。

投稿: Mikageマダム | 2010年6月19日 (土) 22時43分

こんばんは。

お孫様のお食い初め、おめでとうございます。

37年前のお食い初めの食器、
本当に新品同様で素晴らしいですね。
収納時のお手入れの良さが偲ばれます。

マダムのお心のこもったお料理も
今日の宴に華を添えていらっしゃいますね!

我が家の長男のお食い初めの時に
亡き父が初めての男の子の孫ということで
それはそれは嬉しそうに息子の口元に
お箸を運んでいたことを思い出しました。

投稿: Maggy | 2010年6月19日 (土) 23時15分

Maggyさま
この食器が次回使われるときには私は居ないでしょうから心して始末しておきたいと思います。
その時に一瞬でも誰かが私達のことを思い出してくれたならば嬉しいことです。
日本のこのような文化が消えてしまわないように祈ります。

投稿: Mikageマダム | 2010年6月20日 (日) 00時09分

お孫さまのお食い初め,おめでとうございます.赤い塗り物のお膳、懐かしいです.きれいに塗り物をほぞんしておられるのに、感激です.

ハモのお料理もおいしそうです.器もそれぞれ素敵です.

お孫さまのお健やかなご成長とご多幸をお祈りしております.

投稿: noko | 2010年6月20日 (日) 00時10分

nokoさま
お疲れの所お祝いのコメントを有り難うございます。

今日無事にお食い初めを出来のは几帳面な明治生まれの祖母が綺麗に保存して居てくれたお陰です。
次は私の番なので頑張ります。

投稿: Mikageマダム | 2010年6月20日 (日) 00時17分

お食い初めおめでとうございます.
お孫さんも可愛く成長されている事でしょうね.
マダムのお料理、本当にどこの料亭かしらと思いました.そしてお膳も、昔のものとは思えない美しいお膳ですね.
日本には、伝えていきたい美しい伝統行事がたくさんありますね.
日本の文化は宝だと思います、特に外国にいると。
お孫さんもすくすく成長されますように.

投稿: かこみ | 2010年6月20日 (日) 07時15分

かこみさま
お祝いコメント有り難うございます。
我が家では日本の伝統行儀を楽しんで守っていく風潮がありますhappy01
家族も皆それを喜んで参加してくれます。
次の世代も守り続けてくれれば幸いだと思います。
先日伺った和食の先生宅ではお部屋は夏模様に、障子はすだれや衝立に替えられてとても涼しげでした。
マンションでは無理なので、我が家のすだれは倉庫に眠ったままですthink

投稿: Mikageマダム | 2010年6月20日 (日) 07時41分

おはようございます!

そして、早いものですね~、
もう三ヶ月ですか。

おめでとうございます☆

代々受け継がれたものでお食い初め、
素敵なことですよね。

投稿: あさ | 2010年6月20日 (日) 07時43分

お孫ちゃまのお食い初めおめでとうございますsunぽってりとした美しい塗りのお道具に見惚れてしまいました。

日本に今氾濫している外来と混雑してしまった色よりも江戸時代以前から続く色合いの方がよほど美的にすぐれていると思うのです。例えば歌舞伎の衣装の色合いのような。

中華の♂にも理解してもらいたく今回のご様子を見せましたら「日本人は子供の頃から少ししか食べない」とか訳のわからない解釈をいたしました。なんでも大皿にドーンの文化圏には説明不可ですdash

投稿: くみょん | 2010年6月20日 (日) 09時14分

お孫さまのお食い初めおめでとうございます。
大正からの朱塗りのお膳が美しいですね。
皆様の思いがつまったお膳で、ご家族に見守られてのお食い初め、お孫さまはお健やかに成長されることでしょう。
美しい伝統文化ですね。つくづくそう思いました。

投稿: Reiko | 2010年6月20日 (日) 17時09分

お食い初め、おめでとうございます。
いつも祖母がお世話になっております。(お料理や、吉兆ごいしょだそうです)
大変料理がお上手でブログされてると聞いていましたが、ブログの名前がわかないとかで、やっと昨日、探せました。
母と二人で拝見させていただいていますが、びっくりです。マダム様はプロですね。これからも楽しみに読ませていただきます。ラー油は祖母からもらいました。cat

投稿: にこもん | 2010年6月20日 (日) 17時25分

あささま
お祝いコメント有り難うございます。
小さく産まれましたが体重は倍以上になり元気にしています。
30年程先に又この祝い膳が使われると嬉しいです。

投稿: Mikageマダム | 2010年6月20日 (日) 17時43分

くみょんさま
お祝いコメント有り難うございます。
ご主人様はなんと貧相な可哀想な食事!と思われたのでしょうね、文化が違うのでこれはしようがないです。

投稿: Mikageマダム | 2010年6月20日 (日) 17時47分

Reikoさま
有り難うございます。
本人はセレモニーの間眠そうにしていましたcoldsweats01

お嬢様も大きくお成りですね、海外での育児は大変だと思いますがどうぞお気を付けて楽しくお過ごし下さい。

投稿: Mikageマダム | 2010年6月20日 (日) 17時51分

にこもんさま
初めまして!初コメ有り難うございます。
いつも明るくてお料理好きのお祖母様には長年お稽古でご一緒させて頂いております。
ブログを見つけて下さって有り難うございます。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: Mikageマダム | 2010年6月20日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の朝ご飯 | トップページ | 鶴橋「冷麺館」 »