« 丸高で鰻丼 | トップページ | ミントティー »

2010年7月24日 (土)

富本憲吉 香盒

我が家に有る「富本憲吉氏」の香盒を玄関に出してみました。涼しげです。

P7249001_edited

P7249002_edited

私に知識が無く何の絵柄でどちらが正面なのかが判らないのが困ります。

どなたかお教え願えませんか?

追記・・・家人が箱を見せに来ました、そこには「ざくろ香盒」と有りました。

←陶芸好きの方はポチリをどうぞ御願い致します。

|

« 丸高で鰻丼 | トップページ | ミントティー »

コメント

逆さにおいていらっしゃいますが、
富本さんの模様はアザミまたはザクロではないかと思います。多分。
お好きでしたから。

投稿: pko | 2010年7月24日 (土) 20時50分

pkoさま
初めまして!
アドバイス有り難うございます。
私もザクロだと思うのですが、逆さまでしたか!
お勉強になりました、有り難うございます。

投稿: Mikageマダム | 2010年7月24日 (土) 21時16分

マダム邸は、やはり凄いです~  
 
私は、あざみの香合と思います。憲吉記念館のお庭には、ざくろの木が有り、毎年実が成っています。糸すすきも風情が有り、何故か秋に訪れたくなる処です。憲吉氏の作風も然ることながら、憧れの紳士です。ほんと素敵過ぎます・・・もし行かれてなければ、お着物で是非~過去土蔵で酷似物を拝見したような・・・
お着物にも、絵付けされてて、展示されてます。

投稿: らてんママ  | 2010年7月25日 (日) 00時34分

富本さんの絵柄はご承知のようにきっちりした幾何学模様のものが多いのですが、お花や草木の自由な写生のようなものも実に味がありますね。特に白磁。素晴らしいです。

投稿: pko | 2010年7月25日 (日) 06時24分

らてんママさま
アザミでしょうか?良く分からなくなってきましたthink
奈良の記念館にはお伺いしたことがあります、素朴なお家で田舎の親戚宅にでもいるような気持ちになりました。

投稿: Mikageマダム | 2010年7月25日 (日) 07時37分

pkoさま
富本憲吉氏の幾何学模様は細かくて精密ですね、どんな性格の方だったのかしら?と思ってしまいますcoldsweats01
向きを変えて飾っておきます。

投稿: Mikageマダム | 2010年7月25日 (日) 07時40分

はじめまして、画像一覧から偶然こちらに参りました(しかも2年前のブログにコメントすみません)。
これは「薊(あざみ)」で、有名な富本憲吉の意匠模様です。
日本でも馴染深い花ですが、イギリス留学、また、バーナード・リーチとの交友からスコットランド国花の「あざみ」なんだな、と想っております。
逆さまに置かれているようです。既にご存知でしたら、さしでがましく失礼致しました。

投稿: あき | 2012年5月22日 (火) 15時51分

あきさま
御指摘下さいまして有り難うございます。

あざみだったのでしょうか、逆さまに置いていた私はお恥ずかしい限りです。
父はあちらの世界から叱っていたかも知れません。

投稿: Mikageマダム | 2012年5月22日 (火) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丸高で鰻丼 | トップページ | ミントティー »