« 男の朝ご飯 | トップページ | 鏡開き »

2011年1月 9日 (日)

ぼたん鍋

丹波篠山まで猪肉を買いに行こう!と出かけました。

最近三田のアウトレット周辺で道路が渋滞します、回避するために山陽道へ入り中国縦貫を経て舞鶴自動車道を使って篠山まで行きました、渋滞もなく1時間足らずで着きました。

帰りも同様にして帰って来ました、このルートは全く渋滞無しです。

篠山の商店街「鳥幸」で猪肉のロースを買いました。

P1091900_edited

お味噌は旅館「高砂」で調達しました。お店の前にぼたん鍋の作り方が詳しく展示されていました。

教えに添って調理したらとても美味しく出来上がりました。

F1000004_edited

野菜は新鮮な物をこちらで買いました。

F1000001_edited_2

F1000002_edited

F1000003_edited

P1091902_edited

お味噌に猪肉を入れて45分は炊きます。お腹がぐ~っとなっても我慢です。

我慢の甲斐が有り美味しく頂けます、猪肉は脂がとても美味しいのです。

P1091905_edited

最後のお楽しみは卵を割り入れて半熟状態に仕上げ炊きたてご飯に乗せて頂きます。

P1091907_edited

風邪気味だという娘夫妻に食べさせたら美味しい上に体が熱くなったと喜んでいました。

小鼓を買って帰り熱燗にして頂いたらもっと暖かく成りましたsmile

←寒さを吹っ飛ばす美味しいぼたん鍋にポチリをどうぞ御願い致します。

|

« 男の朝ご飯 | トップページ | 鏡開き »

コメント

猟をすることには賛否両論ありますが、私の相方は罠の免許をもっています。私の暮らす中山間地域の山里では、猪や鹿を獲ることは不可欠。そうでないと米も野菜も、シイタケも檜も杉も、みんな彼らにダメにされてしまうからです。根こそぎ!
といわけで、猪や鹿を食べる機会は少なくありません。罠にかかったいのししは、素早く上手に解体し、仲間と分け合います。
殺して捨てるのではなく、ありがたく神さまに感謝して山の恵としていただきます。

こちらでは猪は鍋にはまずしないんですよ。米やらイモやら木の実やらさんざんおいしいもの食べてるんですから、ひじょうに美味で、肉質もやわらない。
脂も山を駆け回って育っている生家、ロースであっても、脂身はほとんどゼラチン質です。火を入れても白く溶けないのです!
とってもさっぱりしていて驚きます。

皆で集まると、炭火で焼肉です。塩こしょうやたれだけでなく、ローズマリーをまぶしたりもします。これがイタリア風で合うのです。

スペアリブの部分は塩でゆで、さっと炙ってかぶりつきます。

冬の定番です。なお、夏に獲れるいのししは、やせていて、肉の味もぐっと落ちます。
また、肉の味は、解体の腕で決まります!

写真の肉はいかにも美味そう!何を食べて育ったのかしら? 
今度はぜひグリルもお試しください。
あっ、塊肉は、しぶめのボルドー系の赤ワインでシチューにすると最高ですよ!
圧力鍋などつかえば、とろとろになります。

投稿: 小熊 | 2011年1月10日 (月) 14時53分

小熊さま
養父が猟の免許を持っていたので子供の頃から猪や熊、鹿等ジビエを食べて育ちました。
子供の頃は猪は炭火で焼いていましたね。
イタリアン風の猪を食べて見たいですね。

銃で撃つときは内蔵に傷を付けないようにしないとお肉がまずくなると聞いていました。
解体は血が廻らないようにするのが重要でしょうね。

投稿: Mikageマダム | 2011年1月10日 (月) 17時49分

ご無沙汰しておりました。
鳥幸の伯父の姪です。

今シーズンもご贔屓にして頂き
ありがとうございました。

最後の卵かけ御飯は
意外で目からウロコでした!美味しそうです~
私も今度ぼたん鍋をする時に参考にさせて頂きます!

寒い日が続きますが、お体ご自愛されますよう。

投稿: りんりん | 2011年1月12日 (水) 10時00分

りんりんさま
鳥幸さんではご家族3人が出てこられました、皆様お優しい方ですね。
今年も美味しく頂きましたsmile

最後お出汁が濃くなった所に卵を入れて半熟状態で召し上がって下さい!
美味しいですよshine

投稿: Mikageマダム | 2011年1月12日 (水) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男の朝ご飯 | トップページ | 鏡開き »