« 石の様なお砂糖に大根の秘密 | トップページ | 山獲(やまどり) »

2011年2月18日 (金)

蒸し寿司

昨日は少し温かく感じましたが今日は又寒さが戻った神戸です。

寒い今夜は温かい献立にしました。

昨夜の鯛が余ったので昆布締めにしました。

P2182661_edited

<昆布締めの作り方>

鯛は切り身にしてバットに並べ薄塩をします。

昆布は酢と水を合わせた中に浸したら取り出します。

昆布の上に鯛を並べ上から昆布を重ねラップでぴっちり包んで冷蔵庫で1時間ほど寝かします。

湯がいた軸三つ葉、紅たで、おろしわさびを添えます。

加減酢は酢大匙1・出汁大匙1・薄口醤油小さじ1です。

大根と牛肉の鍋、はるみキッチンのレシピを参考にして牛肉で作りました。

P2182668_edited

出汁は昆布と業務用混合節で取りました。

一味をかけて頂きました。

鯛のあら炊き、牛蒡

P2182665_edited

蒸し寿司

P2182670_edited

今年初の蒸し寿司はとても美味しかったです、今回酢の加減を50ccに増やしました。

粕汁

P2182658_edited

私はパスしましたが家人が2杯食べましたsmile

←ご訪問有難うございます、励みになりますのでお帰りついでにポチリをどうぞ御願い致します。

|

« 石の様なお砂糖に大根の秘密 | トップページ | 山獲(やまどり) »

コメント

いつもながら マダムのお料理には感嘆します!
蒸し寿司は 外で食べる物と思い込んでいました。
マダムのお料理のレパートリーは無限大ですね!
レシピを見ないでも お作りになれるお料理は どれくらいおありなのでしょうか。
器もお料理を引き立てて いつも素敵です。
マダムの影響を受けて 昨年 桜田さんへ行って参りました。
私の家からは 比較的近く とても美味しいお料理と素晴らしい器に大満足致しました。
京都は沢山お料理屋さんがありますが 桜田さんをリピートされるのは 何か理由がおありなのでしょうか。
 

投稿: perfume | 2011年2月19日 (土) 01時08分

perfumeさま
桜田さんが神戸ポートピアホテルにいらっしゃった頃からのファンです。もう20年位に成るでしょうか、ご主人の繊細な人柄が好きですね。
嵐山吉兆・瓢亭・菊乃井・さ々木等々行きましたがやはり桜田に戻ってしまいます。
お昼に一度お料理を頂いたのでは桜田の良さを理解しにくいと思います。
是非四季折々のお料理を召し上がって見て下さい。
今月は2度伺います。

投稿: Mikageマダム | 2011年2月19日 (土) 09時34分

蒸し寿司大好物の一つです。
私も外でいただくのですが、祖母は心斎橋の本福寿司の蒸し寿司を研究して、同じ味に近づけて作っていたと聞きますが、、、私は無理、、、普通のばら寿司をチンするぐらいはできるんですが、、、、酢加減が違うんですよね。。
佐々木さんに紹介してもらって行きたいと思っていますが、、、桜田さんの方がいいのですね?お雛様だし、、、行かなくっちゃ!

投稿: ボンちゃん♪ | 2011年2月19日 (土) 16時05分

ボンちゃん♪さま
蒸し寿司を作るとばらすしと合わせ酢の分量が違うのが分かりました。蒸し寿司の場合は酢の量が少ないです。
話題性の有る「さ々木」へは是非行ってみて下さい。

投稿: Mikageマダム | 2011年2月19日 (土) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石の様なお砂糖に大根の秘密 | トップページ | 山獲(やまどり) »