« 新蓮根でサラダ | トップページ | スパム丼 »

2011年7月 8日 (金)

七夕にお素麺

七夕のお料理と言えばお素麺が思い浮かびました。

7月7日(木)夕食は家人が居ないので私一人です。

お素麺を糸で縛って湯がきました。

P7074831_edited

お湯を沸かせてお素麺を湯がき(湯がき方は昨日の記事通り)次に軸三つ葉を湯がいて氷水に取り、頭を取った川津海老を湯がいて丘揚げにして冷めたら皮を剥きます。

椎茸は戻して炊きました。

薬味は生姜・みょうが・青ネギ・大葉を刻んで水を通してから水気を取りました。

お昼は愛農人のお弁当です。

P7074827_edited

玄米ご飯と野菜だけのおかずが4種です、お値段は1200円。

有機野菜を味醂や砂糖を使わずに調理されたお弁当です、一度お味見してみたかったのです。

確かに妊婦さんには良さそうですが老人の私向きでは無かったですね。

←天の川が見られなかった方は来年に期待して応援のポチリをどうぞ宜しくお願いいたします。

|

« 新蓮根でサラダ | トップページ | スパム丼 »

コメント

Mikageマダムさま
「七夕まつり 天の川素麺・・きらめく薬味たちと共に」というメニューですか?
すみません、勝手に名前をつけてしまいましたヽ(´▽`)/そちらのお素麺つゆはどんなお味ですか。私は熊本なので甘口です。
先日教えて頂いた冷麺の醤油ダレを適当に合わせたら、すごく美味しくできました。有難うございます。いい加減な分量で構わないです。いつもアバウトに料理してますから。

投稿: トレーシー | 2011年7月 8日 (金) 14時43分

トレーシーさま
素敵なネーミングを有難うございますhappy01
素麺つゆは水:薄口醤油:味醂が4:1:1に鰹と昆布全て鍋に入れて煮立ったら漉します。
甘口なら味醂を少し増やして見て下さい。
たぶんお醤油のお味も違うでしょうね。

投稿: Mikageマダム | 2011年7月 8日 (金) 16時03分

早速教えて頂きまして有難うございました。熊本はお醤油も甘口です。東京で一人暮らしをしている娘にも送っています。学生で時間も比較的ありますので、お料理教室を探しているようです。娘も?食いしん坊なので新宿のデパ地下にはよく行くようです。

投稿: トレーシー | 2011年7月 8日 (金) 17時11分

マダム こちらのタイムでは今晩わ!です。

マダムの素晴らしいところ、私が見習いたいと思うところは多々あります。
その中でも特に、お一人の食事でも手を抜かずに楽しんでいらっしゃるのが何とも、丁寧に生きていらっしゃるなといつも勉強させていただいています。

私は、一日中キッチンに立っていても苦にならないくらいの料理好きです。
でも、私の為だけになると・・時間と手間を惜しく感じます。
食いしん坊なのですが、美味しいワインとチーズで満足してしまいます。
まだまだ未熟な私です。

今日のマウイはいつもと同じく素晴らしいお天気でしたが、今夜のマウイはあいにくの曇り空です。
夫婦で星空を愛でるつもりでしたが、夫は早々とご就寝です。
七夕というイベントはアメリカ人の夫には通じませんでした。

トレーシーさまのネーミング、最高!
明日は絶対素麺をいただきます!

投稿: キャスリン | 2011年7月 8日 (金) 17時41分

トレーシーさま
鹿児島に行ったときお醤油が甘いと感じましたが熊本もそうなのですねsmile
やはり食べ慣れたお醤油を送って頂いてお嬢様もお料理を頑張られることでしょうね。

私も学生時代からお料理教室に通っていました、今でもその時のレシピを使ったりしています。
今は離れてお住まいですがお嬢様の成長が楽しみですね。

投稿: Mikageマダム | 2011年7月 8日 (金) 18時09分

キャスリンさま
今夜のマウイは残念ながら曇り空なのですね。
七夕がロマンティクだという感覚は日本人だけでしょうか?少し寂しいですね。

私も一人ご飯はやはり簡単に済ませてしまいます、チーズとワインも好きですdelicious
明日はお素麺を召し上がれ!

投稿: Mikageマダム | 2011年7月 8日 (金) 18時18分

はぁ~。お料理には味はもちろんですが、
盛り付けって、すっごい影響あるんですね。
素麺料理、たべたくなりましたrestaurant

投稿: さゆ | 2011年7月 9日 (土) 11時03分

さゆさま
初めまして!
お料理の味は勿論のこと香りや視覚に訴えるのも大切だと考えていますwink
見た目が悪いと食欲が減退してしまいますよね。

暑くなれば麺類が美味しいですね、私はお昼に冷麺を作りました。

投稿: Mikageマダム | 2011年7月 9日 (土) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新蓮根でサラダ | トップページ | スパム丼 »