« お雛様 | トップページ | あのオリーブオイルが届きました。 »

2013年3月 4日 (月)

お雛様の桜田

毎月の恒例である「桜田」訪問ですが3月は私の都合がままならないので丁度お雛様の日に家人と訪れました。

写真: p3038473

先付けはお雛様の器で、やはり京風でお内裏様が右に鎮座しておられます。

蓋を取ると海老・帆立・ズイキ・木の芽の旨酢です。

写真: p3038475

とても美味しい一品目です。

お印のお酒は新酒のにごり酒でアルコール度数が高そうです。

椀物はよもぎ豆腐・蛤しんじょう・針うど・木の芽

写真: p3038479

よもぎの香りに春を感じます。

お造り・・・しび・平目・いかをお醤油と梅肉で頂きます。

写真: p3038481

田楽

写真: p3038484

家人の好きな物がどんどん続いて出てきます。

女将さんが「どうぞごゆっくり」と仰るにもかかわらず家人の食べ方が早いので「もう~食べはったんですか?」と何度も驚いていらっしゃいました。

お恥ずかしい・・・

強肴・・・生この子に長芋・うに・ほうれん草の白和え

写真: p3038487

お酒が進みます。

八寸・・・鱒の焼き物・ホッキ貝・小蛸・菜の花・高知のトマトを黄身おろしで

写真: p3038490

お猪口や折敷は梅で他の器も季節感が有ります。

和食ならではの贅沢です。

若竹と蕗・木の芽

写真: p3038492

筍・若芽・ふきそれぞれのお味が違います、筍が一番薄味に仕上げてあり香りが引き立ちます。

これも家人の好物、素早く頂いてしまいました。

ご飯はスッポンご飯!

写真: p3038493

余りの美味しさに家人と私でお代わりをして土鍋一杯完食してしまいました。

写真: p3038495

フルーツはブラマンジェの上にキゥイ・甘平というみかん・いちご・ブルーベリー・ゼリー

写真: p3038498

スッポンご飯を頂きすぎたのでお菓子は包んで頂きました。

写真: p3038501

ご主人と女将さんのお見送りを受けて伯父と待ち合わせの高島屋へと向かいました。

途中仏光寺さんへ立ち寄りました、次回は枝垂れ桜の綺麗なときに訪れたいです。



↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« お雛様 | トップページ | あのオリーブオイルが届きました。 »

コメント

昨夜ちらし寿司を食べつつ
お燗で
いっぱいやってました
次はたけのこだなぁ
とオットがつぶやいてました
京都ではたけのこなんですねぇ
桜田さんはすごい量の食器をお持ちです
いつも季節に合わせていらっしゃいます
お店で大切に保管というのは中々大変かと

それにしても神戸でカツ
京都で和食・・・
移動時間もおありでしょうに
ご夫婦で健啖&健脚でございます
そしてなにより仲良しです
(ココが一番重要)

投稿: trintrin | 2013年3月 4日 (月) 09時37分

マダムさま

おはようございます。
昨日、ちょうど妹と姪っ子の雛飾りをみて京都はお内裏様はやっぱり右よねと話をしていました。幼い頃にサザエさんの漫画では逆だったのでケンカをしたことを思い出しました(^^)
母を早くに亡くしたので、いつも私が妹にしきたりや風習など教えてきたのできたのですが、あるお店で買ってきたお雛様のお菓子のお内裏様が左に置かれていたのに気づき、妹が右に置き直していました。
妹も母親になって少しは頼もしくなったと思え安堵する私です。
京都はある種独特なので色々としきたりには気を使います・・・

投稿: ma-ma | 2013年3月 4日 (月) 10時03分

素晴らしいですね。みんな雛の節句に因んだものを。強肴も京都のお雛節句のお菓子を模した「ひちぎり」なんですね。強肴もご主人様がいらっしゃることが分かった献立作りなんでしょうね。お幸せでしたね。ご相伴させて頂きご馳走さまでした。

投稿: ソラソラ | 2013年3月 4日 (月) 10時36分

trintrinさま
ちらし寿司拝見しました、美味しそう!
桜田さんは食器収納用にお家を一軒お持ちですよ。

我が家から桜田さんまでは乗り継ぎを含めても1時間半で着きます。
残り少ない人生2人で楽しもうと思いますhappy01

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 4日 (月) 11時12分

ma-maさま
私達は京都のしきたりをお手本とさせて頂いています。
これからも伝統を守り通して頂く事を御願い致します。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 4日 (月) 11時14分

ソラソラさま
「ひちぎり」の器の説明を女将さんから受けましたよ。季節感がある器で贅沢させて頂きました。
お店の中は女性ばかり男性は家人一人でしたwink

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 4日 (月) 11時17分

毎日、だんなさまとデートですね。いいなあ。
このこ、ってどんな味ですか?
私には無理っぽいですかね。何となくそんな気がする。
おじ様お元気で何よりです。理想的な暮らしをなさってますね。私はタイが大好きなのでうらやましいです。いつかそんな暮らしができるのかー。夢見いるうちに年取ってしまいますー。

投稿: shokola | 2013年3月 4日 (月) 15時50分

こんにちわ。
お雛様、猫達が家に来てからはガラスケースに入ったものしか飾れません。。。。
猫様が我が家では「天下様」ですhappy02

突然ですが、マダムに質問ですpaper

私も主人もあまりお酒が強くありません。
昔から知っているお店では、飲まないでいるのも平気なのですが、新規のお店では「飲まない」と言い辛いのです。
やはり、お店ではある程度お酒を頼まないと場が持たないですよね。
お店で、夜、お酒を頼まずお食事するのは「あり」でしょうか?そういう場合は、お昼にお食事に行ったほうが良いのでしょうか?

投稿: ブン | 2013年3月 4日 (月) 17時14分

shokolaさま
土日が休みだったので出歩きました。

”このこ”は”このわた”の親戚みたいなものですがもっと希少価値です。
shokolaさまは無理みたいですねwink

86歳の伯父は自分で旅行のプランを立ててホテルや飛行機の手配もやりますがさすが寄る年波には勝てない様子です。
チェンマイでは外出よりも部屋で休む時間が長くなったと言っていましたが年齢を考えると当然のように思います。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 4日 (月) 22時10分

ブンさま
車を運転する方は飲めないですし元々アルコールがダメな方もいらっしゃいます、宗教的に飲めない方も。。。

遠慮なくお水なりお茶を御願いして良いですよ。

私の場合は飲むな!と言われるのは辛いです。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 4日 (月) 22時13分

お料理も勿論おいしそうですが、器のほうも素敵ですね。雛人形の器もかわいらしいです。目の保養になります。話が変わりますが、最近このあたりでは、大学と共同で、昔からの蔵を保存しながらイタリアンやカフェにして、街興しをしています。古いものと新しいもの両方の良さをいかすのっていいですね。 雛人形マダムのアドバイスありがとうございましたheart01なんでも考えようですね。

投稿: 菜の花 | 2013年3月 4日 (月) 23時49分

菜の花さま
大学と共同で古い団地を若者達にお安い家賃で住んでで貰うというプロジェクトがあります。
ショッピングセンターも新築になったそうです。
お年寄りの町に活気が戻れば良いことです。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 5日 (火) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お雛様 | トップページ | あのオリーブオイルが届きました。 »