« ナポリタン | トップページ | 串の助 »

2013年3月 7日 (木)

ちらし寿司

暖かい水曜日でした、3月と言えばちらし寿司。

春らしいちらし寿司を作りました。

写真: p3068558

椎茸・金時人参・牛蒡・ちりめんじゃこ・色紙卵・焼き穴子・酢れんこん・菜の花・甘酢生姜

花の部分はお寿司に使い葉はオリーブオイル・にんにく・鷹の爪で炒めて食前にワインと頂きました。

写真: p3068554

軸の硬い部分は取り除いています。

万願寺唐辛子海老詰め

写真: p3068565

聖護院大根・厚揚げ・三つ葉の炊き合わせ

写真: p3068562

聖護院大根は大きな丸い大根です、煮るととろけるように柔らかくなります。

朝外を見ると遠くの方は霞んでいます、黄砂やPS2.5等の影響だと思われます。

澄んだ美しい景色はもう見られないのでしょうか?

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« ナポリタン | トップページ | 串の助 »

コメント

おはようございます。ちらし寿司、美しいですね。この頃は市販のちらし寿司のもとを使った、なんちゃってちらし寿司ばっかりなので、たまにはちゃんと作ってみようかな。牛蒡と人参と椎茸は煮て、レンコンは甘酢漬けなんですね。錦糸卵の他に色紙卵なるものもあるんですねえ。

最近万願寺唐辛子もこちらで見かけるようになり、ときどき炒めものにつかったりします。海老のすり身を詰めるのも、本当においしそう!

投稿: 菜の花 | 2013年3月 7日 (木) 08時43分

私は一昨日穴子の散し寿司を作りました。見た目はそっくり(*^_^*)でも、中身は違いますね。
マダムが色々な具材でお寿司を作られるのを見ていて、色々入れていいんだなと勉強しました。

今は大分応用が利くようになってきましたが、お料理を習いたての頃は、習った通りの材料を揃えないと料理が出来ないという思い込みがあり、ラタトイユ、ボルシチ、ブイヤベースなどビックリするほどお金のかかる料理になってしまってました(>_<)
母も我慢して経験させてくれてたんだな~と思いますねhappy01

投稿: yoko | 2013年3月 7日 (木) 09時44分

菜の花さま
ちらし寿司が好きなのですhappy01
もうすぐ筍と蕗のお寿司の季節がきます、楽しみです。

色紙卵は桜が散る頃の御料理です、少し先取りし過ぎました。

万願寺のレシピはレシピ一覧に有りますので参考にして頂ければ幸いです。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 7日 (木) 10時37分

yokoさま
色んな種類の具が入ったちらし寿司(ばら寿司)が好きです。
高野豆腐をきらしていましたが入れたら美味しいです。

私も学生時代ビーフシチューを習い、初めて牛バラ肉を買いに行ったら高くてびっくりした思い出が有ります。
高かっただろう授業料を出してくれた母に感謝です。


投稿: Mikageマダム | 2013年3月 7日 (木) 10時43分

春香るちらし寿司、美味しそうです。
穴子を見つめていたら無償に明石に行きたく
なりました。

カセントさん、仕切り直しでしょうか?
この絶頂期に5月19日から2か月間?改装
の為とかでお休みされるそうです。
それまでは全席予約でびっちり満席、キャンセル待ちの
状態ですが行けそうにありませんcrying

投稿: くみょん | 2013年3月 7日 (木) 12時57分

あー、菜の花、こうやって花と茎を分けてつかえばいいのかー、と少し感動しました。(大げさですみません)。いつも菜の花買ってきてゆでて使うけどどうもおいしくないっていうかこれでいいのか?と思いつつ食べてたので、今日のマダムのお料理見て学びました。ありがとうございます!お料理なんて誰にも習わなかったからきっと勝手にむちゃくちゃやってる私ですがマダムのブログからいっぱいただで教えてもらってます。

投稿: shokola | 2013年3月 7日 (木) 14時52分

shokolaさま
菜の花は葉を1~2枚残して切り取ります、捨てるのは勿体ないと思えば後は湯がいて使います。

御料理は奥深いです、私も未だ知らない事が多々あります。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 7日 (木) 19時40分

くみょんさま
カセントさんの情報収集中です。
何か分かればお伝えいたしますね。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 7日 (木) 20時25分

菜の花はおひたしや飾りくらいにしか使っていなかったので、早速、夕食に炒めて作ってみました。マダムのお陰で好評でした。ありがとうございます。

投稿: にこもん母 | 2013年3月 7日 (木) 23時32分

美しいちらし寿司ですね~。
私の作ったものより、ずっと美味しそうです。
菜の花の茎のお料理絶対美味しいでしょうね。白ワインといけそうでいいですね。早速作ってみます‼。
この間の日曜日はお雛様には定番のちらし寿司と蛤のお汁と菜の花のお浸しに鉄砲和えは用意しましたが、子供には鉄砲和えは厳しいし、大人にはお酒のアテになるお料理のがもう少し品数が必要ですし、年齢層の幅が広くなる会はメニューを考えるのも修行が必要だわぁ~f^_^;)と思いました。
やってくる子供の学校や幼稚園行事にあわせて3/3に行事食を食べさせておかねば…とやってみましたが、大阪の私の実家ではお雛様は旧暦でしておりましたので私もそれを引継いでおり4/3迄飾ります。まだまだこれからお雛祭りの会を楽しむつもりでいます。近年、大阪では旧暦でするお宅が少なくなってきたように感じており淋しく感じていたので、先日のマダム様のコメントが嬉しかったのでした☆。お雛様の並べ方ももちろん右がお雛様でございます。お軸などの画や置物もそうなっておりますもの~。

投稿: Mia | 2013年3月 8日 (金) 00時47分

にこもん母さま
菜の花はサッと湯がいて炒めると苦みが消えて美味しくなりますね。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 8日 (金) 08時24分

Miaさま
日曜日にはご馳走を作ってお持てなしなさったのですね、いつもお偉いですね。
後1品・・・と考えてみました、竜田揚げなどいかがでしょうか?鯖、鯵、ささみなど大人も子供も頂ける御料理では無いでしょうか?
お雛様は4月3日迄お飾りしましょうね。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 8日 (金) 08時28分

 ああ~美しいお料理の数々、昨日に引き続きまた今日も眺めています。
 それに菜の花のいためもの、お料理は勿論の事ですが、お皿もとっても素敵ですね。
ため息が出ました。魅了されます。

 先日真似っこさせて頂いて、蕪の柚子みそに挑戦、いいお味に仕上がりました。
 でも美的要素が、、、。マダムのようにきれいな色の柚子みそには出来ず、(゚ー゚; アセアセ
努力します。
 
 菜の花のいためもの、二男が好きそうなので近日中にぜひ。それと万願寺唐辛子の海老詰め、
目線くぎ付け!です。こちらも是非。(ワクワク) いつも本当に感謝致します。有難うございます。 

投稿: 夢見るシープ | 2013年3月 8日 (金) 19時27分

いつものことながら、あたたかいお言葉とご指導を有難うございます。竜田揚げ、いいですね~。無性に食べたくなりました。お肉系があると、子供も男性陣も大喜びですもの。さっすが、マダム様~☆。
今日はちょうど鰆を買っていたので、竜田揚げにしていただくことにいたしたヨ。準備をして夫の帰宅を今か今かと待っております。笑
図々しくも、もう一つご教授願いたいのですが、色紙切りというのは桜の時期…とのお話、桜の花びらがヒラヒラと散る風情に因むということなのでしょうか? お手すきの時にでも少々お心に留めていただければ幸いでございます。よろしくお願いします。

投稿: Mia | 2013年3月 8日 (金) 20時25分

夢見るシープさま
柚子味噌は使う白味噌によって仕上がりが異なります、私も未だどこの白味噌が良いのか決めかねています。

菜の花の炒め物は廃物利用の一品です。
万願寺の海老詰めは万願寺が手に入った時に作りたくなります。
冷凍海老でも水分をきっちり取れば大丈夫ですよ。お試し下さい。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 8日 (金) 20時59分

Miaさま
鰆の竜田揚げとは贅沢なお品ですね。

今夜家人も帰りがいつもより遅かったです。

仰せの通り色紙卵とは花びらが舞うイメージです。
桜の花びらが舞う時期は4月ですが和食では少し先取りします。でもお雛様の時には早すぎましたでしょうか?

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 8日 (金) 21時04分

早速にご返答有難う存じます。
色紙卵というのをこの度初めて知ることが出来とても嬉しく思っています。日本料理の季節の表現は実に細やかで趣きがございますね。
色紙卵、私にはあたたかくなってまいりました今日この頃にしっくりくるように感じます。
ただ、色紙卵は切り方に技術力がいりそうですねf^_^;)。
まずは錦糸卵に海苔をハサミで色紙切りにしてみましょうかしら…笑。
有難うございました。

投稿: Mia | 2013年3月 8日 (金) 23時08分

Miaさま
私はキッチン鋏と共に物差しも引き出しに入れていますwink
色紙卵は錦糸卵より気を遣わなくて済みますよ、お試し下さい。

投稿: Mikageマダム | 2013年3月 8日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナポリタン | トップページ | 串の助 »