« とんかつディナー | トップページ | 食材を駆使する。 »

2013年5月13日 (月)

端午の節句

お雛様にはちらし寿司と蛤のお吸い物などの代表的な御料理がありますが端午の節句にはなぜか「ちまき」しか思い浮かびません。

そんな5月、桜田さんの御料理を頂いて参りました。

やはり素晴らしいです、端午の節句の雰囲気満載の一品目です。

海老・ウニ・ズイキ・叩きオクラの旨酢ジュレかけ芽紫蘇添え、矢羽根の折敷と菖蒲によもぎが飾られています。

写真: p5130012

一寸の隙も無い飾り付けに見惚れます。

気温が高い京都にふさわしい清々しい御料理からのスタートとなりました。

椀物はうすい豆豆腐・鱧・梅肉・うど・姫柚子

写真: p5130016

うどは矢羽根に切ってあります、お椀は牡丹の蒔絵。

今年初の鱧です。

お造りはいかと鯛、花丸胡瓜

写真: p5130019

辛味の効いたポン酢で頂きました。

八寸

写真: p5130021

ほうれん草とわらびの白和え

すずきの南蛮漬け

スモークサーモンの蕗巻き

一寸豆

鯛の子

暖かい八幡巻き

写真: p5130022

鯛のちまき寿司と柏葉の中には穴子寿司

いつも感心するのですがちまきの巻き方が緻密です。ご主人の性格の一端を垣間見る気がします。

焼き物は稚鮎

写真: p5130025

感謝して小さい鮎を頂きました。

鰹のたたき・トマトのジュースとトマト

写真: p5130029

炊き合わせは小芋・丸茄子・万願寺唐辛子・みょうが

写真: p5130031

今日の気温と同じく御料理も初夏の気配です。

薄味ながら味わい深い御料理です、一滴残さず頂きました。

最後は土鍋で炊きあげられた生姜ご飯と香の物、地海苔をお好みでふりかけて頂きます。

水茄子・胡瓜・春キャベツのお漬け物が嬉しいです。

写真: p5130032

こんにゃくが入った赤出汁が出ました。

水菓子はいちごと甘いみかん・ジャスミン茶のブラマンジェ

写真: p5130033

和菓子

写真: p5130035

お抹茶

写真: p5130037

3月には私がやむなく欠席、4月はご家族が急病で1人欠席、そして今日は親族にご不幸がある方と風邪で来られない方の2人が欠席の寂しい会食でした。

20年程続いている毎月開催の桜田での会合は自分も家族も共に元気でいないと出席出来ないと言う難しい年齢になって来ました。

何時までも続けたいと皆が願っています、90歳の女性グループが毎月集まってお食事をなさってる姿を拝見して来ましたが私達もそうありたいと願います。



↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« とんかつディナー | トップページ | 食材を駆使する。 »

コメント

こんにちは~

先週やっと初「桜田」さんに行って参りました~
素晴らしいお料理に誘った友人も大変満足してくれ、
素敵な時間を過ごす事が出来ました。
中でも白和えとお椀の味に感激いたしました。
あの様な上品な八幡巻きも初めて頂きました。
うどが矢羽根…見過ごす不粋な私でした。
マダムらしきお方がいらっしゃらないかと店内を
見回し、お座敷の方の靴はあきらかにマダムの物
ではない、と失礼極まりない観察をしてしまいました。
(^_^;)和のお店にふんだんに飾られた洋のお花が意外な美しさでした。

投稿: ちゃうさ | 2013年5月14日 (火) 11時46分

ちゃうささま
一足お先に御料理を召しあがったのですね。
私も白和えと椀物は大好きです。

御料理が運ばれて来たら私は先ず凝視します。その後感嘆詞が出ますhappy01
そしておもむろにお箸を付けます。
そして又感激の言葉です。

お花はお客様から頂くそうですよ。

投稿: Mikageマダム | 2013年5月14日 (火) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とんかつディナー | トップページ | 食材を駆使する。 »