« 久々の牛肉 | トップページ | 串の助 »

2013年5月16日 (木)

豚角煮

コトコト2時間半豚バラを湯がきました。1日冷蔵庫で冷やして大きく切り分けてから煮込みました。

写真: p5150076_2

豚角煮とスナップえんどう

写真: p5150073_2

芥子を付けて頂きます。

美味しい角煮が出来上がりました、家人は古酒を飲みながら食べていました。

2切れは多すぎました。茹で卵を煮汁に漬けています、お昼は残りの角煮と卵を乗せて角煮丼にしましょう。

アスパラガスの胡麻和え

写真: p5150068

作り方

1 アスパラガスは皮を剥き頭を落とし下は半分の細さに切り長さを揃えます。

2 塩湯がきしてザルに空けます、ボールに入れて薄口醤油小さじ1程ふりかけて和えます。

3 器に盛りつけてすりごまをふります。

とんちりちん

写真: p5150067

我が家のオリジナル料理、トマトとちりめんじゃこにウスターソースをかけて頂きます。

小さくて美味しいトマトでした。

茄子の揚げだし

写真: p5150070

切り干し大根

写真: p5160080

さざ波ご飯

写真: p5150078

御料理のお稽古日でした。

ちりめん山椒を作りました、生徒さん全員で分けて持ち帰らせて頂きました。

ご飯に乗せたらさざ波ご飯と言います、美しい名前です。

お教室ではもみ海苔も乗せて頂きました、香りが良く美味しかったです。

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 久々の牛肉 | トップページ | 串の助 »

コメント

おはようございます
ちりめん山椒の質問です
山椒を入れるのはいつのポイントでしょうか?
ミドリ色でしあげたくて
火を止める直前にしてます
どなたかのレシピを見たわけでも
こしらえ方を教えてもらったわけでもなく
自己流なんです
ぜひご教授くださいませ

投稿: trintrin | 2013年5月16日 (木) 07時53分

trintrinさま
おはようございます!
習ったのは山椒を最初から入れました、仕上げにたまり醤油を入れるので色が付いています。
市販品なら「はれま」のちりめん山椒が青くて好きです。

投稿: Mikageマダム | 2013年5月16日 (木) 08時39分

豚の角煮、美味しそうですね。
丁寧に作られたお料理は、何物にも変え難い贅沢のように感じます。
私はいつも、ついつい手抜きで圧力鍋に頼ってしまいます(笑)
圧力鍋だと、素材の旨味があまり出ないなぁとは思いつつ。。。

投稿: えり | 2013年5月16日 (木) 08時41分

えりさま
圧力釜ではどうも美味しく仕上がらないと思い面倒でもコトコト炊いています。
野菜も電子レンジでチンするよりも湯がいた方が美味しいと思います。

投稿: Mikageマダム | 2013年5月16日 (木) 09時23分

マダム、おはようございます!
確かに、時間は掛かりますが
湯がいたり、コトコト炊いた方が
美味しく仕上がるかと思います^^

でも今って電子レンジで
焼き魚!とか煮物できたりご飯炊けたり・・
電子レンジさえあれば、コンロは
必要ない感じですよね、

私はどうも電子レンジで調理は
抵抗があるので、もっぱら
温めるのみですが。。。

投稿: りりか | 2013年5月16日 (木) 10時28分

りりかさま
まな板や包丁を使わない方がいらっしゃると聞いたことが有ります。鋏と電子レンジで用が足るのでしょうかしら。

古い人間なのでやはり時間をかけた調理をしてしまいます。仕上がりはこの方が美味しいと自己満足ですが。

投稿: Mikageマダム | 2013年5月16日 (木) 12時58分

今日も参考にさせて頂きたいメニュー揃いです~heart04
角煮の照りが食欲をそそります!
お酒にもご飯にも相性バッチリscissors
さざなみご飯とは、また何という風流な響きでしょうshineちりめん山椒は大大好物ですが、
作る自信がありませんので、私は専ら、有馬温泉の川上商店まで買いに行きます。
マダム家オリジナルの、とんちりちんは明日にでも真似っこしたいですwink
ちなみに、私も、湯がき+コトコト派ですpaper

投稿: ふうか | 2013年5月16日 (木) 21時37分

ふうかさま
湯がき+コトコト派一緒で嬉しいです!

ちりめん山椒を作るときはどうしても沢山出来てしまいます。
美味しくてご飯が進み体重が増えると言う三段論法ですcoldsweats02

暑い時にとんちりちんは簡単で最適の1品です。

投稿: Mikageマダム | 2013年5月16日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々の牛肉 | トップページ | 串の助 »