« ハヤシライス | トップページ | 忘れかけていた国産松茸 »

2013年10月13日 (日)

梅田~難波

3連休の朝我が家から見える高速道路は渋滞でした。

8時半に家人は美容院へカットに行き帰って来たら阪急に乗って梅田へ向かいました。

茶屋町NUにある小籠包の美味しいお店でランチの予定です。

着いたらビルがオープンする10分前で若者達と一緒にシャッターの前で待ちました。

お店には1番乗りです。

私は小籠包2つが付いた麻婆豆腐のセット。

写真: dsc_110004

この小籠包は台湾の有名なお店よりおいしいかもしれません。

スープがたっぷり入っていてやけどに注意です。

家人は口の中をやけどです。

土鍋がグツグツと言いながら麻婆豆腐が出てきました。

写真: dsc_0006

スープと、サラダ、お漬け物。

家人は麻婆豆腐でもやけどです。

デザートバイキングが付いています。

写真: dsc_0008

写真: dsc_110007

私は甘い物に手が出ず、かろうじて家人が胡麻団子を1つ食べただけです。

高島屋で「楽天うまいもの大会」が開催されています。

梅田阪神百貨店からシャトルバスが出ているので行って見ると30分待ちでした。

写真: dsc_110010

待つのが嫌なので地下鉄に乗って行きました。

写真: dsc_0014

会場内を全て見てまわりました、一番長い行列は「炭焼き金蔵本店」の山形牛のお弁当でした。美味しそうでしたが満腹時に見ても食指が動きません。

大勝軒の特製盛りそばは冷凍でテイクアウト出来るので買い求めました。

家人は冷凍のど黒干物を買いました。

地下へ下りて食料品売り場をさまよいます。

きっと京都の老舗「とり市」の松茸が出ているだろうと探すとありました。

写真: dsc_0015

姿の綺麗な京都の松茸は流石に値が張ります。

意外に切って有る物は手が届きそうです。

丁度家人に臨時収入が入ったので買うことにしました。

地下鉄に乗って梅田へ戻って筋子を買いに阪急百貨店へ。

売り場に沢山の筋子が並んでいました、家人が大きそうなのを選んでお店の方に渡すと瞬時に筋を取っていくらのつぶつぶにして下さいます。

写真: dsc_0017

自宅で塩洗いして醤油等に漬けるだけなので助かります。

私達の後には行列が途切れること無く出来ていました。

お店の方は休憩も無しで大変そうです。

半分はお正月用に冷凍しておきます。

歩きすぎたのか朝目覚めたら9時間も眠っていました。

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« ハヤシライス | トップページ | 忘れかけていた国産松茸 »

コメント

楽しいお買い物の一日でしたね!
今晩は松茸ですね♡

月に数回難波を通ることがあるので、高島屋の食品売り場に寄ります。楽しいです(^^)/
阪急、阪神、大丸とはまたお店が違いますね。

投稿: yoko | 2013年10月13日 (日) 09時58分

数日前のコメントを拝見していたら、紹興酒の話題がありましたので、参加させてください。
今年の五月、中国の紹興に旅行に行ってきました。
紹興は、作家魯迅の故郷で、小説「孔乙己」の小説の舞台となった酒屋さんがあるんです。
前日に、インターネットでこの小説を読んでおきました。短編であっという間に読めます。そして翌日その小説に思いを馳せながら飲んだ紹興酒の美味しかったこと!

あまりの美味しさに、主人は少々飲み過ぎてしまい、暑さと人の多さで気分が悪くなり、近くの冷房の効いた喫茶店に飛び込んで休みました。

とても危険なお酒でした。

投稿: チェブ | 2013年10月13日 (日) 10時41分

yokoさま
松茸は昨夜頂きました。
yokoさまは松茸に高級な白ワインを合わせて召しあがるのではなかったですか?
今年は楽しまれましたか?

久しぶりの高島屋を楽しみました。

投稿: Mikageマダム | 2013年10月13日 (日) 11時09分

happy01チェブさま
今ネットで「孔乙己」を読みました。
描写がうまくて小説の場面が想像出来ますね。
面白い所に旅行なさり良かったですね。
おつまみは何を召しあがったのでしょうか?

投稿: Mikageマダム | 2013年10月13日 (日) 11時12分

お返事ありがとうございます。
杭州、紹興、蘇州と旅をしました。
中国もちょうどゴールデンウィークで人がすごかったです。
おつまみはカウンターに小料理がたくさん並べてあり、そこに窓口のようなところがあって、売り子さんに注文します。
あまりにも種類がたくさんあり、料理名を中国語で言える訳もなく、主人が、「前の人が注文したものと同じものを下さい。」と言って注文しました。主人は、それぐらいの中国語だと話せるのです。
結局、ヨメナのお浸し、中国語で黄魚と呼ばれる魚の唐揚げ、姫竹の中華マリネ、臭豆腐となりました。
臭豆腐は、紹興酒とよく合うという事で挑戦してみました。「臭い」と名がついていますが、それほど臭くなく、おつまみもどれもこれも本当に美味しかったです。

投稿: チェブ | 2013年10月13日 (日) 11時31分

チェブさま
ちゃんと御料理が出てくるなんてご主人の中国語素晴らしいですね!
どれもこれも私の知らない御料理ばかりで興味があります。
大変素敵な思い出旅行をなさいましたね。

投稿: Mikageマダム | 2013年10月13日 (日) 14時58分

マダム☆阪急では筋子を求めるとそのようなサービスが
あるのですか?
未体験ですが 助かりますね*
パートナーの実家は宮内庁御用達の松茸八百屋ですが
やはり
松茸は取り立て
山で七輪 松葉でおおって
酢橘と醤油が一番 野趣溢れていますね。

投稿: mariarica | 2013年10月15日 (火) 00時37分

mariaricaさま
筋子は阪急と決めています、ばらして頂くと助かります。

松茸山で焼きながら頂く焼き松茸は格別です。
側にある柚子をちぎってかけていました。

投稿: Mikageマダム | 2013年10月15日 (火) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハヤシライス | トップページ | 忘れかけていた国産松茸 »