« 白菜と豚バラの鍋 | トップページ | プレセール »

2013年12月20日 (金)

今年最後の「桜田」

先月は私の都合で残念ながら桜田の会は欠席しました、2ヶ月ぶりにウキウキとしてお邪魔しました。

裏白の上にミキモトの真珠が付いた洋梨のクリスタルが出てきました。

みぞれ和えです、なまこ、雲子、海老入り

写真: p1190449

柔らかくて大きななまこが最高です。

江戸時代後期の物と思われる螺鈿のお椀が出てきました。

写真: p1190452

ずっしりと重いお椀です、中は蕪と唐墨

写真: p1190454

スッキリ綺麗な盛り付け、隅々まで神経を払われ無駄が無いです。

1口お出汁を頂くと笑顔になってしまいます。

お造りは鰤とろ、鯛、イカ

写真: p1190456

脂が乗った鰤には大根おろしをたっぷり付けて頂きます。

寒い日に嬉しい蒸し寿司

写真: p1190462

細かい錦糸卵に歓声

季節感が漂う八寸

写真: p1190463

写真: p1190464

焼きたて鰆のゆうあん焼き、青首大根味噌漬け、山牛蒡、いくら、くわいチップス

写真: p1190468

アチャラ漬け

写真: p1190466

私の出版を御祝いして下さる御献立が続きます、最後は古清水のめでたい末広の器に盛られたズワイ蟹

写真: p1190471

こちらは鶴に盛られています。

写真: p1190472

炊き合わせは海老芋、鴨団子、淀大根、九条ねぎ

写真: p1190474

1つ1つとても上品なお味に仕上がっています、決して真似が出来る物ではありません。

牡蛎ご飯、赤出汁、香の物

写真: p1190477

牡蛎は粉を振って一度揚げてあります、手が混んだ牡蛎ご飯です。

水菓子

写真: p1190478

厳選されたフルーツ、私でも全て頂いてしまいます。

和菓子

写真: p1190481

抹茶

写真: p1190483

私事ですのにお店をあげて御祝いをして下さいまして、感動いたしました。

とても嬉しい出来事でした。

これが日本人の「おもてなし」の精神なのでしょうね。

感謝!








只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 白菜と豚バラの鍋 | トップページ | プレセール »

コメント

マダム様
先月は桜田さんの記事がないなぁと思っておりましたら、ご欠席だったのですね。
毎月どんなお料理が出るのか、楽しみに拝見しております。いつも美しく、素晴らしいですね。
京都に住んでおりますが、子どもが小さいので未だ訪問したことがありません。
主人はお昼はそんなに高くないねん!と義父と行ったりするようですが…(笑)
京都には、常連になるとおもてなしをしてくださるお店が多いように思います。
しかし桜田さんがご上梓をお祝いしてくださるとは、さすが!マダムの腕とご人徳の賜物ですね!
新年の桜田さんの記事も楽しみにしております。
その前にマダムのおせちですが!

投稿: maikoto | 2013年12月21日 (土) 00時59分

maikotoさま
以前毎月桜田さんにご一緒していた友人が亡くなったときには陰膳を備えて下さり感激いたしました。
とても思いやりのあるご夫妻です。

お楽しみは先に取っておきいつかご主人さまとゆっくり訪問なさって下さい。

投稿: Mikageマダム | 2013年12月21日 (土) 07時08分

桜田さんは食材、器とも組み合わせが斬新で
いつも記事を楽しみにしています。
今回目を引くのはお椀。螺鈿は本物の鮑ですよね?
画像を大きくして見たら中心は虹色側で素晴らしい。
今の生活に漆塗りは取り扱いが手間で食卓に並ぶ機会はハレの時だけ。
眼福に預からせていただいております。

投稿: よこから | 2013年12月21日 (土) 11時26分

よこからさま
とても素晴らしい螺鈿でした、今ではもう出来ないでしょうね。

お正月に塗りの器を出すと仕舞うのが手間ですね、でもハレのときならではですね。

投稿: Mikageマダム | 2013年12月21日 (土) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白菜と豚バラの鍋 | トップページ | プレセール »