« おしゃれな夕食 | トップページ | 小田巻蒸し »

2014年2月19日 (水)

純和食の献立

朝から曇り空で寒い日だったので外出は諦め、午前中に高松商店さんに電話してお魚の配達をお願いしました。

そして出来上がったのは純和風の献立です。

鰻ざく

写真: p1181501

蕪蒸し

写真: p1181514

鰻の蒲焼き、銀杏、蕪、きくらげ、わさび、葛餡

餡かけは体が温まります。

厚揚げとほうれん草

写真: p1181511

鰤の鍬焼きと沢庵

写真: p1181506

暖かいお酒が美味しくて進みました。

ソチオリンピックで覚えたのはロシアのリゾート地であることと「マトリョーシカ」です。

私は今まで「あの入れ子の人形」と言っていました。

マトリョーシカは箱根の入れ子人形がルーツだそうで、今ではマイケルジャクソンのマトリョーシカもあるらしいです。

義父母は40年ほど前ソビエト連邦へ観光に行きました。その時列車が突然止まり銃を持った兵士が乗り込み一人ずつパスポートの提示を求められとても怖かったと言っていました。

そしてお土産に大きなマトリョーシカを買ってきました。



只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« おしゃれな夕食 | トップページ | 小田巻蒸し »

コメント

ゴーグルをつけたマトリョーシカ、可愛いですよねhappy015年くらい前に北野異人館あたりのロシアの雑貨屋で購入したことがあります。チェブラーシカというキャラクターもとても可愛いです。

私の義父は生前、70年以上前にシベリア鉄道でモスクワへ行ったといつも宝箱を開けるように話してくれていましたが大層寒かったとかcoldsweats02
ロシア文学も美術館も興味は尽きないですが…オリンピックで楽しみますcoldsweats01

投稿: ちーちゃん | 2014年2月19日 (水) 10時23分

わたしがモスクワに住んでいたのは今から10年前ですが、銀行にはマシンガンを持ったガードマンがいつもいました。
今はどうなのかしら。
主人の仕事が忙しく、わたし一人でいつも銀行に行っていましたが、ドキドキでした。
でも、ロシアは今でも大好きな国です。
自然が素晴らしく美しいです。

投稿: チェブ | 2014年2月19日 (水) 12時39分

ちーちゃんさま
あのマトリョーシカはとても大きいのでしょうね。

シベリア鉄道って想像するだけで寒そうです。

今日お目にかかった方は毎日ライブでオリンピックを見ていらっしゃるとかで寝不足らしいです。

投稿: Mikageマダム | 2014年2月19日 (水) 14時13分

チェブさま
モスクワに駐在なさっていたのですね、ロシアは私には未知の国です。
広い国土で自然が一杯というイメージです。

マシンガンなんて側で見たこともないので怖いですね。

投稿: Mikageマダム | 2014年2月19日 (水) 14時16分

ロシアに行ったら私の夫に似た人がいっぱいいそうな気がします。おじいちゃんはリトアニアからアメリカに移民した人です。あのくまさん体型とウオッカに強いのはロシア系ですね。おいしいもの、あるのでしょうか?私はこの記事のマダムのお料理がこの上なくおいしそうに思えます。特にウナギ入りの蕪蒸し。すごいなー、こんなのおうちでできるのですねー。

投稿: shokola | 2014年2月19日 (水) 15時51分

shokolaさま
ルーツはロシアですか?!
ロシアと言えばキャビア、ピロシキ、ボルシチしかわかりませんが私はどれも好きです。

鰻の蕪蒸しは鰻を切って蕪をすって少しこちょこちょして蒸して餡をかければ出来上がり!と簡単ですよ。

投稿: Mikageマダム | 2014年2月19日 (水) 17時02分

今日のmenuも美味しそうですね。我が家でなかなかお目にかかれない鰻です。しかも鰻の蕪蒸しってゴージャスですね。我が家は鯛の塩焼き、なめこ汁、がんもどきと菜の花の煮物、新ごぼうと薄揚げの煮物、大根と人参を薄めに焚きあげ白味噌加え、仕上げにゆずを散らしてみました。美味しいかどうか??
ロシアは私にとっても未知の国です。しかし、彼らにとっても日本は未知らしいです。ロゼッタストーンでチャットしていると、偶然元ウクライナ出身、現在エストニア在住のシネマディレクターとマッチングし、日本は私にとって月のような世界だから、もっと日本の現状を知りたいと言われました。私の少ないボキャブラリーで日本を語りましたが、東日本大震災や福島の原発事故の事もご存知なかったのには驚きました。ドイツ人やフランス人、ドミニカの方は良くご存知でしたのに。まさにエストニアの彼女は子供の頃、チェルノブイリの被害を受けた方でした。色々と聞きたい事もありましたが、ボキャブラリーが無く、上手くチャットできなくて残念でした。

投稿: 垂水プティマダム | 2014年2月19日 (水) 17時03分

垂水プティマダムさま
盛りだくさんのお夕食を準備なさいましたね。
野菜たっぷりで美味しそうです。

日本は世界中に経済援助をしていますが国々の方がその実態を認識していないのが問題ですね。日本はもっと世界に向けてアピールすれば良いのにと思います。

私も日本の歴史や文化など紹介できません、もっと自国に感心を持たないといけないと思いました。

投稿: Mikageマダム | 2014年2月19日 (水) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おしゃれな夕食 | トップページ | 小田巻蒸し »