« 豚しゃぶ | トップページ | すし神戸(かんべ) »

2014年3月 6日 (木)

京都南座で観劇

東から来た友人と1時に京都駅で待ち合わせました。

伊勢丹地下2階で京都のお弁当を買ってからタクシーで南座のすぐ側にある「一平茶屋」へ向かいました。

予約をしていたので黙って座れば御料理が出てきました。

お酒好きの2人なので先ずはビールで乾杯

うすい豆豆腐

写真: dsc_0004

豆の良い香り、滑らかな胡麻豆腐とわらびの歯触りが良いバランスです。

八寸

写真: dsc_0006

鱒のお寿司

なまこ

卵のカステラ

菜の花お浸し

金柑甘煮

飯蛸

鯛の子

これはもうお酒しかないでしょう。

熱燗1本お願いしました。

頂きすぎると観劇の途中で眠ってしまうので要注意です。

お刺身は鰤、鯛、鮪

写真: dsc_10007

名物の蕪蒸し

写真: dsc_0010

器も蕪の絵柄です。

わさびを取って蕪の上に置いて頂きましょう。

写真: dsc_0011 (1)

とっても具だくさんの蕪蒸し、楽しいです。

最後のご飯はちりめん山椒と大葉、香の物

写真: dsc_0012

4種の香の物が京都らしいです。

朝から夜まで通しで営業なさってるので南座で夜の部を観る前にお食事を頂くのにとても便利なお店です。

2時頃からは私達2人でお店を貸し切った状態で贅沢な雰囲気でした。

3時半にお店を出ると雨が上がっていました、開演近くの南座へ行きました。

第一幕の御摂勧進帳「暫」は予想通り所々意識を失っていました。

そして幕間に頂いたお弁当。

写真: dsc_0015

写真: dsc_0016

画像が悪いのですが一口で頂ける手毬寿司です。

右下の若竹が一番美味しかった。

お箸を置いて3時間しか経っていないのに美味しくて私は完食です。

京都にお泊まりの彼女は少しだけ摘まみ、残りはホテルでビールを飲みながら召しあがるそうです。

そして第2幕はメインイベントの「娘道成寺」です。

花道側のお席だったので菊之助さんが登場の時は美しくて瞬きを忘れるほど、まるでお人形さんでした。

長時間の舞です、途中何度も引き抜きで衣装が替わりとても楽しい舞台です。

菊之助ファンの彼女は横で息を呑んでドキドキしながら観ているのが伝わりました。

場面場面で見せる菊之助さんの表情の変化が見事でした。

友人は1泊2日で夜、昼、夜の3公演観劇なさるそうです。

歌舞伎に精通なさってる彼女と又ご一緒したいです。

8時過ぎに南座を出たのですが電車の連絡が良くて9時半頃家に帰り着きました。

作り置きのカレーを夕食に食べた家人ですが、お土産に買った「いづう」の鯖寿司をおいしいと言って食べてくれました。


只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

|

« 豚しゃぶ | トップページ | すし神戸(かんべ) »

コメント

みかげマダムさま 菊之助さんの道成寺をご覧になったのですね。奥ゆかしい女形は私も大好きです。立ち役もなさいますが、いずれも華があり舞台でも目が離せない役者さんです。昼の部の与三郎、まだ拝見したことがなく歌舞伎座での再演の際には是非観たいと思いました。

投稿: michiko | 2014年3月 8日 (土) 07時33分

michikoさま
菊之助さんの所作が美しくて見とれていました。娘道成寺素敵でした!
ご結婚なさって少しふくよかになられたように思います。

投稿: Mikageマダム | 2014年3月 8日 (土) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豚しゃぶ | トップページ | すし神戸(かんべ) »