« チキンカツ | トップページ | お弁当 »

2014年4月 2日 (水)

「瓢亭」とお花見

御料理の先生と生徒さん達8人で京都「瓢亭」へ出掛けました。

私が30代、バブルの頃に伺ったきりです。

先月予約を取ったのですが偶然にも桜の満開と良いお天気という2重のラッキーに恵まれました。

願ったり叶ったりで感謝です。

写真: p1022224

写真: p1022221

写真: p1022219

写真: p1022218

写真: p1022216

写真: p1022189

写真: p1022187

お部屋に着くまで迷子になりそうです。

二間続きのお部屋に案内されました。

写真: p1022190

与謝野晶子さんの女性らしいお軸がかかっていました。

写真: p1022185

正座が辛いので足を入れられるお席です、床には電気が入っていて暖かです。

写真: p1022181_2

お隣の方の足がモデルです。

瓢亭は一年を通してお作りは明石の鯛のみをお使いです。

糸作り、土筆

写真: p1022192

加減酢で頂きます。

空豆

写真: p1022193

杯もひょうたん

写真: p1022195

お椀は生湯葉とこごみの白味噌仕立て

写真: p1022198

八寸

写真: p1022200

これが門外不出の瓢亭卵です。

筍の木の芽焼き

白魚の筏焼き

穴子寿司

車海老、鳥貝、うど、きゅうりの和え物

筍、鯛の子、若芽、わらびの炊き合わせ、木の芽

写真: p1022204

鱒の粕漬け、うど

写真: p1022207

飯蒸し、唐墨、貝柱

写真: p1022208

椀物

写真: p1022210

水菓子

写真: p1022215

お菓子はわらび餅でしたが包んで頂きました。

最後にお抹茶を頂きました。

こちらは御料理の説明は一切有りません。

これは何かしら・・・と想像しながら頂きます。

食事の終わる時間を予測し大型タクシーをチャーターして、瓢亭さんまでお迎えに来ていただきました。

桜の美しい見所を2時間回って桜見物させて頂きました。

琵琶湖疎水、鴨川、賀茂川、高瀬川沿等

写真: p1022237

写真: p1022233

雪柳の白と緑、桜のピンク、青空と何と綺麗な事でしょう。

写真: p1022236

狙って行ってもこのような満開で晴天にはなかなか巡り遭えないと思います。

タクシーの終着は高島屋でお願いしたので木屋町を下って頂きました。

高瀬川沿いは桜が溢れています、町中でこんなに沢山の桜を見られる所は無いでしょう。

電車で桜見物に行くなら阪急電車河原町駅で下りれば直ぐです、三条御池から五条まで桜並木がずーっと続きます。

高島屋で予約をしていたお弁当を受け取って帰路に着きました。

只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« チキンカツ | トップページ | お弁当 »

コメント

まあ、なんとクラシックな!ここが有名な懐石料理のお店なのですね。派手さはまったくないですねー。あくまで伝統を大切になさっているのでしょう。床に穴があいたみたいなお席がおもしろいです。
桜の写真が美しいです!青空に映えて。
また京都に行きたくなりました!

投稿: shokola | 2014年4月 2日 (水) 22時03分

shokolaさま
はい!これが三つ星の瓢亭さんです。
地味ながら高貴な佇まいは老舗の重みがあります。
数十年前に一度伺っただけですが卵は印象に残っていました。

桜の京都は素晴らしかったです。

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月 2日 (水) 22時22分

いつ伺っても同じです。
私も知り合い、友人お付き合いで何度か行っていますが、、。同じ守るのも三つ星なのか、洗練されたと言うのか?庭管理どこの庭師なのでしょうかしら。
桜、綺麗ですね。今年は関西は一度に開花。良い時予約でしたね。去年だとまだでしたからね。運が強い方々お集まりかも。

投稿: ソラソラ | 2014年4月 3日 (木) 05時18分

ソラソラさま
お庭の隅々まで行き届いたお掃除がなされていました。
女将さんのドンと落ち着かれた感じが素敵でした。

桜との出会いは運ですね。

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月 3日 (木) 07時19分

瓢亭卵!!! 懐かしいです。。。
母は京都出身…下賀茂あたりの出身でしたから、ゆで卵は、煮抜き、と呼んでいました。戦後東京に出てきたころ、どなたかに「煮抜きが好きです」と答えたところ、その方は、時代が時代ですから、列車から荷を抜く…つまり荷を盗むことと勘違い!眉をひそめて、「いくら食べ物がなくても荷抜きはいけません」とこんこんと諭されたとか。あとでわかって、大笑いになったというエピソードを聞かされました。 そんな母にとって、煮抜きと言えば瓢亭の絶妙なゆで卵…半熟より固く、ゆで卵よりやわらか。洋風には半熟でも、おかゆさんおおかずは瓢亭卵をつくってました。ひさびさに、明日の朝はおかゆさんと瓢亭卵にしようかなぁ。それには京都の漬物ですね♪ なぜか、あなたさまのブログを読んでおりますと子供時代を思い出すことが多いのです…不思議ですね。いつも楽しませていただいていてありがとうございます。

投稿: 小熊 | 2014年4月 3日 (木) 20時11分

小熊さま
御母様の楽しいエピソード有り難うございます。
関西人でも20代の方は煮抜き卵と言っても分からないかも知れません。

昔は家族で電車に乗って少し遠くへ行くときは煮抜き卵と冷凍みかんを買った物ですよ。
あ~懐かしい!
今は家族旅行でも個々にスマホを見たりゲームをしたりで家族の会話も無いようで寂しい限りです。

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月 3日 (木) 20時40分

瓢亭はさすがに渋いですねー。
私もいつか足を踏み入れてみたいですが
まだまだ修行がたりませぬcoldsweats01

ある人に「瓢亭卵ってどうやって作るの?
と尋ねたら「瓢亭で食べるから瓢亭卵だ」
というすごく納得いくお返事を頂きました。

お味はどんな風なんですか?

投稿: くみょん | 2014年4月 4日 (金) 16時59分

くみょんさま
大人の女性としては一度瓢亭へ伺って見て下さい。

瓢亭卵は小ぶりでこだわりの有る卵の様です。

お味は簡単に申しますと半熟卵の醤油味ですcoldsweats01

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月 4日 (金) 21時02分

美味しいお料理を召し上がってからのお花見、
心ゆくまで満喫されたことでしょうね。
週末は花冷えとなってしまいましたし、
気候も開花具合も最高の日にお花見ができたのではないでしょうか。
鴨川へすぐのところへ住んでおり、
この日は子ども達を連れて河原でお昼を食べました。
マダムが近くにいらしていたとわかり、とても嬉しくなりコメントさせていただきました!

今年は土日にお花見日和が合わず、家族揃って楽しめなかったので、私の地元の桜を狙っています。
GWが見頃の、日本一と称されることもある桜の名所です。弘前公園、マダムは行かれたことはありますか?
何でも嫁ぎ先の京都贔屓な私ですが、あそこの桜は京都でも敵わないと地元を誇りに思っています(笑)


投稿: maikoto | 2014年4月 5日 (土) 23時08分

maikotoさま
水曜日は最高のお花見が出来ました。
鴨川でお花見を楽しんでいらっしゃる親子のグループを見かけました。
その中にいらっしゃったのかも知れませんね。

今日は沢山の桜を見ることが出来ました。
弘前公園は失礼ながら存じ上げませんでした。
良い所を教えて頂き有り難うございます。GWまで楽しめるとは素敵な所ですね。
早速検索してみます。

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月 5日 (土) 23時33分

マダム様
何度も失礼を申し上げます。
弘前城は関西からでは気軽に行ける距離ではありませんが、一見の価値はあると思います。
りんごの剪定師さんが剪定をしており、花が房のようになってボリュームがあり、本当に見応えがあります。
味のある老木ばかりで、圧倒されますよ。
いつか是非お出かけください。
青森は美味しいものもたくさんあります!

投稿: maikoto | 2014年4月 7日 (月) 02時12分

maikotoさま
家人と話しましたが青森には一度も伺ったことが無いのです。
是非機会を作ってうかがいたいところです。
良い情報を有り難うございました。

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月 7日 (月) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チキンカツ | トップページ | お弁当 »