« 筍と蕗のばら寿司 | トップページ | 一人ご飯 »

2014年4月18日 (金)

桜づくしの桜田

名残惜しいのですが街中の桜はすっかり散ってしまいました。

そんな木曜日京都「桜田」へお邪魔しました。

お部屋に入ると先ず桜茶を出して下さいました。

次々と桜の趣向が続きます。

写真: p1172471

1品目長芋の昆布締めと車海老の加減酢、わさびと桜の花片と浜防風

写真: p1172474

わさびが良く効きます、とても良い酢加減なので全て頂きました。

椀物は油目と卵の胡麻豆腐、針うどと木の芽

写真: p1172477

お椀の蓋には桜の螺鈿

しび、いか、鯛

写真: p1172478

こちらで頂くお作りはいつも「美味しい」と声が上がります。

豆腐田楽、蕗のとう味噌と木の芽味噌で

写真: p1172482

薫り高いお味噌です。

桜と花筏の取り皿

写真: p1172484001

八寸

陶器のお重箱にはかがり火と桜の絵が描かれていました。

写真: p1172485

鰆のゆうあん焼き

桜の器にはおろしと浜防風、花わさび

写真: p1172486

串はこんにゃく、筍、海老入り卵焼き、きゅうり

鯛の子、海老、鮑、うるい

空豆

白和え

土鍋はのれそれの玉締め、花山椒

写真: p1172489

程良いお味で美味しい

炊き合わせ・・・厚揚げ、筍、若布、菜の花、木の芽

写真: p1172492

豆ご飯、新じゃが入りの赤出汁、香の物

写真: p1172496

水菓子

写真: p1172498

和菓子は春霞

写真: p1172499

抹茶

写真: p1172501

お店のお名前「桜田」はご主人の本名です。

お名前にちなんだ素晴らしい桜の器を沢山お持ちです。

こちらの御料理が一番美味しいと私はつくづく思い感謝しながら頂きました。

家人の夕食が要らない日だったので、京都に宿泊なさる友人と3時間ほどお茶をしてから神戸に帰って来ました。

京都の最高気温は27度にもなったそうです、阪急電車には冷房が入っていました。

只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 筍と蕗のばら寿司 | トップページ | 一人ご飯 »

コメント

いつもながら桜田さんのお料理は芸術ですね。生きる喜びを引き出してくれるような。
お料理はそれにふさわしい器があってさらにランクがあがるのですね。舞台の演出のようです。

投稿: shokola | 2014年4月18日 (金) 09時41分

shokolaさま
仰る通りです。
寸分の隙も無いお持てなしに満足致しました。

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月18日 (金) 10時42分

さすがミシュランだけあって、芸術品ですね。お写真を食い入るように見つめてしまいました。器とも調和し食べるのが勿体無い程ですが、美味しいものは頂かないと意味がありませんね。(笑)
和食器を集めるのも楽しいものですね。
ところで、和食好きの、特にお刺身、お寿司大好きなフランス人が近々来日します。私は京都は余り詳しくないので、有名な懐石料理屋さんくらいしか知りません。是非是非、桜田さんのような芸術品を味わって頂きたいと思いますが、お値段にびっくされるかも?しれません。もし京都に気楽に伺える和食屋さんをご存知なら、教えて頂けないでしょうか?宜しくお願いします。

投稿: 垂水プティマダム | 2014年4月18日 (金) 13時58分

垂水プティマダムさま
こちらのミシュランの数には?です。
お昼なら5000円からコースがありますよ。

お手頃なら一平茶屋、半兵衛麩などいかがでしょうか?

京都のおすし屋さんは不案内でごめんなさい。


投稿: Mikageマダム     | 2014年4月18日 (金) 15時40分

マダム、有り難うございます。是非是非桜田さんのランチお勧めしてみます。日本の繊細で心のこもったお、も、て、な、しを受けて感激してもらいたいです。
一平茶屋、半兵衞麩も検討してみますね。
マダムにご相談してみて良かったです。私も京都に行く時は桜田さんに連れていってよといつも主人にお願いしてます。

投稿: 垂水プティマダム | 2014年4月18日 (金) 18時48分

垂水プティマダムさま
お客様のご要望に叶ったお店選びをなさって下さい。
参考になれば幸いです。

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月18日 (金) 20時52分

こんにちは 初めましての投稿ですが大ファンで毎日mikageマダムさんのブログをチェックしています もちろんレシピ本も愛読しています(*^.^*)

一つ教えて頂きたいことがあるのですが。。。
ずっとすり鉢を探しています オススメの形や大きさ、買うときのポイント、選び方など教えて下さい!ちなみに、食事は二人分ですがわりといつも多めに作ります mikageマダムさんのような木の芽あえなど作ってみたいな~と思っています

できたらそのまま食卓にだせるようなものがいいのですが...

投稿: sweetie | 2014年4月18日 (金) 21時26分

sweetieさま
はじめまして!初コメ有り難うございます。
本をお買い求め頂きまして有難うございます。

すり鉢ですが私は昔ながらのオーソドックスなすり鉢で直径15cmから30cmまで3種類を使い分けています。
2人分の木の芽和えなら15㎝で出来ます。

すり鉢をそのまま食卓に出すのはいかがかとは思います。やはり器に盛り付けた方が美しいでしょうね。


投稿: Mikageマダム     | 2014年4月18日 (金) 21時54分

お返事ありがとうございます(*^-^)本当に嬉しいです

さすがmikageマダムさん、3種類もお持ちなんですね~ まず、一つ15センチのものを買ってみます

やはり食卓には他の器でのほうがいいのですね ふむふむ 勉強になります!ありがとうございました

投稿: sweetie | 2014年4月20日 (日) 10時30分

sweetieさま
小さい物からお試しください。白和えやとろろ汁などはもう少し大きな物が良いです。

すり鉢は調理用なので周りが汚れます、そのまま食卓に出すと食欲が失せると思いますよ。

投稿: Mikageマダム     | 2014年4月20日 (日) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 筍と蕗のばら寿司 | トップページ | 一人ご飯 »