« 焼き肉 | トップページ | ガーリックソルト »

2014年8月 7日 (木)

真夏の桜田

大雨警報と洪水注意報が出ている晴天の中、京都まで出掛けました。

お店に向かう道路には数軒手前から涼やかに打ち水がしてありました。

お部屋に入り冷たい梅酒を1口頂いて御料理に入ります。

虫篭の中に笹が入って涼しげな先付けです。

写真: p8070004

開けると海老、白きくらげ、かぼちゃ、芽紫蘇の旨酢ジュレ掛け

写真: p8070007

暑かった体が一気に涼しくなります。

枝豆の胡麻豆腐、鱧の椀物

写真: p8070011

器は瓜の塗り物です。

お造り3種

写真: p8070014

蓼の葉を含となんとも清々しいです。

あこうと松茸、芽葱

写真: p8070018

松茸の歯触りとあこうのぷりっとした旨み、スダチが効いて美味しい。最近買って頂いた中国産の松茸とは雲泥の差。

八寸色々

写真: p8070021

氷の器に蓮の花と氷見素麺、お出汁に温泉卵、薬味はみょうがと椎茸

写真: p8070024

この美しい1品に又又歓声が上がりました。

氷の器はご主人が出刃包丁で削っていらっしゃるそうです。

炊き合わせは白ズイキ、焼き茄子、ミニオクラ、針生姜

写真: p8070028

とても真似出来ない美しい炊き合わせです。

ご飯はお釜で炊いた鮎ご飯

写真: p8070031

炊きたてお釜ご飯の写真を撮らせて頂いたのに手ぶれで残念でした。

ご飯の中にも鮎をほぐして沢山入っています。

赤出汁には管ごぼう、管ごぼうは手間のかかる御料理です。

ごぼうを湯がいて細い金串を使って芯をくり抜くのです。

この時期は良く鱧と管ごぼうを椀物に使いますがあえて最後にサラッと赤出汁で供されるのは大将の力量でしょう。

水菓子

写真: p8070034

続いて水羊羹が出て最後にお薄です。

写真: p8070036

小学生の夏休み夕方になると家の前に打ち水をするお手伝いをしていました。

祖母から言われた事は「自分の家の前だけでは無く向こう三軒両隣までお水を撒きなさい」と教えられました。

祖母はバケツとひしゃくで綺麗に打ち水をしていましたが私は庭から長いホースを使って道路に水を撒く事を許されました。

子供の私には楽しいお手伝いでした。

人が通るときにはホースは下を向けて水がかからないようにすることも学びました。

祖母から教えて貰ったことは昔では常識でしたが今は通用しない時代になっています。

昨今夕方打ち水をしているお宅に巡り遭うこと等もありません。

地球の温度を下げる作用も有ると思うのですが気持ちに余裕が無く皆様お忙しいのでしょうか?

さすがに桜田さんでは今もおもてなしの精神が立派に受け継がれていました。

私達が帰るときにも又打ち水がしてありました。

只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 焼き肉 | トップページ | ガーリックソルト »

コメント

すべて完璧ですね!打ち水から始まるおもてなし。お料理はほんとに非の打ちどころがないですね。また京都に行きたくなりました。
打ち水、私も子供のころよく母や妹と一緒にしてました。夏は自分もびしょ濡れになったりして楽しかったです。ひしゃくでうまくできなかったなあって思い出しました。私の実家は京都の町家みたな格子の引き戸のある古い家です。家の前の木の深い緑と濃い影、夏の思い出がマダムの文章でよみがえりました。

投稿: shokola | 2014年8月 7日 (木) 23時39分

マダム様
おやすみなさいの時間ですが、ちらっと覗いたら、うれしい更新さらに「桜田」さん
うっとり夜中に観てしまいました。
今月も予約しました。別の日に航空券を予約してから桜田さんに電話をすると夏休みとの事、
慌てて航空券、ホテルの組み直しをし、予約を入れました!今度は1人旅です!
また暑いんだろうなぁと気合を入れてます!

御祖母様のお話を読ませてもらって、祖母を思い出し、懐かしくなりました。
お勉強になる事ばかりでしたね!ありがたかったです!今になって役に立っていますが、
忘れていたこともあります。少しずつ後世に伝えれるようメモしておきますbleah

投稿: けいちゃん | 2014年8月 8日 (金) 00時15分

先のコラムで「たおやかな」と表現なさっていた鱧のお椀を、きれいだなってずいぶん眺めていました。
今度は枝豆の胡麻豆腐にかわっていたり、氷器のお花のような盛り付けだったり、観てるだけでハッ!としちゃう、憧れの桜田さんです。
打ち水のお話で、御祖母さまのたおやかな御風情が伝わってきて凛と涼しくなりました。
打ち水は夏休みのお手伝いで、マダム同様ホースを許されていたのですが、先を指でつまんでシャワー状に弧を描いて虹をつくっていたのを思い出しました。

モロゾフのプリンカップ!
クロッカスの球根を水栽培していました。

投稿: 新米シェフ | 2014年8月 8日 (金) 01時05分

shokolaさま
今はもう無い実家ですが記憶は何時までもあせませんね。
ひしゃくでの水まきは上手く出来ませんが最後片手をバケツの底に添えてパッと撒くのが好きでした。

夏は蚊に噛まれるのが辛かったです。

投稿: Mikageマダム | 2014年8月 8日 (金) 07時30分

けいちゃんさま
又又北海道から京都へお越しですか?
暑いのでお気を付けて!

来月は2度参ります。

祖母と一緒に住んでいたので明治の女性から色々教わりました。見た目とは違い古風な中身の私が育ったわけです。

祖母は他の人の為にと絶えず心がけていた自己犠牲の人生でした。

投稿: Mikageマダム | 2014年8月 8日 (金) 07時37分

新米シェフさま
ホースの先を摘まんで太陽に向かって水を撒くと虹が出来ますね。
ついでに体がびちゃびちゃになりそのままお風呂へ直行と言う事になります。

球根に爪楊枝を刺して水栽培していました!

投稿: Mikageマダム | 2014年8月 8日 (金) 07時42分

マダム様
こんばんわ。
桜田さんのお料理、素晴らしいです。
マダムと同じ日の夜に偶然、当店のお客様が行かれました。
絽のお着物を女将さんが素敵だとお褒めいただいたと先ほどメールが来ました。
夏の暑い時のお着物は傍の方が見とれます。


投稿: あろはママ | 2014年8月 8日 (金) 21時25分

あろはママさま
あの日はとても暑い日でしたがお着物でお出かけとは素晴らしい方ですね。
絽の着物は周りの方を涼やかにして下さいますね、それが粋と言う物なのでしょうね。

投稿: Mikageマダム | 2014年8月 8日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焼き肉 | トップページ | ガーリックソルト »