« 蕎麦打ち名人 | トップページ | 秋の気配 »

2014年9月 1日 (月)

お酒を呼ぶ献立

朝食が遅めだったのでお昼ご飯は抜いて少し早めの夕食にしました。

秋の気配なので土瓶蒸し

写真: p1315578

鱧が少ししかなかったので鶏肉も入れたらお出汁が美味しくなりました。

焼き松茸

写真: p1315555

無花果の玉味噌かけ

写真: p1315571

甘さと辛さのバランスが良いです。

ほうれん草としめじの白和え

写真: p1315553

雨の影響なのかほうれん草が美味しくありません。

せっかく手をかけて作ったのに残念でした。

扇矢精肉店のサーロインです。

写真: p1315560

油を使わずに炒めて九条ネギをたっぷりかけます。

写真: p1315568

一味と鎌田の出汁醤油で頂きました。

サシの入ったお肉がネギと一緒に頂くとあっさりして美味しいのです。

2人で300g頂きました。

和食の場合いつもは軽くビールを飲んでからお酒に移るのですが家人はお料理を見るなり「今日はお酒やね」と。

この日も「呉春」をロックで頂きました。

「孤独のグルメ」でテールスープを食べてるのを見てから家人が「テールが食べたい」と何度も言うので扇矢精肉店へ行きました、伺うと「先週からテールがよく出て品切れなのですよ、何かで出たんですか?夏なのにおかしいなぁと思って」とご主人に聞かれました。

「孤独のグルメ」の人気に驚きました。

家人が「次回の放送はスペアリブだからたくさん仕入れとかないと」と助言していました。

夜中の番組ながらファンが多いようです、我が家は録画をやや遅れて見ています。

只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 蕎麦打ち名人 | トップページ | 秋の気配 »

コメント

おはようございます
我が家もマツタケ!食べました
アメリカ産(?)3本で980円です
いつの日か国産食べましたと
ご報告コメントが出来るようになりたいです
アブラゲを超みじんにしてマツタケごはんにしました
国産は真似できませんがみじん切りだけは
毎年欠かさずマネています

投稿: trintrin | 2014年9月 1日 (月) 08時40分

trintrinさま
我が家のは中国産と思われます。
食べるたびに国産はいつになったら食べられるのかしら・・・と寂しくなります。

報告コメント是非お待ちしていますね!

投稿: Mikageマダム | 2014年9月 1日 (月) 10時43分

本当に写真に食らいつきたいくらい、美味しそうです。土瓶蒸し食べたいです。イチジクに玉味噌もあうのですね。牛肉は我が家もすっかりこのお葱のたっぷりがけにはまってます。鎌田のだし醤油をかけるととっても美味しいですよね。今夏何度作った事か!!マダムのおかげで我が家も母も美味しいものを頂けます。
マスカラのお話の続きです。私は使い捨てコンタクト使用のため、ウォータープルーフしか使えません。なのでヘレナのあの一品がお気に入りです。
もしマダムがコンタクトご使用でなければ、ヘレナでもボリュームが欲しい、長さが欲しい、お湯で落とせるのが欲しいとか希望を伝えると選んで下さいますよ。しかし、コスメ番長?のshokola様のお勧めのクレドポーもいいかもしれません。いつも楽しいコメントを書いていらっしゃり、ユーモアのセンスが素敵だなぁと思います。

投稿: 垂水プティマダム | 2014年9月 1日 (月) 16時58分

垂水プティマダムさま
牛肉に青ネギは良く合い美味しいですね。
私は赤身よりロースが好きでギトギトでも大丈夫です。

コンタクトは使っていません。
コスメ番長のshokolaさまはポジティブで元気、そしていつも笑顔が素敵な方です。

ヘレナへ行くか、いっそ付けまつげにするか考え中です(笑)


投稿: Mikageマダム | 2014年9月 1日 (月) 17時59分

青ネギたっぷりがけの牛肉、私もマダム様と同じくギトギトが好みですhappy01 たまりません❗️

コンタクトで思い出しましたが、学生時代、片方のレンズが外れ、探しているうちに足で踏んずけて駄目にしたことがありました!

秋の気配といえば、我が家のマンションの小さな庭にも、柿が6個と花梨が沢山実をつけています
萩も赤い花を咲かせ、ホトトギスの花も咲き始めています

投稿: 紫陽花 | 2014年9月 1日 (月) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦打ち名人 | トップページ | 秋の気配 »