« 純和食献立 | トップページ | 寿司 明石「渾」 »

2014年10月 9日 (木)

皆既月食と桜田

3組の夫妻6人で桜田さんへ伺いました。

今回は国産松茸を使ったお料理をお願いしていましたが先日産地を台風が直撃しました。

それでもご主人はできる限り探してきます、と言って下さっていました。

私は楽しみにして出かけました。

写真: img_0326

女将さんがお部屋に持ってきて下さった松茸、調理の仕方を聞かれたのでこれは焼き松茸にしていただきます。

高野山まで松茸を受け取りに行って下さったそうです。


先付けは小さな蕪に貝柱、フォアグラのパテ、海老を挟んだもの3種に旨酢ジュレ、菊花

写真: p1086339

お酒は立山

写真: p1086342

椀物は鱧しんじょう、梅肉、松茸、ほうれん草、ゆず

写真: p1086346

テーブルに松茸を噛むコリコリと言う音が集まりました。

胡麻豆腐の揚げ物、大根おろしと天つゆ

写真: p1086348

2段重で出てきた八寸

くみ上げ湯葉、枝豆、銀杏、焼き栗、ほうれん草としめじのお浸し、いくら

写真: p1086352

下の段はヒラメの薄作り

写真: p1086356

次は作家物の陶器の2段重が出てきました。

写真: p1086358

松茸と菊菜、菊花のおろし和え

写真: p1086361

まながつおの幽庵焼き

写真: p1086362

取り皿

写真: p1086359

焼き松茸

写真: p1086363

夫婦で1つの炭を仲良く使います。

写真: p1086370

家人「あんたの松茸が僕のにもたれかかってるよ」

私「もたれかからせてよ」

美味しい物を前にして仲良くヤキヤキ!

炭に乗せた途端良い香りが充満しました。

カウンター席まで松茸の香りが漂っていたそうです。

松茸はまずヒダの方を少し焼いて返して焼きうっすら水分が出てきたら焼き上がりです。

塩を少しふってスダチを絞って頂きます。

甘い無花果に胡麻クリーム

写真: p1086375

バカラの器で出して頂きました。

炊き合わせ・・・小芋、厚揚げ、みょうが、ゆず

写真: p1086377

薄味ながらうまみが充分の炊き合わせ、小芋が特にすばらしかったです。

松茸ご飯、蓮餅の赤だし、香の物3種

写真: p1086382

ご飯より松茸の方が多い松茸ご飯、歯触り抜群です。

家人はお代わりをしていました。

水菓子とバレンシアオレンジのジュース

写真: p1086384

バカラとマイセンの古い器で出して下さいました。

お菓子は栗でしたが包んで頂きました。

お抹茶

写真: p1086386

お腹をさすりたくなるほど満腹状態です。

皆既月食が終わらないうちに外へ出ることにし8時半にご主人と女将さんにお礼のご挨拶をしました。

車道に出て後ろを見上げると赤いお月様が綺麗に見えました。

松茸と皆既月食と言う記憶に残る良い日となりました。

10時に御影に着き空を見上げると黄色い満月でした。






只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 純和食献立 | トップページ | 寿司 明石「渾」 »

コメント

マダム、おはようございます。とても立派な松茸!香りが漂ってきそうですね。いいですね、旬のものをいただくって素敵ですね。ご主人様とのやりとりもなんともチャーミングな!朝から、クスクスっと微笑ましい。
朝ご飯、ピザトーストにしてみました。食パンもチーズも材料はいつもあるものなのに、気づきませんでした!もちろん完食!素晴らしいアイデア有難う御座いました。

投稿: haru | 2014年10月 9日 (木) 07時46分

haruさま
おはようございます!
あのようなご馳走は一生に一度の事だと思います。

ピザトーストお試し下さってありがとうございます。

投稿: Mikageマダム | 2014年10月 9日 (木) 09時34分

いつ拝見しても、うっとりするようなお料理ですね。
松茸は昔は収穫量も多くて父が早朝、裏山(地域の共同所有)に入って数十本採ってくることも珍しくなく、たらふく食べていました。調理方法は焼き松茸のみで、五右衛門風呂の焚口に放り込むという(炭火直焼き?)豪快な焼き方!それを父に割いてもらいお醤油をかけて頂いていました。私は香りよりは触感が好きでよく食べましたが、姉は確か嫌いだったはず。高価なものだとは知らず、田舎ならではの贅沢をしていたんですね。

投稿: ななこ | 2014年10月 9日 (木) 11時29分

haruさまの朝食、同じくだったので少し安心しました^_^
我が家は、子たちは、納豆大好きで、私は、まったく受けつけませんが、モリモリ食べるのに、食パンだとイマイチ
なので、ピザパン作ってみようと思います!

投稿: アラフォー | 2014年10月 9日 (木) 12時10分

素晴らしいお料理の数々、お写真提供有難うございます。
マダム様は京都美山荘もいらっしゃいますか?

銀座三越に美山荘出身の料理長が、石楠花というレストランを開かれています。

今月末に遅い夏休みをとり、友人とウフィツィ美術館展+石楠花ランチ予定です。
美山荘は本格的懐石だと思いますが、こちらはデパートの中では格の高い和食、私にできる贅沢はこのくらい…です。

投稿: chocora | 2014年10月 9日 (木) 15時38分

ななこさま
一時京都に住んでいた幼少期、松茸山では新聞紙に包んでたき火に放り込み焼き松茸を作り側の柚をもぎ取ってかけてもらって食べていました。
今では夢のようです。

松茸は消化が悪く娘は昔食べ過ぎて以来苦手です。お姉様も同様かも知れないですね。

投稿: Mikageマダム | 2014年10月 9日 (木) 15時54分

アラフォーさま
ママが苦手な納豆を召し上がるお子様、教育が良いのですね。

パンを焼いて包丁で薄く半分に切り中にバター、マヨネーズ、ハム、きゅうりを挟んだホットサンドも美味しいですよ。
私もトーストだけでは食べられないのです。

投稿: Mikageマダム | 2014年10月 9日 (木) 15時58分

chocoraさま
美山荘の先代がご健在の時ついに京都には行けませんでした。
その後先代の弟様のお店、「草喰なかひがし」には伺いました。
まさしく「草を食らう」という珍しいお料理でした。

10年ほど前ウインザーホテル洞爺の美山荘でお食事を頂きましたが残念ながら記憶に残っていません。

投稿: Mikageマダム | 2014年10月 9日 (木) 16時02分

見事な松茸に皆既月食。さぞかし昨日は素敵な夜だった事でしょう。何と羨ましい!!
桜田さんはいつも器と料理の調和が美しいです。焼き松茸豪快に食べてみたいです。松茸のお吸い物も松茸ご飯も胡麻豆腐の揚げ物も美味しそうで、食欲の秋ですね。
先付の蕪に貝柱、海老とフォアグラのパテと旨酢ジュレってどんなお味なのかしら?全く想像できません。
イチジクの胡麻クリームは若い頃、懐石料理を習っていた時に教わりました。上にのっている緑の物は何ですか?
本当に興味深いお料理の数々ですね。
今日はマダムのレシピより鰆の中華蒸しを作りました。
ふっくらと柔らかでとても美味しかったです。またリピします。マダムにまたまた感謝です。

投稿: 垂水プティマダム | 2014年10月 9日 (木) 20時29分

垂水プティマダムさま
昨夜はきっと一生涯忘れることの無い日となりました。

桜田さんの真心がこもったおもてなしを受けることが出来最高に幸せでした。

イチジクの胡麻クリームには何かのスプラウトが乗っていました。

家人に胡麻豆腐の揚げ物を家でも作ってと言われましたがそれは無理です。

鰆の中華蒸しを作って頂きありがとうございました。

投稿: Mikageマダム | 2014年10月 9日 (木) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 純和食献立 | トップページ | 寿司 明石「渾」 »