« おせちの準備 | トップページ | 牛すき鍋 »

2014年12月16日 (火)

12月の桜田

最近○ニクロの下着ばかりでしたが、ず~っと以前買っていたダマールの下着を着込んで寒い京都へ出かけました。やはり暖かいです、義母と一緒に買いましたが使って居るかしら?

先付け

海老、鱈の白子の旨酢ジュレ、器はミキモトのクリスタル

写真: img_0975

1口含んではお酒を飲み、を繰り返しお味を楽しみました。

椀、くわい豆腐、ばちこ、うぐいす菜、柚子

写真: img_0979

バチコの香りを久しぶりに感じました。

お造り 鰤、鯛、いか

写真: img_0982

鰤は大根おろしを付けて頂きます。さっぱりと頂けて美味しいです。

蒸し寿司

写真: img_0985

丁寧に仕上げられた蒸し寿司は好物です。

八寸  雪囲いの中にはヤマゴボウ、鰆の幽庵焼き

写真: img_0988

ヤマゴボウ大好きです。

いくら、蟹棒の大根巻き、白和え

写真: img_0989

なまこ

写真: img_0992

どうしたらこんなに柔らかく仕上がるのかいつも不思議です。

火鉢が運ばれてきたら柚子の良い香りが部屋中に広がります。

写真: img_0994

ジュワジュワ言ってきたら女将さんが底に懐紙を差し込んで器用に器に移して下さいました。

写真: img_1001

なめことウニの優しいお味

四角に切り揃えられてた蕪2切れと鯛2切れ、冷たいお出しと共にベネチアングラスで供されます。

写真: img_1002

炊き合わせ、蕪と淀大根、九条ネギ、柚子

写真: img_1004

牡蛎ご飯、結び生麩の赤だし、香の物

写真: img_1007

牡蛎ご飯に里芋が良いアクセントです。

水菓子

写真: img_1009

ゆり根のお菓子柚子入り

写真: img_1010

お抹茶と煎茶も美味しく頂きました。

最後に若女将がお顔を見せて下さいました、お久しぶりですが歯の矯正が取れてまたまたお綺麗になられてとても幸せそうな笑顔を振りまいて下さいました。

私達までも幸せのお裾分けを頂いた気分で嬉しかったです。

どうぞお元気でお幸せに!!!


只今予約受付中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« おせちの準備 | トップページ | 牛すき鍋 »

コメント

桜田さん、ミキモトのクリスタルにベネチアングラス、意表をつかれて・・・素敵です

朝から寒いrainです
ダイアナ妃も愛用されてたダマールは暖かいですね
でも私は専ら、〇二クロのヒートテックキャミソールのみです!
下着に袖があると何故か肩が凝るのです
足元も家の中では、かかとソックスのみです
このソックスのお陰で、お手入れなしでもツルツルですsign01
自慢できるのが、かかとだけっていうのが何とも悲しいですが…wobbly
赤本の帯にあるように、”なぜ、マダムは驚くほど元気で美肌なのか?” が羨ましい限りです

投稿: 紫陽花 | 2014年12月16日 (火) 12時22分

紫陽花さま
桜田さんの器はお料理と同じく毎回感動します。

冷え性とは縁が無いご様子で羨ましいです。

本のキャッチは編集者の作でとてもお恥ずかしい限りです。
お面を被って歩きたい気分です。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月16日 (火) 13時28分

マダムお久しぶりでございます。
桜田さんはやっぱり極上のお料理で美味しそう。
前回伺いました時は超満席で少し落ちつかず
次は京都が静かな時を狙って行きたいと思っております。
ダマール>ユニーですかやっぱし・・・・・
でも高いので手が出ない私はユニーの2重重ねで
頑張ります。
あ、冬の韓国は行きません。
今日のソウルは-12度だそうですから・・・・

投稿: くみょん | 2014年12月17日 (水) 11時04分

くみょんさま
桜田のお料理が私には一番です。
次はお正月料理を楽しみにしています。

今日は神戸でも雪がちらつきました、その中お料理のお稽古をしていました。
私は寒さに弱いのでソウルは絶対無理みたいです。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月17日 (水) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おせちの準備 | トップページ | 牛すき鍋 »