« お通夜の夕食 | トップページ | 蟹すき »

2014年12月20日 (土)

お弁当を持って

12年程前父が亡くなった時お通夜から葬儀まで何もまともな物が食べられずその場しのぎの食事しかできなかった事を思い出しました。

友人のご主人と2人のお子様にお弁当を作って届けました。

私の顔を見るなりご主人が「飲みましょう」とウイスキーの水割りを作って下さいました。

「一応私は主婦なのでお昼からそんなに頂けません」と言ったらご子息が「しゅふのシュは酒でしょう?」と言われたので「なるほど!」と頂く事にしました。

ジメジメすること無く4人で色んな事を語らいました。

男性2人がカメラを手離さずぱちりぱちりと記念撮影、私が家族の一員としてその場に居ることに申し訳なさがありました。

納棺の儀を終えたらご主人が祭壇の前でお箸を取り「美味しい!何も食べて無かったんだ」とお弁当を召し上がって下さいました。

夕食は私達もお弁当のお相伴に預かりました。

写真: p1197975

きんぴらごぼう

だし巻き卵

切り干し大根

鰻の山椒煮

京都から届いた「村上重」のお漬け物

写真: p1197971

ご主人がお好きな物の一つです。

豚のしょうが焼き

写真: p1197980

以前友人が芦屋のお宅から「あなたのお家が見えるのよ」と言って下さってました。今は空からいつでも見て下さってますよね。

これからは貴方から「何やってんの!」と言われないように生きていきます。


只今予約受付中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« お通夜の夕食 | トップページ | 蟹すき »

コメント

マダムはじめまして。
いつもブログを拝見しています。
マダムの優しさ、周りの方達を大切に想うお気持ちに初コメントさせていただきました。
読みながら涙が止まりません。
マダムのようなお友達をお持ちになってご友人はきっとお喜びだと思います。
これからもマダムらしく私達を楽しませて下さい。

投稿: はるる | 2014年12月20日 (土) 12時01分

mikageマダムさま

とても大切なお友達を、突然亡くされたご心中、お察しいたします。
心から、お悔み申し上げます。m(__)m

久しぶりに会う約束をされた時間に、亡くなられたとは、偶然とはいえ、何とも悲しい事ですね。
私まで、心が痛くなりました。(涙)

そして、お弁当ご持参の心配り、とても素敵です。
亡くなられたお友達が、「ねっ?素敵な友達でしょ?」って、喜んでいらっしゃる声が聞こえそうです。

そうです! 「何やってんの?」と言われないよう(失礼しました)、明るく楽しく元気に生きていきましょう!!
それが、生かされている人間の義務?かもしれませんね。

「シュ婦」が「酒婦」?
ご子息のユーモアが、心憎いです(^^ゞ

投稿: nagoyaka | 2014年12月20日 (土) 14時52分

マダムのお辛さは、想像するしかできないのですが、このブログの多くのファンの皆様も、同じように悲しんでいらっしゃることと思います。
また、このような大切なことをブログに載せられたこと、私たち読者を信頼してくださっているんだと感じ、胸が熱くなりました。

投稿: ななこ | 2014年12月20日 (土) 15時40分

はるるさま
初めまして!初コメありがとうございます。
友人の数は少なく両手で余るほどです。年に一度しか会えない友も居ますが皆深い関係です。

ご葬儀が終わったら元気を出します。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月20日 (土) 15時44分

nagoyakaさま
気づかないうちに指を切っていました、落ち着きが無くなっているようです。

生かされてる私の義務として彼女が愛したお嬢様の相談相手にでもなれればと思っています。

お酒好きの友人が居なくなり寂しいです。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月20日 (土) 15時50分

ななこさま
こらえきれずブログにUPして申し訳ありません。
お仕事ですぐ駆けつけることが出来ないお嫁さまがブログを見て下さってるので・・・

投稿: Mikageマダム | 2014年12月20日 (土) 15時56分

マダムのこころのこもったお料理に、芦屋のご家族様は息を吹きかえした事でしょうね。大切なひとを喪うと、自分まで生きているのかどうか信じられなくなってしまいますもの。
昨年父が他界した折、マダムが下さった言葉にいまでも励まされています。

わたしにはマダムを励ますような、上手な言葉が浮かびませんが
コラムを読んで涙がでて今日は出目金魚のように過ごしました。


投稿: 新米シェフ | 2014年12月20日 (土) 15時57分

既にお書きになられた方同様、大切な方をなくされたお気持ちははかりしれません。昨日、オフィスで始業前にこちらを拝見したのですが、人生の善悪、お行儀よく生きるすべ・・については、背筋が伸びる思いでした。私も友人からの示唆をそのように受け容れられえる自分でありたいと感じた次第です、ありがとうございました。

投稿: michiko | 2014年12月20日 (土) 18時06分

このような時に不謹慎ですが、マダムの生き方、考え方をお手本にさせていただくことがよくあります。
少し前にも予期せぬことが生じましたが、「マダムならきっとこんな風に(ポジティブに)考えられるわ」と思い、あるがままを受け入れられるように自分の気持ちを調整することができました。
このブログに出会えたことを本当に感謝しています。

投稿: ななこ | 2014年12月20日 (土) 18時15分

マダム、ご無沙汰しております。
大切なご友人の悲報、こちらまで胸が詰まりました。
おつらい中、ご家族の皆様へのお気遣い素晴らしいです。

私事ですが今年の3月に義父が入院しまして、付き添いで泊まる義母にお弁当を届けました。
その日の深夜、義父は亡くなりました。
後日、あの日のお弁当がありがたかったと言われました。
マダムのお優しさにいつも学ばせていただいています。
マダムが少しでもお元気になられますよう願っています。

投稿: シーサー | 2014年12月20日 (土) 18時27分

ほんまに葬儀屋さんの手配する食事なんておいしくないことこの上なし!母の通夜の時のお寿司はひどいものでした。斎場の近くで食べた懐石もさらにまずく思い出しても腹立たしいです。マダムのお弁当みたいにすてきなのが来たら家族の方もきっと心和むはずですね。マダムがまたお元気になられますことを祈念いたします。

投稿: shokola | 2014年12月20日 (土) 20時17分

新米シェフさま
泣かせてしまってごめんなさい。

昨年私は何てお言葉を掛けたのか・・・大した事は申してないと思いますがお恥ずかしいです。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月20日 (土) 21時01分

michikoさま
「お口はチョコレート心は冷蔵庫」の人が多い中、ひがみや嫌みでは無く厳しい事を言って下さる方が本当の友人と思います。
貴重な方を失い戸惑っています。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月20日 (土) 21時06分

ななこさま
私ごときがお手本にはなりません。
未だに頭を打つ事が日々有ります。

いいね!と思えることを書くのがブログならば私のはずれてますがご容赦願います。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月20日 (土) 21時10分

シーサーさま
お久しぶりです、お元気ですか。

お義母様には一生忘れることが出来ないお弁当でしょうね。

家人の上司の奥様(好きな方でした)が顔のヘルペスで緊急入院なさった時何か出来ること?と考え20代の私はつたないお弁当をナースに届けました。
後日奥様が豪華なお花でも無く質素なお弁当をとても喜んで下さったのが嬉しかったのです。

明日の葬儀は泣かない様に努めます。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月20日 (土) 21時24分

shokolaさま
家族の葬儀と言う物を経験して初めてわかることが沢山有りますね。
私は28 歳の時2ヶ月の間に母と義父を見送り、葬儀のプロになったと思いました。

元気になっておせち作りに励まねば!

投稿: Mikageマダム | 2014年12月20日 (土) 21時30分

マダム様…
私の文章力ではなんとお声掛けしていいか、言葉が見つかりません…。
ご遺族様、マダム様どうか1日でも早くお元気になられますように。

15日桜田さん ニアミスでしたweep

投稿: けいちゃん | 2014年12月21日 (日) 12時14分

けいちゃんさま
お気遣いのコメントをありがとうございます。
今日お見送りさせて頂きました。

15日は夜でしたか?同じ日なのにとても残念です。
来月は・・・・

投稿: Mikageマダム | 2014年12月21日 (日) 19時46分

マダムさま
あたたかいお心遣いどうもありがとうございました。
マダムさまからお弁当をいただいて、とってもおいしかったと主人が嬉しそうに話してくれました。
おくればせながら本日コメントを読ませていただいて、私へのご配慮の記事とのこと、、、
胸がいっぱいです。
葬儀も長男の嫁という立ち位置でしたが、この中の誰よりも私が母との歴史も短くて浅いと思え、こんなところに立ってても良いのかという思いでいっぱいでした。
そんな私にこんなあたたかいお気遣いをいただいて、とっても嬉しいです。

また、マダムさまご夫妻にお会いできて光栄でした。いつか石垣島にもいらしてください。

投稿: 石垣島の嫁 | 2014年12月24日 (水) 15時20分

石垣島のお嫁さま
あのような形で初めてお目にかかるのは辛い思いでした。

お仕事がお有りなのにお忙しく大変でしたね。
お通夜の間皆様何も召し上がって無い様子でしたので少しでもお腹に入れて頂こうと思ったのです。

是非海好きの家人と共に石垣島へ行かせて下さいね。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月24日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お通夜の夕食 | トップページ | 蟹すき »