« オーベルジュ内子のビラ | トップページ | オーベルジュの朝食 »

2014年12月 1日 (月)

オーベルジュのディナー

夕食はレストランで和蝋燭の明かりのみで頂きます。

宿泊客は4組だけなので席の間隔がゆったりとセットされています。

写真: img_0824

目が慣れる前にワインリストを見たら読めません・・・・

蝋燭は2時間半で燃え尽きるそうです、丁度お食事が終わる頃無くなるのでしょう。途中蝋燭の芯を切りに来られました。

暗い中での撮影は難しく上手く撮れません。

オードブル2種、ロワイヤル仕立てのスープ、お魚料理、お肉料理2種からなる献立です。

前菜1,地元の食材で作られたテリーヌ

写真: p1297691

粒マスタード、サワークリームに自家製のドライ無花果とハーブを混ぜたもの、ほおずき、パプリカのピクルス添え。

前菜2,アワビのソテー、肝ソース

写真: p1297693

柔らかいアワビに仕上がっています。

スープ

写真: img_0822

原木椎茸の旨味が良く出ています。

白ワインを1杯ずつと4種の赤ワイン飲み比べをしました。

写真: img_0835

うちわ海老、牡蛎、鰆、貝など

写真: img_0830

海老が美味しい。




地鶏の料理

写真: img_0834

お口直しはトマトのアイスキャンデー

写真: img_0839

牛肉の料理

写真: img_0840

他のテーブルから美味しそうな香りが漂ってきたので待ち遠しかった牛肉料理です。

良い牛肉でしたが満腹で食べきる事が出来ませんでした。

ストーブで仕上げた地元のお野菜達

写真: img_0842

バターの香りがします、お味が濃くて美味しい野菜はどれも美味しいですがこれも大量です。

私達以外のテーブルは皆様完食です。

沢山の量が頂けない私達は不甲斐ないです。

デザート2種盛り

写真: img_0845

どのお料理も素晴らしいのですが写真の腕が悪くて上手く伝えられず残念です。

見にくい写真にお付き合い下さいましてありがとうございます。




只今発売中

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,050(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« オーベルジュ内子のビラ | トップページ | オーベルジュの朝食 »

コメント

内子のオーベルジュにいらしたのですね。
ろうそくは雰囲気がありますが、手元が暗くてちょっとご不自由では…
マダム様の旅行記から、過去に高松のオーベルジュにもいらしたのですね。
屋島の地元民です。。昔は屋島にロープウエイがあり、通学がロープウエイという女の子もいました。(・_・;)
四国村の釜揚げうどんは亡き父が好きで、最後の入院となる前に孫を連れて四国村に行きたいと
一緒にうどんをいただいたのが最後になりました。
瀬戸内のお魚と讃岐牛も割と美味しい?、のどかなところです。
オーベルジュも私は訪れていないですが、ランチの予約もなかなか取れないと姉が申しておりました。

投稿: chocora | 2014年12月 1日 (月) 13時51分

うーん、いい雰囲気ですねー。十分わかりますー。いい素材を使って心こめて作っておられますね。量は私も最近食べられません。牛みたいに胃が4つあったらいいのになって思いますよ。4つもいらん、2つでいいかな。
デザートはマダムは残したのでは?と思いました。暗い照明もおしゃれでいいけど最近目が悪くなって暗すぎると何も見えないのが困ります。和ろうそくですかー。すごいなあ。

投稿: shokola | 2014年12月 1日 (月) 16時54分

オーベルジュに泊まられたのですね。
1度は泊まりたいと思いつつも子連れは不可なので、子育て真っ只中の私には当分無理そうです。
愛媛と縁があるとは…驚きました。宇和島はまさに地元。鯛めしよりも牡蠣の方が美味しいかもしれません。御荘というところでとれます。

投稿: つつな | 2014年12月 1日 (月) 17時54分

美味しさ伝わってますconfident
シニアには量が少し多い気がしますね
でも美味しいのに残念、もったいないっていつも思います

お料理を拝見したら、ますます行きたくなってしまいましたヽ(´▽`)/

投稿: 紫陽花 | 2014年12月 1日 (月) 18時01分

こんにちは。20年以上首都圏在住ですが、地元が松山の三番町です。お近くにご親戚がおられると知り、勝手に親近感を感じております。
内子は昔和蝋燭と和紙で栄えた街ですよね。両親が時々からりに買い物に出掛けるようで、購入した野菜などを宅急便で送ってくれます。砥部にも親戚がおりますが、内子のオーベルジュも砥部のオーベルジュもマダム様のブログで知りました。いつか帰省の際に泊まってみたいです。
フットワークの軽いマダム様のおかげでいつも新たな発見があり、感謝です。

投稿: nana | 2014年12月 1日 (月) 21時29分

地の素材が見事ですね、うちわ海老を初めて知り目を丸くしました!
明るいお写真だったらもっと度肝を抜かれたとおもうので丁度優しかったです。


投稿: 新米シェフ | 2014年12月 1日 (月) 21時29分

chocoraさま
家人は屋島のロープウェイに乗ったことがあるそうです。私も動物園に行きました。

うどん県と言うほど人気となりましたね。
私はこしがあるごりごりのおうどんより釜揚げが好きです。

私はオーベルジュドゥおおいしのマダムが格好良くて惹かれます。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月 1日 (月) 21時30分

shokolaさま
外国では照明を落としたレストランがおしゃれの様ですが年寄りには見えにくいです。

デザートはチョコレートのクレープが美味しくて完食ですよ。
今夜は買ってきた和蝋燭を灯しました。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月 1日 (月) 21時34分

つつなさま
オーベルジュは大抵子供は御法度ですね。楽しみは老後にお取り置き下さいhappy01
しかし若いカップルがお泊まりでしたよ。
景気は上向いてるのかも知れません。


投稿: Mikageマダム | 2014年12月 1日 (月) 21時38分

紫陽花さま
お粗末な画像で失礼致しました。

私達と同じくらいのカップルはすべて召し上がっていたので量が多いと感じたのは私達だけ?と心配していました。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月 1日 (月) 21時41分

nanaさな
3番町ですか?親戚とお近くですね。

からりはとても気に入りました!
ご両親に感謝ですね。
私も沢山の野菜を買い込み調理意欲がかき立てられてます。

四国には行ってみたいオーベルジュがまだあります、今後の楽しみです。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月 1日 (月) 22時02分

新米シェフさま
うちわ海老は神戸では手に入らない品なので出てきたときは感動しました。
しかし頭でっかちで身は少ないのが残念です。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月 1日 (月) 22時07分

 ろうそくが幻想的ですが、お料理の素晴らしさは見て取れます。地の食材が盛り沢山の豪華ディナーですね。

 内子の道の駅でマダムは干しずいきを買われたとか、それって芋がらのことですか?
大好きなので、阿蘇の道の駅で芋がらを見つけて小躍り(笑)して買いました。
ドライブがてら是非行ってみたいです。


投稿: minimayu | 2014年12月 2日 (火) 00時22分

minimayuさま
干しずいきを見つけましたが戻し方がわからないので買うのを諦めたのです。

どうして召し上がるのでしょうか?

投稿: Mikageマダム | 2014年12月 2日 (火) 07時33分

 干しずいき(芋がら?)は、もみ洗いしてからぬるま湯に落し蓋で戻します。食べやすく切ってから茹でこぼすのは生のずいきと同じです。皮をむかなくてよいので楽ですよ。

薄揚げと炊くか、胡麻酢にするかごく普通の食べ方しか知らないんですが、お出汁がジュワーで食感が良いですよ。
 
 かさ張らないし買い置き出来てゴミが出ないので、乾物Loveです。

投稿: minimayu | 2014年12月 2日 (火) 08時46分

minimayuさま
干しずいきの戻し方を教えて下さいましてありがとうございます。コミが出ないのは嬉しいですね。
乾物ならシーズンを問わず頂けますね。

投稿: Mikageマダム | 2014年12月 2日 (火) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーベルジュ内子のビラ | トップページ | オーベルジュの朝食 »