« 京都水族館と梅小路公園 | トップページ | 2日目宿の夕食 »

2015年1月12日 (月)

雄琴温泉「緑水亭」

赤本出版にあたり娘には秘書のような役割をさせてしまいました。育児をしながら私に緊急出動を命ぜられても要望に答えてくれました。

出版日前にお礼をかねて急にスキーに行くことになりました。

娘が探してくれたお宿の緑水亭はベッド付きのお部屋が既に埋まっていました。

写真: img_1243

琵琶湖畔で源泉露天風呂付きのお部屋です。

写真: img_1237

朝日を拝みながら部屋風呂を楽しめます。

写真: img_1263

1日目の夕食は鴨鍋をオーダーしていました。

先付け

写真: img_1249

お造り3種盛り

写真: img_1247

鯛に細ネギを巻いて頂きますが1人前がたっぷりです。

焼き鴨肉

写真: img_1250

塩胡椒してある鴨を陶板で焼きます。

写真: img_1246

レモン、塩、おろしで頂きます。

美味しい鴨です。

メインの鴨鍋

写真: img_1258

これで3人前

写真: img_1256

菊菜が良い香り。

軟骨入りのつくねをすべて入れたらスープがとても美味しくなりましたが兎に角鴨の量が多くて半分も食べられませんでした。

写真: img_1260

スープを沢山頂き、最後はお雑炊です。

琵琶湖バレイで冷えた体を大浴場へ温めに行きました、先客がお一人のみです。

夕食の後は部屋風呂を楽しみました。

翌朝娘は1人暗い時間から起き出して日の出を愛でながらの部屋風呂を楽しみに待ち構えていました。


孫が「楽しかった!」と喜んでくれたのも良かったです。

只今予約受付中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 京都水族館と梅小路公園 | トップページ | 2日目宿の夕食 »

コメント

雄琴温泉だったのですね。露天風呂付きの温泉って。スキーや水族館や温泉、盛り沢山の休日でしたねー。マダムご夫妻のお元気なのに感服です。私たちはまたもや家でゴロゴロしてました。文字通り。最近、外食のお店がすべてはずれでくやしいです。心からおいしいと思い素敵なサービスだったと満足できるとこに行きたいなーって思ってます!

投稿: shokola | 2015年1月12日 (月) 20時41分

マダム様
こんばんわ。
今年も行動範囲が広くて感心致します。
京都の水族館にもお越しいただいたのですね!
孫は行きましたが私は近くなのにまだ行っておりません。
緑水亭さんに行かれたとのこと、大女将さん(60代の方)は主人の同級生の方なのです。今は若女将に任されているようですが。
主人は滋賀県の人なので・・・。
今年もブログ楽しみにしております。

投稿: あろはママ | 2015年1月12日 (月) 21時02分

英気を養うためにお嬢さまと温泉…に、ニコニコしちゃいました。
家人さんはスキーで膝が笑ったそうですが、膝ってどんな風に笑うのかしら!

優美な路面電車にもびっくり、バンブーがお得意のGUCCI製みたいですね。
母がナンタケットバスケット籠編みが趣味で、籠とか竹とかみると、丹念に手作りしてる職人さんが目に浮かびます。
籠編みに誘われるのですが、いまのところ私はマダムに習って包丁遣いに専念してます。


投稿: 新米シェフ | 2015年1月12日 (月) 21時54分

shokolaさま
雄琴温泉は昔あまり良いイメージが無かったのですが今回初めて行ってみたら近くて良かったです。

宿に泊まったら良い記憶のある所と色々と比較してしまいます。

初めてのお店は外れが多いですね、私も同感です。

投稿: Mikageマダム | 2015年1月12日 (月) 22時08分

あろはママさま
2日続けて孫がスキースクールに入れれば上手になると思ったのですが2日目は満員で駄目でした。
予定を変更して皆が好きな水族館に行くことにしました。

緑水亭さんの女将さんとはお目にかかれませんでした。
日本一大きな琵琶湖はやはり雄大だと感心しました。

投稿: Mikageマダム | 2015年1月12日 (月) 22時14分

新米シェフさま
娘には借りができていたので恩返しを計画しました。

家人の膝はガクガクしていたらしいです、2日目のスキーを止めて良かったと思います。続けて滑ったら怪我しそうでした。

GUCCは日本の竹製品から影響を受けたと聞いた記憶があります。

お母様のご趣味は素敵ですね~、若い頃籐を編んだことがありますが指が荒れてカサカサになりました。
当時の作品が1つだけ残っています。

私は手先を使うことより食いしん坊の為包丁使いが好きです。

投稿: Mikageマダム | 2015年1月12日 (月) 22時22分

赤本も絶対買いますけど、あの「寿命が延びる」っていう帯の文句が何となくファンとしてしっくりきません。すぐ外してしまえばいいんですけど(笑)

投稿: prin | 2015年1月12日 (月) 23時07分

prinさま
「寿命が延びる」って健康雑誌のうたい文句のようですが私の願いがこもっています。

投稿: Mikageマダム | 2015年1月13日 (火) 07時07分

失礼しました。
帯は外さず、熟読します。

投稿: prin | 2015年1月14日 (水) 12時18分

prinさま
帯を付けては読みにくいのでどうぞお外し下さいhappy01

投稿: Mikageマダム | 2015年1月14日 (水) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都水族館と梅小路公園 | トップページ | 2日目宿の夕食 »