« 中華の夕食 | トップページ | よそのキッチンで調理 »

2015年3月 4日 (水)

心ばかりのお雛様

朝から工事の打ち合わせをして寝室でアイロン掛けをしてからキッチンへ行くと既に床の張り替えが始まっていて入れません。

前夜ばらチラシの具を煮ていたのですが冷蔵庫の中、工事の邪魔にならないように娘の留守宅に入り薄焼き卵の制作に取りかかりました。

12時に4歳児の幼稚園へお迎え、2時半に4歳児を連れて2歳児をプレールームへお迎え、それからは男児2人を相手にバトル開始です。

まさしく体力勝負。

隙間を縫って夕食作り、ばらチラシ

写真: img_1967

干し椎茸、ごぼう、金時人参、ちくわ、蓮根、じゃこ、錦糸卵、焼き穴子、蟹、菜の花

酢飯と具を混ぜた段階でおにぎりにし孫達の虫養いに。昔祖母が良く握って食べさせてくれました。飯切りの側に座ってお酢の香りを嗅ぎ出来上がりをじっと見ていた子供の頃の私です。

粟麩の白味噌仕立て

写真: img_1981

2歳児は見ただけで「これ、けっこう」と向こうへ押しやりましたが4歳児は「おうどんみたい!」と美味しそうに食べていました。

葉わさびを見つけました。

写真: img_1971

以前教えて頂いたように塩をしてから酢、酒、醬油で1日漬けました。

ツンとくる辛みがお酒を呼びます。

炙りたらこ

写真: img_1975

家人が頂いてきた今年初のイカナゴくぎ煮

写真: img_1978

出始めのこの小さいのが好きなのです。

おつまみでお酒を頂きちらし寿司と白味噌仕立てでお腹を満たしました。

3時のおやつには3食だんご

写真: img_1959

お代わりをせがまれましたが1本づつです。

リビングの壁と天井が張り終わりました。

ドアと回り縁が塗り替えられています、我が家の回り縁は昔からの木製です。

写真: img_1986

後床を張り直したら終わりです。

キッチンの床、壁、天井が張り終わりました。第2候補に変更したらイメージが違い「これは失敗」と言う私に「そう?これ菌みたいな柄で良いやん」と家人。

キッチンに菌の柄は気持ち悪いです。。。。

写真: img_1988

見慣れるかな?

私の部屋の収納とパソコン机が出来る途中です。

写真: img_1985

只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 中華の夕食 | トップページ | よそのキッチンで調理 »

コメント

菌?って?!だんなさまの発想がおもしろいですねー。きっと普通の人より顕微鏡なんかで本物の菌を見ていらっしゃるのでしょうね。だんだんリフォームが完成していく様子がおもしろいです!大理石にすごく心が動いています。また教えてくださいね!アメリカの家には台所やリビングの広い範囲を全部大理石っていうのがあってすごくかっこいいのだけど冬は足冷たいーって思いました。いつも靴はいてる人たちだからできるのでしょうかね。私たちは畳という暖かい床材でしたものね。

投稿: shokola | 2015年3月 4日 (水) 08時20分

おはようございます
木の建具だと塗り替えが出来て
結果的に経済的ですね
イマドキは「木」に見えるシート貼りで
10年持たずに剥がれてきます
長く使うものには贅をつくす・・・

以前は床も一枚板貼って痛んだら削る
という工法もあったようですが
削る技術のある職人さんが激減してるとか・・・

投稿: trintrin | 2015年3月 4日 (水) 09時06分

shokolaさま
菌だといわれたら益々菌に見えてきました。
汚れは付きそうにないので我慢しますかね。

友人宅は平屋の一軒家ですべて大理石ですが床暖にしてありとても素敵です。マンションでは下の階に響くのと天井高が足らないので出来ませんね。

転倒した時骨折しにくい様にカーペット敷きにしました。40年以上畳の有る家に住んでいませんが日本の文化である畳はやはり良いですね~。

投稿: Mikageマダム | 2015年3月 4日 (水) 09時23分

trintrinさま
おはようございます!
がっしりとした回り縁は取り外しが難しいのです。
今時の物に比べると厚みがあるので重厚感があります。

毎日3~4人の職人さんが作業をなさいますが皆さん熟練の50歳~60歳代の方々ばかりです。若者は続かないそうです、将来が心配な世界です。
就職先が無いという嘆く若者に頑張って頂きたいです。

投稿: Mikageマダム | 2015年3月 4日 (水) 09時28分

こんにちは。
毎日楽しくブログを拝見させていただいています。
我が家も去年主人のリタイアに伴って自宅のリフォームをしましたので、「あぁ、、そうそう、、そうなのよね」と頷きながら(笑)

そして今日初めて「虫養い」という言葉を知りました。
京言葉なのですね、、本当にお勉強になります。ありがとうございました。

投稿: マダムパルファン | 2015年3月 4日 (水) 09時59分

お孫さんの「これ、けっこう」に感服致しました。お団子も一本で。自分が祖母になった時にき然と愛情を注げるだろうか?と大変勉強になります!
マダム、いつまでも私たちの心の師匠でいてくださいませ。

投稿: ゆみりの | 2015年3月 4日 (水) 10時18分

マダムパルファンさま
過ごしやすい終の住処となるようにと願いながらリフォームを決行しました。

京都では午後に虫養いと言う名のお料理を出すお店が有ります。
それがお酒に合う美味しいお献立なのですよ。

私はおばぁちゃん子なので言い回しが古くさいですね。

投稿: Mikageマダム | 2015年3月 4日 (水) 21時25分

ゆみりのさま
我が子には厳しい教育ママだった私はそれぞれの孫達の教育には口出ししませんがお行儀や躾には厳しく言ってしまいます。

子供の頃身についたマナーは大人になっても邪魔にはならないと思います。

投稿: Mikageマダム | 2015年3月 4日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中華の夕食 | トップページ | よそのキッチンで調理 »