« ビワで喉がイガイガ | トップページ | 餃子の王将 »

2015年6月20日 (土)

高田郁さんの講演会

月曜日に続き今日も私の好きな作家さんのお話を伺うことが出来ました。

武庫川女子大学で高田郁さんをお迎えしてイベントがありました。

「みをつくし料理帖」全10巻を読んでファンになった私に講演会のお知らせをして下さった方がありました、嬉しくて早々に申し込みをして鳴尾まで出かけました。

前の方に席を取り高田さんにお目にかかるのを楽しみに待っていました。

お話の最初で「私は腹黒いのです、お友達が高田郁ってどんな人だった?と聞かれたらキャメロン・ディアス或いは壇蜜に似てると言って下さいアンジェリーナ・ジョリーでもOKです」」と、流石は関西人つかみは最高でした。

第二部の学生とのトークセッションで楽しそうに話されるお顔を拝見していたらあながちキャメロン・ディアスとかけ離れてるとは思えなくなりました。

とても魅力的でお話が上手な方です。特に「が」の発音がアナウンサーの様に美しいと変なところに関心しながらお話を伺っていました。

高田さんの小説の登場人物はご自身の先祖や地名から取っていらっしゃるそうです。

優しい男性種市はお父様のお名前でした。

「好きな男性は?」との学生の問いに小松原さまでも源斉先生でも無く又次が好きで好きで!とのお答え。

本に出てくるお料理は全てご自身が食材を吟味して入手、そして成功するまでとことん試作と試食を繰り返しなさるそうです。べっ甲珠が出来上がるまで体重が2kgも増えた事等、体を張った制作準備のエピソードを数々伺いました。

講堂のロビーで出版本の販売がありました、目の前に積んである1冊を手に取り買ったら既に読んだ本を又買ってしまったことに後で気づきました。

写真: p1201462


楽しいお話を伺い気分が高揚して足取り軽く鳴尾駅へと向かいました。


只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« ビワで喉がイガイガ | トップページ | 餃子の王将 »

コメント

最近こちらによくおじゃましています
マダムさまの充実された食生活に感服いたしております
娘が2年前から神戸の大学に通ってまして、がぜん神戸にはまっています
それに高田郁さんは大ファンです
マダムさまも高田さんのファンとのことで嬉しくなり、ついコメントしたくなりました
みおつくしシリーズが終わった時はとても淋しく、あれから読書する機会が減っております(^-^;
一食一食大切にしなければ、とマダムさまのブログやみおつくし料理帳から教わるのですが、なかなか実行できません
お写真見て自分もいただいている気になりながら、私なりに頑張りたいと思っていますconfident

投稿: ナナママ | 2015年6月20日 (土) 22時55分

なんと羨ましい‼️ 近場なら私も伺いたかったです。

そして、マダムがお買いになったタイトルの本も読みましたよ^_^たしか納棺師さんのお話しでしたね。

マダムのおかげでみをつくしを知って、一気に高田さんのファンになり、丁寧で美しい日本語の羅列が読んでいて心地よいと思っていたので、キャメロンディアスとは…意外でした。何となくのイメージで竹下景子さんを思い描いていましたので…。

私も又次さん大好きです。

投稿: 桃の花 | 2015年6月20日 (土) 23時28分

おはようございます
高田さんの本は拝読していると
幸せでほんわかするページの後には必ず
悲しい事件がおきるんです
ネタバレになるので詳しくはやめときますが
又次さんの火事など
おみおちゃんのラストは意外な展開でした
キャメロンさんのお話聞いてみたかったです

投稿: trintrin | 2015年6月21日 (日) 09時12分

ナナママさま
高田さん曰く「みをつくし」は最初から10巻完結と決めていらしたそうです。

高齢になると季節物は特に来年は頂けるかどうか分からない・・・との思いから必ず食卓に上るように心がけています。

1年で夕食は365回しか有りません大切にしたいと思います。

投稿: Mikageマダム | 2015年6月21日 (日) 09時30分

桃の花さま
そうです最初から寂しい本です。

高田さんの本は心のヒダに入り込んでくる文章があり涙があふれます。

竹下景子さんより男性ぽくてさっぱりした方とお見受け致しました。ぱっと見イルカさんい似てるかな(笑)

読者は小松原派と源斉派に別れるそうですが皆又次の事は好きだそうです。

投稿: Mikageマダム | 2015年6月21日 (日) 09時36分

trintrinsさま
高田さんは登場人物全ての体重、身長、血液型、そしてつる屋の間取り図まですべてデッサンしてしてから文章を書くそうです。
だから本の中から情景が浮かんで見えるのだと思いました。

吉原に大火事があったことは歴史的な事実で誰も無傷では済まされないとお考えになったそうです。
キャメロン素敵でした、一緒に飲んでみたい方です。

投稿: Mikageマダム | 2015年6月21日 (日) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビワで喉がイガイガ | トップページ | 餃子の王将 »