« 淡路ウエスティン・ホテル | トップページ | 楽久登窯 »

2015年8月 3日 (月)

「海華」でお祝いディナー

ウエスティン・ホテルに行くと話したら華僑のお友達がこちらのレストランを勧めて下さいました。

若奥にお願いしてお祝いディナーはこちらに決定。

写真: img_4068

ドアが開くと「北斗の拳」のケンシロウがお迎えで孫達は怖がりましたが中学前後「少年ジャンプ」を熟読していた息子は興奮していました。

当時家人は毎週発売日に少年ジャンプを買って帰ってきます、まず自分が先に読んでから息子に廻していました。それはそれは2人の楽しみ事でした。

息子は中学受験間際にはピタリと読むのを止め「少年ジャンプ」を山のように積み上げていました。そして合格発表の日には何時間も読み続けていました。

息子と一緒になって家人も「北斗の拳」の話をするのでお店の方は驚いていらっしゃいました。

一番奥の広い個室に案内して頂きました。

写真: img_4070

前菜

写真: img_4072

前菜が出てきたところで息子が「みんなが酔う前に記念写真撮って貰おうか?」と言いお店の方にお願いしてパチリ。

彼がデジカメとスマホをくっつけて何かしてると思ったらその場で私のLINEに今の集合写真の画像が送られてきました。説明を聞いても私には良く理解出来ませんがそのカメラが欲しくなりました。

フカヒレ

写真: img_4076

下にはもやしでは無く冬瓜が柔らかく煮てあります、良くお味がしみこんでいました。

多いかな?と思いましたが美味しくて食べきりました。

鮑と大海老、野菜の炒め物

写真: img_4082

家人には多めにサービスでした。

淡路牛と野菜(とりわけ分)

写真: img_4085

淡路なので玉葱は必須です、スパイスの効いた美味しいお肉ですが私と若奥は息子に少し助けて貰いました。

活け海老の生姜炒め(とりわけ分)

写真: img_4090

お店に入ったとき生け簀で私の好きなオマール海老数匹を確認していました、私達の為だったようです。

ぷりぷりの身がぎっしり詰まっています。

このお料理の後はご飯なのに注文した紹興酒が余っています、デキャンタで良かったかしら?と話していたら息子がどんどん飲んでくれました。

最近お付き合いで飲む機会が多くお酒が強くなった様でびっくりです。

炒飯

写真: img_4095

一人ずつ土鍋に入って出てきました、貝柱と蟹が驚くほど一杯の炒飯は旨味たっぷりです。

コースが出てくるより先に叉焼麺を出して頂き分け合って食べた孫達ですが5年生は炒飯も美味しいとよく食べていました。

大人が食事の間子供達はそれぞれのバッグから取り出して折り紙をしたりノートで何かを書いたりと静かに座って待っていました。

食事の際は「背中を伸ばす、お椀に指をかけない」等お行儀の事で注意を受けていましたがその他は手のかからないお利口な子供達です。

デザートの胡麻だんご

写真: img_4099

カスタード入り饅頭

写真: img_4102

「美味しい」と孫達は私達の分も食べてくれました。

友人が直接シェフに私の事を伝えて下さっていたそうでお店の方々にも大層お気遣い頂きご馳走になりました。

食事の後広いお庭に出てみると空には満月。

水面に映るホテル

写真: img_4115

水深はわずかですが水の効果で幻想的な景色になります。

朝見たら水の所は底一面帆立の貝殻が美しく整然と敷き詰められていました。

写真: img_4134

大きな敷地内に使うにはどれほどの貝殻を用意されたことでしょう。

今回安藤忠雄氏の並外れたダイナミックな構想と細部にまで目の行き届いたデザインの素晴らしさを改めて見せて頂きました。


大手術をなさった安藤忠雄氏の回復を祈っています。



只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« 淡路ウエスティン・ホテル | トップページ | 楽久登窯 »

コメント

マダムさま
古稀、おめでとうございます!
ご家族皆さまお揃いでお祝いされるなんて、素敵ですね!

私は淡路島ではいつも南端にありますホテルアナガへ参りますので、ウェスティンには泊まったことがありませんが、一度ゆっくり泊まってみたくなりました。

それにいたしましても、素敵な写真と楽しいコメントでの毎日ブログの更新、いつも心待にさせていただいています。

還暦を迎えた私は、自分の中で混乱し、また未来への迷い子になっておりましたが、素晴らしい先輩をお手本にさせていただきます!

暑い日が続きますが、お身体ご自愛くださいませ。

投稿: リコ | 2015年8月 3日 (月) 07時59分

おはようございます。
ご存知かも知れませんが、この近くの大磯に香港GARDENと言う名前のレストランがあります。
予約制ですが、かなりお勧めですよ。

投稿: 淡路マダム | 2015年8月 3日 (月) 08時29分

家人様、おめでとうございます。
素晴らしいお料理と共にご家族の温かみが伝わってきます。

「北斗の拳」我が息子も大好きで一緒によく観ました。
勿論、ジャンプも母が先に読み息子ですw
我々の時代は「ワンピース」「こち亀」ですが、個人的に「銀魂」が好きでしたw

投稿: 女の本懐 | 2015年8月 3日 (月) 11時11分

リコさま
ありがとうございます!
家人は幸せものです。

ホテルアナガには1度宿泊して2人だけの贅沢なクルーズを経験しました。夕食時にはシェフ自ら手書きのメニューを渡して下さいました。

私が還暦を迎えたとき待ち遠しかったですね。
髪はナチュラルで白くし背筋を伸ばしておしゃれでかくしゃくとした女性になりたかったのです。

今は70歳を楽しみにしています。

投稿: Mikageマダム | 2015年8月 3日 (月) 12時04分

淡路マダムさま
香港GARDEN、早速検索しました。
1日1組限定なのですね!
機会があれば是非伺いたいです。

投稿: Mikageマダム | 2015年8月 3日 (月) 12時05分

女の本懐さま
ありがとうございます!

息子の塾の先生がケンシロウ似の美形でお迎えの度に教室を覗いていました。

私はマイナーな「ストップひばり君」が好きでしたが江口氏の都合により休載が多かったです。

投稿: Mikageマダム | 2015年8月 3日 (月) 12時09分

Relaxこちらもお勧めです。
かなり予約が取りづらいお店です。
岩屋にあり、ロケーションも抜群です。
何度もすみません。

投稿: 淡路マダム | 2015年8月 3日 (月) 12時24分

淡路マダムさま
次々と淡路島の美味しい情報をありがとうございます。
次回はジェノバラインに乗って伺いたいです。先日港のタクシードライバーさんと仲良くなり色んなお話を伺いました。人柄の良い淡路の方でした。

投稿: Mikageマダム | 2015年8月 3日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 淡路ウエスティン・ホテル | トップページ | 楽久登窯 »