« お知らせ | トップページ | 初めてのお仏飯 »

2015年10月 3日 (土)

義母をお見送りして

私が「結婚を考えてる」と父に話したとき一人っ子の私と長男である彼が結婚したら両家の面倒見ないといけないけどそれだけの覚悟はあるのか?と聞かれました。

大学を出たばかりの私には両親と祖母彼には両親、2人で5人の面倒を見ると言う重責がのしかかります。敬遠しそうな状況ですが彼はありがたい事に承諾してくれました。

結婚以来次々とお見送りをしてこの度5人目である義母の葬儀を済ませ父との約束を果たせた様に思いました。

曾孫7人を含む家族だけの小さなお通夜、葬儀を執り行いました。

義母は「蓮妙院清華日禎大姉」と名が変わりました。

写真: img_4967

家人と相談して間際にやっと決まった葬儀会館でしたが心のこもったサービスをして頂き皆大満足でした。

葬儀当日女児2人は小学校の入学試験でした。テストが終わると直ぐ喪服に着替え斎場に駆けつけてくれました。母娘とも大変緊張し疲れた1日だったと思います。

お食事が終わり家人と女性達が広いお庭を散歩していました。

長男である我が家にお仏壇が設置され毎日お茶とお水、お食事をお供えしてお経をあげると言う課題が増えました。

長男にはもれなくお墓とお仏壇が付いてきます。

お休みしていたブログですが再開しようと思います。

皆様の応援どうぞ宜しくお願い致します、私の励みとなり元気となります。

次回は美味しい記事をご期待下さい。

只今発売中

第二弾

Mikageマダムの絶品おかずレシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→ Mikageマダムの絶品おかずレシピ (主婦の友生活シリーズ)




只今発売中

第一弾

Mikageマダムの絶品夕食レシピ

¥1,080(税込)

Amazonはこちら→Mikageマダムの絶品夕食レシピ  

↑2つのバナーにクリック(応援のポチリ)を御願い致します、ランキングが上がる仕組みになっています。

|

« お知らせ | トップページ | 初めてのお仏飯 »

コメント

お疲れ様でした!
私は嫁いだ時、末っ子同士である主人の両親は自分達が旅立った時のために跡取りだった次男の主人と私に、しっかり親戚づきあいとお墓参りとお寺さん付合いを教授してくれ、若かった私はあまりの大変さに、自分たちの時は簡素化しようと決めてます
姑がまだ頑張っていまして、孫である私達の息子に嫁が来ないのではないかととても心配なメルママです^^;
立派なお姑様が亡くなられてお悲しみなところ、こんな内容ですみません
でも最初が肝心と30年目の拙い嫁は感じております
どうぞお疲れの出ないご供養をなさってくさおますよう、お祈りいたしております★゜・。。・゜

投稿: メルママ | 2015年10月 3日 (土) 10時01分

合掌

投稿: べラ | 2015年10月 3日 (土) 10時08分

お母様のお見送りお疲れが出ませんように
ご冥福をお祈りいたします。

お孫ちゃま達も受験の大切な時に大変でしたね。
我が子供達の小学校受験は年明け直ぐだったと記憶していますが、今は早くなったのですね。

朝晩、寒くなって参りました。ご主人様共々どうぞお身体ご自愛下さいませ。

投稿: ばばちゃま | 2015年10月 3日 (土) 10時16分

お疲れのところ、又ご多忙のところ、早速にブログを再開していただき、有難うございました。
この度は、義母様のご逝去、お悔み申し上げます。
様々な心が伝わる今日のブログ、涙が止まりませんでした。
とても素敵なお義母様でしたね。
ご高齢になられても、真っ赤なお洋服でお食事に来られたり、なんて素敵なお義母様だろうと思っておりました。
温かなご家族に見守られて、感謝の心いっぱいで、黄泉の国へ旅立たれたことと思います。

これからも、マダム様のブログ、楽しみにしております。
ご無理なさらない程度に、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: nagoyaka | 2015年10月 3日 (土) 11時11分

お疲れさまでした。緑が美しいすてきなところから彼岸に旅立たれましたね。
お義母さま、お幸せな一生だったのではないでしょうか。
毎週、お葬儀でさぞお疲れでしょう。
気の張る日々が終わるとあとで疲れが出るといいます。お気を付けください。
私たちは湯の花温泉翠泉から今朝帰ってきました。相変わらず日本の朝食は気に入らない私たち、不満な気持ちのまま帰ってきて夫はすやすや寝ています。帰ってきてすぐの要求はチョコレートミルクでした!

投稿: shokola | 2015年10月 3日 (土) 12時28分

はじめまして 先日 ブログを お休みと 言う記事を見て 凄くさみしかったのですが 再開する記事を、 見て 嬉しく感じました。毎日 楽しく拝見して 料理を参考にしています。

投稿: ゆきこ | 2015年10月 3日 (土) 12時38分

このたびは、ご愁傷さまです。

無事、葬儀を終えられ一息つかれていらっしゃることでしょう。

お疲れが出ませんように。

余談ですが、義兄の母も1日に亡くなり、昨日善通寺で葬儀を行いました。一人息子の長男ですので、実姉の9年間の介護を思うと、涙が止まりませんでした。

優しいお顔の姑を、義兄と実姉が撫でている姿は、仏様のようでした。

色々あったでしょうが、穏やかに見送ることができたことを満足していました。

いつかは訪れる見送りへの覚悟や、引き継いでいく責任の重さは、当人しかわかりませんが、日々の営みとして次世代に伝えなければならないことだと思っております。

二人の姉を持つ、私の弟、我が家の長男は、跡取りの責任などを面倒に思っているらしく、実家に顔を見せることもあまりなく、東京できままに暮らしています。
年老いていく父母の姿も知らないまま、親不孝な弟です。

いつか、しっかりと話をしなければなりません。

マダムのブログは、つながっている同じ空の下での日常として、大変勉強になります。

我々の世代へと、伝えていただければと思います。

投稿: まゆか | 2015年10月 3日 (土) 12時56分

無事送り出されたのですね。御義母様も大切に思ってくれる身内の方だけでの心のこもった葬儀を喜んで下さっていると思います。とても素敵なおかあさま、時々ブログに登場されていましたが、いつまでおしゃれ心を忘れないかとなど私もそういう風にならねばと尊敬させて頂いておりました。私は90歳を過ぎた方の葬儀は悲しいものではないと思っております。大家族が故に10回以上の葬儀をする側でしたが楽しく送ってあげたい思いが強かったので…。

投稿: mayumi9240 | 2015年10月 3日 (土) 13時51分

マダム
このたびはご愁傷様でございます。
お寂しくなられますね。

私もすでに4人の父母を見送りました。
それぞれの生き様と終末期を見て
自分がどう生き最後をどう迎えればいいか、
色々と考える年代になりました。
今は50代半ばです。

マダムのご家族や周囲の方々との接し方や
お考えは私のお手本です。
夫のために自分のために丁寧に食事を作り
季節を楽しみ仕事に励み穏やかな暮らしを
積み重ねることが幸せだと考えております。

生活のお手本のブログ、これからも楽しみに
拝読させていただきます。

どうぞ、お疲れがでませんようご自愛ください。

投稿: マキオ | 2015年10月 3日 (土) 13時57分

マダム様、初めてのコメントです。この度はさぞお疲れの事と思います、又家族には幾つになっても世に存在していてほしと願うものです。私も85歳の母が健在ですが、最近では身近な方達が静かに居なくなってしまう事がとても淋しくてたまりません。マダム様もお見舞い・・眠っている・・と聴きもしかしてて案じておりました・家人様もマダム様もどうかお疲れが出ませんように。・・・いつもいつも私はブログ観て元気を頂いてます。どうかご自愛下さいませ。

投稿: aiko | 2015年10月 3日 (土) 14時43分

このたびはご愁傷さまでございました。
御母堂様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

今までの記事で、とっても素敵なお義母様だったと記憶しています。
きっと記事にはなっていない素晴らしい思い出も沢山おありなのでしょうね。

今はお心落としのことと存じますが、どうぞ無理せずマイペースでブログアップなさって下さいね。楽しみにしております。

投稿: koriki | 2015年10月 3日 (土) 16時00分

お悔やみ申し上げます。
そして、マダム様ご苦労様でした。
お義母様苦しまず、静かに眠られたご様子。
おしゃれで気品に満ちとても素敵な方と御見受け致しておりました。
最期も素敵な方でしたね!
マダム様には背筋が伸びるお方だったでしょう。
叱ってくれる方が居なくなるのは寂しいですね!
お疲れ様でした!

投稿: けいちゃん | 2015年10月 3日 (土) 18時10分

お疲れ様でございました。
お義母様を見送られてお寂しい反面、嫁としてお父様とのお約束を果たされてホッとされたお気持ちにもなられたかと存じます。

お義母様が昏々と眠るように逝かれてよかったなと思いました。

お疲れが出ませんように、どうぞご自愛くださいませ。

投稿: ラムママ | 2015年10月 3日 (土) 19時13分

madam様、心よりお悔やみ申し上げます
私も毎朝、毎晩、仏壇に水、お茶、お経の毎日ですが、話しかけているような
…又、お返事をいただいているような…
大切なひとときを頂いています
手を合わせていると、子供たちも見よう見まねで手を合わせている姿に救われたり。

どうぞ皆さま、お疲れが出ませんように

試験の結果もお義母様がお守りくださいますように

投稿: さなえ | 2015年10月 3日 (土) 21時05分

Madam,御愁傷様です。
言葉は適当な言葉を見つけられません。
私も後継、仏事も仏壇も付いて参ります
私の場合は一ヶ月は普通の生活には戻れませんでした。人によって違いますどうぞ、ご無理のないようにお過ごし下さいませ、

投稿: ソラソラ | 2015年10月 3日 (土) 21時53分

はじめまして
いつも素敵なブログをありがとうございます。
お義母さまのご冥福をお祈りいたします。
マダム、お疲れが出ませんように
いつもより多めにお休みくださいませ。

投稿: バレン | 2015年10月 3日 (土) 21時57分

毎朝のブログチェックは
マダムのお料理からと決めており、
何かあったのかと心配致しました...
しばらくは忙しいかと存じ上げますが
これからも素晴らしいお料理のアップを
楽しみにしてますね!

お義母さまのご冥福お祈り申し上げます。

投稿: 箕面マダム | 2015年10月 3日 (土) 22時06分

お寂しくなられましたね。お悔やみ申しあげます。おしゃれで多趣味な素敵なお義母さまでしたね。
母親というのは大きな存在ですね 
ご主人様はとくにしばらく、お寂しいことと思います。我が家では普段はそんな感じではない主人ですが回復するまでにずいぶん日にちがかかりました。
しばらくご法事がつづき、お客様もおありで大変だと思いますがどうぞお体おいといください。

美味しいブログを楽しみにしております。

投稿: noko | 2015年10月 3日 (土) 22時30分

突然のブログ休止の記事にワケがわからず、心配しておりました。

この度はご愁傷様でした。

お義母さまのご戒名、日頃から仏道に疎い私にも、
たいへん美しいものに思われました。
きっとこのご戒名のような、清く美しいお花のようなお方でいらっしゃったのでしょう。
ご両家の宗旨が違うのがたいへんでしょうが、仏の道は
行き着くところひとつ。(ご主人方は、日蓮宗でしょうか?)
私たち日本人が和食と洋食を日々いただきながら命を
つないでいるように、疎漏の無きようにお勤めが出来ますように。

合掌。

投稿: 通りすがり | 2015年10月 3日 (土) 23時20分

マダム、おかえりなさい。
そして、お疲れさまでした。色々ご心労もあると思いますが、どうかお気落としのないように。
私もひとりっ子ゆえ、身にしみるお話です。結婚していた時に義父を見送りました。この先の覚悟を決めつつ、マダムのように愛を持ってお見送りできるよう気を引き締めたいと思います。
マダム、お疲れが出ませんように。
また目にも心にも栄養がつくブログ、楽しみにしています。

投稿: つねみん | 2015年10月 3日 (土) 23時38分

心よりお悔やみを申し上げます。
お疲れではありませんか?どうぞご無理なさいませんように。
私ごとですが3年前に義母を亡くしました。長い闘病生活だったとはいえ、娘の高校受験の時期に重なってしまい、あの時期をどう過ごしたのか思い出すことができません。
お孫さんの試験もきっと見守ってくださっていることと思います。

先日はあたたかいお言葉をいただき、とt

投稿: 魚っこちゃん | 2015年10月 4日 (日) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お知らせ | トップページ | 初めてのお仏飯 »